MENU

【X 元気が出るテレビ】YOSHIKIお宅訪問 運動会 やしろ食堂

2019 11/03
さゆりさん

 

今回は、下積み時代のXが出演している「元気が出るテレビ」のお宝映像をご紹介します。
目次

X お宝映像「元気が出るテレビ」

画像


2007年の再結成以降、ワールドツアーを成功させるなど世界規模で活躍するX JAPAN。
しかし、そんな彼らも下積み時代は知名度を上げるため、バラエティ番組に出演していたことをご存じですか?

X JAPANがまだ「X(エックス)」と名乗っていたインディーズ時代、彼らが出演していた、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の秘蔵映像をご紹介します。

天才・たけしの元気が出るテレビ!!

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」は、1985年4月14日から1996年10月6日まで日本テレビ系列で放送されていたバラエティ番組です。

大物タレントにむちゃな企画をやらせたり、芸能人だけではなく一般市民にスポットを当ててみたりと、その破天荒な企画は後のバラエティ番組に大きな影響を与えました。

番組の総合演出を手掛けたテリー伊藤は、その型破りな企画を評価され、当時は「天才演出家」と言われていたそうです。

画像
その名の通りビートたけしの冠番組で、松方弘樹、高田純次、兵藤ゆき、島崎俊郎がレギュラーメンバーとして出演していました。(その他にも入れ替りがあった準レギュラーメンバーもいました)

私も当時この番組を楽しみに見ていましたが、特に高田純次のリポーターぶりが面白かったのを覚えています。

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」DVD-BOX。今見ても絶対笑える自信があります!!

 

番組全盛期の頃には、原宿の竹下通り、京都嵐山、浦安にタレントショップブームの先駆けとなる「元気が出るハウス」をオープン。その人気の高さがうかがえます。

「元気が出るテレビ」出身の芸能人たち

「元気が出るTV」はその影響力の大きさから、Xの他にも多数の芸能人を輩出しました。

 

画像
的場浩司
草野球チーム『爆苦連亡世(ばっくれんなよ)』に出演。当時はトラックの運転手だったそうです。

 

画像
岡田准一
「ジャニーズ予備校」という企画のオーディションを経て、ジャニーズに入所。

あまり時間をおかずV6としてデビューしたので、下積みのある他のメンバーに比べ素人っぽい岡田くんはジャニーさんに怒られることが一番多かったそうです。

 

画像
山本太郎(俳優から政治家に転身)
「ダンス甲子園」に水泳帽に海パン姿で踊る姿は非常にインパクトがありました。

決めゼリフは「メロリンキュー」。

さゆりさん

 

まさかこの男が政治家になるなんて、一体誰が想像したでしょうか?

爆笑必至のヘビメタシリーズ

Xは番組内のヘビメタシリーズに出演していました。

画像
トラックの荷台で演奏するヘビメタの皆様。
(※この中にXのメンバーはいません)

コンプライアンス云々で今じゃありえない絵柄ですが、インパクトがあって超面白いですよね!!

「ヘヴィー・メタルシリーズ」とは、まだ世の中にロックが浸透してない時代、ヘビメタあんちゃんを色んな所に連れ出して、イベントを行ったり一般の人々と交流させるという企画でした。

派手な風貌のヘビメタあんちゃんたちを見て一瞬人々は驚きますが、話してみると好意的な反応だったり、怖そうな見た目のヘビメタあんちゃんも中身は素朴な青年だったり、そのギャップが当企画の魅力でした。

今改めて動画を見てみると、ヘビメタシリーズの放送回数は多い割にXの出演は数えるほどで、レギュラー扱いではなかったようです。

Xのお宝映像公開

この動画は、後年別番組で編集され放送されたものです。X出演の回がきれいにまとめられているので選びました。

さゆりさん

 

では、お待たせしました。Xの秘蔵映像をお楽しみください!!

 

※この他にも、早朝シリーズ(就寝中の芸能人の部屋に侵入し、バズーカなどの爆音で起こす名物コーナー)の一つである「早朝ヘビメタ」にも出演していたそうですが、動画が見つかりませんでした。もし持っている方はご一報ください。

解説

YOSHIKIのお宅訪問

1986年7月27日放送。

1:06~YOSHIKIが登場します。「元気が出るテレビ」では、ゲイリー・ヨシキと名乗っていました。

画像
まだ20歳ということであどけなさが残っていて、笑顔が可愛らしいですね。

 

画像
「ヘビーメタル界最高の男」としてお宅訪問をされ、高田純次のインタビューを受けています。
(左後ろにTOSHIも映ってますね。)

 

「ヘヴィメタルやめたら何になります?」という質問には、

画像
「実家の都合で呉服屋。」と答えているのが面白いです。

出身地を聞かれると正直に千葉と答えていますね。

「外国はどこに行ってみたい?」という質問には、

画像
「アフリカに行ってみたいね。象さんとかに演奏を見せてやりてえよ。」という返答!!

さゆりさん

 

ツッパッた口調なのに、思わず象に”さん”を付けてしまうところが可愛すぎてツボです☆

 

画像
中野区のコーポ明日香に住んでいるという設定ですが、実際は友達の家を番組のために提供してもらっていたそうです。

YOSHIKIの名字は、鈴木さんじゃなくて林さんですしね。

秋の大運動会

1986年11月9日放送。

画像
3:03~YOSHIKIがヘヴィメタルチームの一員として選手入場。

 

画像
インタビューでは、「騎馬戦で勝つ」と意気込みを語っています。

 

まず、チーム対抗100m競走に出場し、YOSHIKIは5位。

 

画像
次の、むかで競争では、TOSHIも出場。2番目にYOSHIKI、5番目にTOSHIがいます。順位は不明。

 

3つ目の2人3脚リレーでは、YOSHIKIとスケバン女子とコンビを組みトップで疾走。

(一緒に走っているスケバンチームの女子が羨ましいです。YOSHIKIと走ったこと覚えているのかな?)

 

画像
最後の騎馬戦はTOSHIのみ出場。
(YOSHIKI「騎馬戦で勝つ」って言ってたのに!!)

TOSHIは、オジー・アキラと名乗っています。果敢に戦っていますが、惜しくも落馬・・・。

やしろ食堂ライブ

※この放送分だけオリジナルバージョンがあったので載せます。

1987年7月19日放送。

この回はX出演分の中でも一番面白くて、ファンの間では「伝説のやしろ食堂ライブ」と言われています。

やしろ食堂の新装開店祝いで、Xがヘビメタライブショー!!

この放送時には、Xメジャーデビュー時のオリジナルメンバー(YOSHIKI・TOSHI・HIDE・PATA・TAIJI)が揃っています。

 

1:01~、TAIJIの火吹きパフォーマンスが凄いですね!!(奥にTOSHI・HIDE・PATAの姿も見えます)当時のライブではよく火吹きパフォーマンスやってたそうです。

 

画像
1:09~、演奏開始。アップで一番目立っているのがHIDE。

TOSHIは客の女学生に「食うぞ~!!」と絡んでいます。TAIJIとPATAは厨房で演奏してます。

 

画像
1:33~、みそ汁が美味しいとアピールする律儀なTOSHI。

 

1:52~、YOSHIKIズームイン。Tシャツを着て演奏するYOSHIKIの姿は珍しいです。

 

画像
2:03~、Xの激しいパフォーマンスに引き気味のご主人・・・。この微妙な表情が面白い。

 

画像
2:15~、つかまっていた棒を外してしまい、驚くTOSHI。予想外のハプニングを起こすところが絶妙。

 

ちなみにHIDEは加入直後のタイミングだったため、Xでの初仕事はこのやしろ食堂ライブだったそうです。HIDEもびっくりしたでしょうね。

画像
でも、しっかりカメラ目線で演奏してるところはさすが!!

 

画像
そんなみんなから愛されたやしろ食堂落合店ですが、残念ながら閉店し現在はないそうです。
2018年8月時点では、荻窪、方南町、高円寺店が残っているもよう。

 

このやしろ食堂ライブで演奏されている曲は、YOSHIKIが主宰するエクスタシーレーコード第一弾シングル「オルガスム」です。


1989年静岡テレビのライブ映像を載せてみました。やしろ食堂ライブから2年後・・・。

「オルガスム」収録のアルバム『BLUE BLOOD』。「紅」「ENDLESS RAIN」「WEEK END」「X」など名作揃い!!

関連記事

X JAPAN

中学生だった私がXと出会い、ファンになったエピソード

Xのお宝映像 元気が出るテレビ出演 伝説のやしろ食堂ライブ

田舎者JK X JAPANライブ初参戦 すったもんだ上京物語

hide

【hide聖地巡り2017 前編】三浦霊園 hideの実家

【hide聖地巡り2017 後編】横須賀 ドブ板通り

終わりに

Xのお宝映像はいかがでしたでしょうか?

メンバーの素朴な人柄が伝わってきて、ますますXのファンになっちゃいますね☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる