【X JAPAN】「Tears」レビュー バンド最大のヒット曲

さゆりさん

X JAPANの9thシングル「Tears」のレビューです。

目次

X JAPAN 9thシングル「Tears」

リリース情報

Tears」は、1993年11月10日にリリースされた9th(X→XJAPAN改名後の第一弾)シングルです。

(私が1992年にX JAPANのファンになった後、初めてリアルタイムで買った思い出深いシングルでもあります)

作詞:白鳥瞳&YOSHIKI、作曲:YOSHIKI編曲:X JAPAN。10:30の曲です。

カップリングは、「Tears (Classic Version)」。

売り上げは836,940枚で、本作がX JAPAN(X時代も含む)最大のヒット作になりました。

制作エピソード

「Tears」制作にも様々なエピソードが残っているので、紹介していきます。

もともとは、1992年紅白テーマソングの曲だった

1992年第43回NHK紅白歌合戦のテーマ・ソングとしてYOSHIKIが書き下ろした「Tears ~大地を濡らして~」が元の曲で、それを気に入ったHIDEがYOSHIKIにX JAPANの曲としてレコーディングをするようアドバイスしたという逸話が残っています。


紅白だけあって、歌手のみなさん豪華メンバーですね!!

YOSHIKIが亡き父を思って作った曲

YOSHIKIはこの曲が亡き父親に対して「いつか、自分は父の年齢を越えるだろう」と想って書いた曲だそうです。

シングルのオリジナル・バージョンは曲の終わりのYOSHIKIの語りの部分が長く作られていますが、バラードだけを集めたアルバム『BALLAD COLLECTION』に収録されたものはその部分を大幅に削っていて、演奏時間は7分12秒まで短くなっています。

 

X JAPAN再結成後は、YOSHIKIが故人である父親の年齢を追い越したため、語りの詞が一部変更されています。

前:Someday I’m gonna be older than you(いつか僕は貴方より年を取るだろう)

後:Now I’m older than you(今、僕は貴方より年上になった)

私も自分の誕生日を迎える度、「HIDEちゃんより〇歳年上になっちゃったな~」と考えてしまいます。(涙)

画像

HIDEは私よりも14歳年上だったのに、時間が経つのは早いですね・・・。

メンバーも思い入れのある曲

「Tears」はHIDEが最も愛した曲だったといわれ、X JAPANにとっても特別なバラードだそうです。

Toshlも、「Tears」を最も好きな曲の一つに挙げています。

X JAPANの再結成前にYOSHIKIがToshlとカラオケに行った際には、この曲をToshlにリクエストしたというエピソードも残っています。(Xのメンバーもカラオケ行ったりするんですね・・・。)

画像
X JAPANのメンバー

小泉元総理の本当のお気に入りの曲

また、小泉純一郎元首相は先述の『BALLAD COLLECTION』を愛聴しており、その中でも「Tears」が一番好きで自民党の選挙のテーマソングに起用したかったそうです。

しかし、「選挙に”Tears”というのは縁起が悪い」と周りに反対され、「Forever Love」に変更したという経緯がありました。

画像

もし小泉元首相の希望通り「Tears」が選挙のテーマソングに選ばれていたら、「Tears」の知名度は劇的に上がり、Xのバラードの中で一番の代表曲的存在になっていたかもしれません。

(現在は「Forever Love」がX JAPANのバラードの代表曲的扱いになっていますが、個人的には「Tears」の方が好きです。)

 

小泉元首相といえば、YOSHIKIの人生を綴ったドキュメンタリー映画「We are X」を、女性とデートで観に行ったと話題になっていましたね。

 

そして、小泉元首相はHIDEの出身地・横須賀の政治家だったので、hide MUSIUM(2000年開館・2005年閉館)の設立案が出た時、横須賀の市長と京浜急行の社長に「これは町興しにもなるからぜひやったほうがいい」とかけあって後押しをしてくれた人でもあります。Xファンにとっては恩人ですね。

画像

画像

「Tears」シングルレビュー

では、毎回恒例の動画と共に送る、HIDEファンよりのミーハー解説をご覧ください。


「Tokyo Dome 1993.12.30 – RETURNS」より。(日本語・英語両歌詞付きでどうぞ)

0:04 YOSHIKIのはにかむ笑顔が可愛い☆(曲関係ないですね、すみません)

0:10 まずは美しいストリングスから始まります。

0:38 「何処に行けばいい 貴方と離れて・・・」いきなり切ない歌詞とメロディで泣きそうになります。

1:04 Bメロ開始。「異国の空見つめて 孤独を抱きしめた」は、X JAPANの世界進出でロサンゼルスに拠点を置いた後、YOSHIKIがサンタモニカビーチから太平洋を眺めて、日本を想って出てきた歌詞ではないかと勝手に妄想。海を隔てた向こうには彼の生まれ故郷の館山もあるしね。

1:30 サビ開始。この”貴方”というのが別れた恋人とかではなく、亡くなった父親だと知ると、また曲の世界がガラッと変わりますね。ファンと一体となった「Dry your tears with love…」の合唱は何度聴いても感動モノです。(涙)

2:06 1番の歌が終わるのですが、ここのYOSHIKIのピアノの旋律が優しすぎて涙腺を刺激します。個人的泣きポイント。

2:17 ギター・ベース・ドラムの楽器隊の音が入ります。新たな音が加わって、感情が高ぶります。

2:23 2番は全て英語詞です。私は英語が大の苦手でしたが、気合で覚えました。(笑)

3:52 2番も終わり、HIDEとPATAのツインギターの出番が来ました!!(HEATHにもスポットライト当ててあげて!!)

4:39 この辺りはTV出演時もHIDEのアップが多く、「Tears」内でHIDEファン最大の見どころとなっております☆

5:01 「終わらない悲しみを 青い薔薇に変えて」・・・「Tears」ジャケットのメンバー写真のYOSHIKIのところは青い薔薇になっているし、青い薔薇は、当時のYOSHIKIのマイブームっぽい。

6:13 ボーカルが歌い終わった後のストリングスとYOSHIKIの語りが長いのですが、この余韻を残しながら終わるところも好きです。

クラシックバージョンもオススメ

YOSHIKIは定期的にクラシックコンサートを開催していて、自ら作った曲をオーケストラで聴かせてくれます。

「YOSHIKIは4歳からピアノを始めクラシックから音楽に入り、高校時代は音大受験用の勉強をしていた」というのは、ファンの間では有名なエピソードですよね。

そんな素養があるので、クラッシックバージョンの楽器の音も譜面で書くというのがカッコいい。

僕は絶対音感があるので、音を聞けば全部譜面に書けます。ピアノを使わない場合も多いから。

音楽オーケストラの場合、基本的にまず四重奏を書くんです。そうするとそこから一気に広げられるので。今回、四重奏/六重奏を書いて、そこから「これをフルートにしようかな…」とかアメリカのアレンジャーと一緒に進めています。

激しいロックと、育ちの良いクラシック・・・YOSHIKIのギャップ萌えなところですね☆

何かのライブ映像で譜面を見ながらドラムを叩くYOSHIKIを見たのですが、その姿にキュンキュンしちゃいました。(笑)

YOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』発売

Sayulistのアイコン画像Sayulist
そんな我らがYOSHIKIが、2020年11月20日に写真集『XY』を発売したのはご存じですか?

音楽家としてだけでなく、日本人男性初の『VOGUE JAPAN』や『Numero TOKYO』の表紙など、ビジュアル&ファション面でも人々の熱視線を浴び続けるYOSHIKI・・・。

『XY』はハリウッドの一流のスタッフたちの手によってYOSHIKIの美しさが余すことなく詰め込まれ、ファッショナブルでモードな写真集に仕上がっています。

また、30分にわたるメイキングDVDには、撮影の様子や女性カメラマンMelanie氏を聞き手としたYOSHIKIの撮影直後の英語インタビューもたっぷり収録されていて、ファン必見の映像です。

写真集とメイキングDVDを収録した「豪華化粧箱」、あなたのご家庭にもおひとつどうぞ♥

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ちなみに、1992年に発売された写真集『NUDE』は中性的なよっちゃんが拝めて、これはこれで垂涎モノです♥

収録アルバム

オリジナル曲収録

※『DAHLIA』はオリジナルアルバム、『WE ARE X オリジナル・サウンドトラック』はタイトルそのまま、その他はベストアルバムです。






クラシックバージョン収録



関連記事

X JAPAN

中学生だった私がXと出会い、ファンになったエピソード

Xのお宝映像 元気が出るテレビ出演 伝説のやしろ食堂ライブ

田舎者JK X JAPANライブ初参戦 すったもんだ上京物語

hide

【hide聖地巡り2017 前編】三浦霊園 hideの実家

【hide聖地巡り2017 後編】横須賀 ドブ板通り

【原宿 レモネードショップ 】hide着用の衣装展示中 期間は?

【hideの母が語る7つのマル秘エピソード】hideの実家訪問編

終わりに

「Tears」シングルレビュー、いかがでしたでしょうか?

「Tears」はメンバーの思い入れの強い曲なので、その美しさをみなさんにももっと知っていただきたいです。

そして、「Tears」クラシックバージョンもまた別の味わいがあっていいので、是非聴き比べてみてくださいね。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる