【hideの母が語る7つのマル秘エピソード】hideの実家訪問編

過去記事【hide 聖地巡り 前編】三浦霊園&横須賀のご実家で、hideの実家でhideのお母様とお話しできたことを書きましたが、今回はその中から「7つのマル秘エピソード」をご紹介したいと思います。

さゆりさん
2018年6月24日に行った時のお話です。
目次

hideの母が語った7つのマル秘エピソードを紹介

12月13日は愛すべきhideの誕生日です。

画像

hideの命日である5月2日は、【hide 聖地巡り 前編】三浦霊園&横須賀のご実家を更新しましたが、誕生日の12月13日は、「hideのお母様から聞いたお話を記事にしよう」と決めていました。

さゆりさん
それでは、お聞きください。

「秀人」の名前の由来

お母様に「秀人」という名前の由来を聞いたら、なんとこの名前はお母様たっての希望だったとか。

hideは第一子の長男ですが、「生まれてくる子が男の子だったら、絶対”秀人”という名前がいい!!」と決めていたそうです。

話しているうちにお母様も会話の中で「hideちゃん」と呼んでいて、昔からこんな呼び方をしてたのかな~と想像しちゃいました。

お母様が一番好きなhideの曲は?

「TELL ME」とか親世代でも聴きやすい曲かなと思いきや、まさかの「DOUBT」でした!!

↑ファーストソロツアー「“hide FIRST SOLO TOUR ’94 HIDE OUR PSYCHOMMUNITY ~hideの部屋へようこそ~」の映像です。

当時はVHSで見まくりましたが、今はBlu-rayもリリースされていますね。

「DOUBT」は1993年hideのソロデビューシングル「50%&50%」のカップリング曲で、A面の「50%&50%」が明るくてポップなのに対し、「DOUBT」はヘヴィーなサウンドでそのギャップがhideの面白いところ。

「DOUBT」は”広告代理店のCMタイアップのドタキャンに対する怒り”を感情に任せて作った曲だそうですが、よくよく聴いてみるとそんな話に乗せられたhide自分に対する怒りも感じられて、「うまい話に乗るなよ」という自分への戒めソングでもあるのかな~と思います。

hideのファーストソロアルバム『HIDE YOUR FACE』にも収録されています。

hideは「DOUBT」にたいする思い入れが強く、1998年亡くなる直前の歌番組(↑上記の動画)ではリミックス版を披露しています。

リリース後5年経っても代表曲の一つとして歌い続けていたのは、「(ソロデビュー時の)初心忘るるべからず」という思いが強かったんではないかと思います。

「DOUBT」リミックス版は、上記2種のベストに収録されています。

さゆりさん
好きな曲が一緒なんて、親子で好みが似るんですね☆

母親ゆえの息子をいたわる気持ち

hideといえば・・・

金髪ロング時代、

画像

赤髪ロング時代、

画像

1995年以降の短髪ピンク時代とありますが、

画像

私がファンになった1992年当時のhideは赤髪ロング時代で、ちょっと怖そうだけどセクシーなところにメロメロで、私はこっち派でした。(もちろん短髪hideちゃんも大好きですよ☆)

そんなことを思い出して、飾ってあるhideの髪の長い写真と髪の短い人形を見ながら、「お母様はどちらの髪型のhideさんが好きですか?」と聞いてみました。

お母様は「短い方がいい。」と即答したので「なぜですか?」と聞いたら、「髪が長かった時、手入れが大変そうなのを知っているから。」とおっしゃって、ハッとなりました。

私たちファンは単純に「こっちの方がカッコイイ」なんて自分の好みでしかhideの髪型を見てなかったけど、お母様は母親ゆえの愛情こもった目線で息子を見てたんだなと・・・。

何気なく聞いた質問でしたが、母が息子をいたわる気持ちが伝わってきました。

次男・裕士さんへの愛情

hideの実弟・松本裕士さんはhideの元マネージャーで現在は所属事務所ヘッドワックスオーガナイゼーション社長を務めており、ファンで知らない人はいないと思います。

画像

お母様と話していると、hideに対してだけでなく、裕士さんへの深い愛情も会話の端々から感じられました。

「私たちはhideのことばかり考えてしまうけど、お母様にとっては裕士さんも大事な息子だもんな~。裕士さんのことももっと応援しなきゃ。」と思いました。

hide亡き今、お子さんは裕士さんだけなのでとても頼りにしているでしょうね。

また、裕士さんの息子さん(hideから見ると甥っ子さん)の話を楽しそうにされているのも印象的でした。

↑裕士さんは自著『兄弟』の中で、自身に2人息子さんがいることを話していますね。

hideの死について

私たちはこの話題について触れる気はまったくなかったのですが、お母様の方から話し始めてとても驚きました。

hideが亡くなった翌年の1998年、実弟の裕士さんは記者会見でhideの死因について自殺説を否定し、以下の見解を発表しました。

「hideは生前、ひどい肩こりと偏頭痛に悩まされており、整骨医が行う首の牽引によるストレッチをしていました。いつものように牽引していたが、帰国直後の時差ボケと泥酔状態であったためにふとしたはずみで首が締まってしまった事故だと思っています。」

お母様も同じことを話されていて、hideの訃報を聞いた時、自殺とは露ほども思わなかったそうです。

「hideが肩凝りのために自分で首の牽引ストレッチをよくしていた」という話もしていました。

「hideは自殺ではない」と信じるファンの一人として、お母様の証言は大変貴重なものでした。

お母様がhideに頼まれていたこと

また、お母様は「hideに頼まれて都内の土地を探していた。」という話もしていました。

「hideが亡くなったのは自殺ではなく事故説」を裏付ける証拠の一つとして、「亡くなる数日前に、hideが都内に建てるスタジオの土地の仮契約をしていた」という話が報道されています。

お母様が探していたのが、そのスタジオ用の土地だったのかhideの新居用だったのかは忘れてしまいましたが・・・。(汗)

ロスを拠点にしてなかなか帰国できないhideのために、お母様が東奔西走していた姿が目に浮かびますね。

世界中からファンが訪れている

「こんなに有名だと、しょっちゅうファンの人たち来るんじゃないですか?」と尋ねると、

「平日は来ない日もあるけど、土日は必ず誰か来るわね」

「最近は海外からのファンも来るわよ。みんな日本語上手だから会話にはそんなに困らないの。」

とおっしゃっていました。

世界中のファンからhideが愛されていることを聞いて、嬉しいと同時に時代を感じました。

↑映画『WE ARE X』でも、X JAPANが解散中にネットの影響で世界中にファンが広がったことが紹介されています。

さゆりさん
X JAPANがワールドツアーを成功させたこと、hideもTAIJIと天国から見ているよね?

 

7つのマル秘エピソードの紹介は以上です。

お母様、長い時間色々とお話ししてくださり、本当にありがとうございました。

お体に気を付けて、いつまでもお元気でいてくださいね。

関連記事

【hide聖地巡り2017 前編】三浦霊園 hideの実家

【hide聖地巡り2017 後編】横須賀 ドブ板通り

【原宿 レモネードショップ】hide着用の衣装展示中 期間は?

終わりに

hideのお母様が話されたエピソードはいかがでしたでしょうか?

何か印象に残ったお話はありましたか?

お母様のお話から、ファンのみなさんがより深くhideや家族のことを知ってもらえたら嬉しいです。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる