【麒麟がくる 第16回】久しぶりに光秀が目立ってかっこいい回

2020年5月3日、NHK大河の「麒麟がくる」第16回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、ネタバレや感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第16回「大きな国」ネタバレ 感想

前回のおさらい

道三は仏門に入り、ついに義龍が家督を継ぎ、美濃の守護代の座を得る。

そんなある日、道三の正妻・小見の方の子・孫四郎が帰蝶の命を受け、光秀を訪ねてくる。
道三いずれ信長と敵対し、国を間違った方向に進めると皆が心配しているので、どうにか義龍に退いてもらう道をさぐりたい、明智家にその先陣を切ってもらえないかと、孫四郎は光秀に懇願する。

光秀が義龍のもとを訪ねると、帰蝶に会いに行き孫四郎との妙なやりとりをやめさせてこいと言われる。
さらに信長との盟約を見直すことや、信長と敵対する織田彦五郎との関係をほのめかす義龍を、光秀は不安に思う。

出演者

史実に出てくる人物

明智光秀:長谷川博己
明智光安:西村まさ彦
明智秀満:間宮祥太朗
牧:石川さゆり
煕子:木村文乃
藤田伝吾:徳重聡

斉藤道三:本木雅弘
斉藤義龍:伊藤英明
稲葉良通:村田雄浩

織田信長:染谷将太
帰蝶:川口春奈

松平元信(のちの徳川家康):池田優斗

オリジナルの登場人物

駒:門脇麦
望月東庵:堺正章
菊丸:岡村隆史
伊呂波太夫:尾野真千子

画像

ネタバレあらすじ

道三VS義龍

弘治元年(1555年)秋、斉藤義龍が、家臣に命じ、異母弟の孫四郎と喜平次を殺させる事件が起こった。

孫四郎と喜平次が義龍に殺されたと知った道三は、稲葉山城を出て、美濃北部にある大桑城に向かった。

それは、美濃を二分するきっかけとなってしまった。

 

明智城では、光秀と叔父・光安がこの騒動について相談していた。

光秀は、「信長様と帰蝶様に会うため、尾張に行く。」と告げた。

光秀、帰蝶に進言

清州城で帰蝶と対面すると、帰蝶は孫四郎と喜平次が義龍によって殺されたことについて怒りの念を表していた。

しかし光秀も、今までにない厳しい口調で帰蝶に進言した。

義龍様も義龍様ですが、義龍様をあそこまで追い込んだのは帰蝶様ではありませぬか?

孫四郎様に、「義龍様に代わって家督を継げ」と密かに後押しをされ、「我ら明智の者も味方に付くはず」などと義龍様に敵対するよう、様々に言い含められた。

こたびのことで道三様を後押しし、義龍様との戦を目論まれるのはおやめください。

光秀の主張に対し、帰蝶は反論した。

「義龍様は信長様と手を切り、あろうことか、岩倉城の織田信賢と通じ、今川義元とも手を組もうとしている。」

光秀は、「義龍様は今川と通じて、信長様を敵に回すとは断じてないはず。またそうならぬよう私が一命をかけて押し止めます。」と誓った。

しかし帰蝶は孫四郎を追い返した光秀に不信感を持っており、光秀に帰るよう命じた。

信長と帰蝶の相談

光秀が去ると、帰蝶は隣室で話を聞いていた信長の元に行った。

信長は、「光秀の気持ちも理解出来る」と言い、更に道三が戦をしない方が良い理由を述べた。

間者の情報では、道三の兵は集めても2千~3千人ほどだが、義龍の兵は1万人以上になると聞いている。

また、自分も岩倉の織田信賢に狙われているので清州を留守にできないため、道三には加勢できない。

だから親父殿は今は戦をするべきではないのだ。

この織田でもさっぱりわからぬ。

帰蝶は信長にも愛想を尽かし、部屋を出て行った。

 

そして帰蝶は侍女に命じ、伊呂波太夫を呼び寄せる手配をした。

駿河の様子

その頃駿河では、今川義元の軍師・太原雪斎が病死していた。

しかし、そのことが隣国に知られないよう、東庵たちも臨済寺で足止めされていた。

東庵と駒が寺の庭で豆を煮ていると、松平元信(以前の竹千代、後の徳川家康)が「何を煮ておいてなのじゃ?」と近付いてきた。

東庵と駒は、元信に豆を振る舞った。

するとそこへ、薬屋・春次に扮した菊丸が、家来に案内されて来た。

菊丸は時々、元信に薬を届けに来ていたのだった。

そして元信や駒たちに、「美濃では戦がいつ始まってもおかしくない状況だ」と菊丸は説明した。

 

それを聞いた駒は光秀の事が気になっていてもたってもいられなくなり、

菊丸に国境まで自分を連れ出して欲しいと頼んだ。

義龍による命令

稲葉山城では宴が開かれていた。

光安は明智荘の領地を気にかけ、義龍の機嫌をとろうと踊りを踊ったりして必死だった。

 

義龍に呼ばれた光秀は、帰蝶に会って「美濃への手出しはせぬよう話してきた。」と報告した。

それを聞いた義龍は、「自分も戦は気が進まない。」と言った。

また、光秀は、「なぜ義龍様は自分の父親が道三様ではなく、土岐頼芸様だと広めているのですか?」と聞いた。

義龍は、こう答えた。

「美濃の人々は、自分が”成り上がり者の息子よりも、土岐源氏の地を引く者”と思いたいであろう。

また、幕府にもいずれ守護職に任じてもらおうと考えている。」

それから義龍は、明智家の今後についても話し、光安の隠居と光秀の家督相続、明智荘の領地替えを提案した。

美濃の国政を刷新するため、領地の見直しが必要だという義龍の考えからであった。

光秀には現在の明智荘より広い領地を与えると約束したが、光秀の心中は複雑だった。

光秀、叔父・光安との相談

明智荘に戻った光秀が食事をしていると、

いとこの秀満より「道三様が『義龍様との戦を始める為、大桑城へ参戦せよ』と呼びかけがかかった」と伝えに来た。

光秀が光安の様子を聞くと、秀満は「父上は様子がおかしい」と言う。

光秀は光安の屋敷に行くことにした。

 

光秀が尋ねると、光安は「領地替えの話を義龍様から聞いた」と告げた。

義龍に対して反感を持った光安は、「道三様に付く着くため大桑城へ向かう」と言う。

すると光秀は、「とにかく2日だけ待って欲しい」と光安に頼んだ。

光秀、道三の説得に失敗

光秀は、大桑城へ急ぎ馬を走らせた。

大桑城に着いた光秀は、そこで伊呂波太夫の姿を見かけた。

道三に会った光秀は、「出陣を止める為に参りました。」と言った。

すると道三は、こう言った。

先程、帰蝶に頼まれた伊呂波太夫から、「越前へ逃げ延びる手配をした。」と言われた。

帰蝶は戦をしてもどうせ勝てぬというのだ。

自分も迷い、仏様に問うたが、仏様は何も申さぬ

そう言いながら道三は、義龍についても話し始めた。

高政は、私が父ではなく土岐頼芸が父だと言い、人を欺こうとしている。

偽りを申す者は、必ず国をも欺く。

そして、国を欺く者が守護になれば、決して国は穏やかにはならぬ。と言い、

家督を譲る相手を間違えた

間違いは正さなくてはならぬ。

そうして道三は、必死で止める光秀の言葉に耳を傾けず、戦の準備をするよう大声で家臣たちに命じた。

 

最後に道三は光秀にこう伝えた。

わしの父は、「美濃も尾張もない、一つの大きな国を作れ。そうすれば誰にも手出しが出来ぬ。」とよく言った。

自分は美濃一国で終わった。

しかし、信長にはできるかもしれぬ。

あの男から目を離すな。

信長となら、そなたは大きな国を作る事ができるかもしれない。

さらばじゃ。

そう言い残し、道三は去って行った。

光秀の決意

明智荘に戻った光秀は、家臣の伝吾から、光安・秀満親子は足軽を連れて鶴山の道三の陣に向かったと聞かされた。

光安は「道三様・義龍様のどちらに付くかは光秀の心一つで決めて良い。」と言い残したとのことだった。

家に帰ると、牧から「義龍様からも出陣の声がかかっています。」と伝言を受けた。

道三に付くか、義龍に付くか考え込む光秀だったが・・・。

床の間の鉄砲を手に取り、鉄砲を通じた道三とのやり取りを思い出していた。

その思い出から道三に付くと決意した光秀は、立ち上がり軒先に家臣たちを集めた。

「叔父上の後を追う、鶴山へ。

敵は、義龍様!!」

次回予告

尾張では、道三が越前へ落ち延びられるよう取り計らったにもかかわらず、それを拒んだとして帰蝶が憤っていた。
道三が劣勢であることを聞いた信長は、いてもたってもいられず兵を引き連れて飛び出していく。
光秀は、明智荘を守るべく、光安と共に道三に味方することを決める。

ついに長良川を挟んだ戦いが始まった。
一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せていった高政により、次第に道三軍の敗色が濃厚になってゆく。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
今まで視聴者に人気だったモックン道三も、遂に見納めになってしまうのでしょうか・・・。

感想・気付いた点

今回の光秀様、カッコ良かった!!

いきなり、ミーハー女子視点ですみません。

今まで染谷くんの信長や、向井さんの将軍義輝に夢中になっていた筆者でしたが、今回「長谷川さんの光秀カッコイイ☆」とキュンキュンしたので、ここでご報告したいと思います。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
主役にときめくの、大事ですよね☆

1.初めて帰蝶に厳しく意見したシーン

帰蝶が輿入れするまでは、いとことはいえ主君の姫ということで絶対的な主従関係があり、

まぁそのドSな帰蝶と光秀とのやりとりを見るのも楽しかったのですが・・・。(笑)

帰蝶にこんな表情するの、見たことない。

今回は、美濃一国の存亡を賭けて、初めて帰蝶に厳しく苦言を呈す光秀の姿に、私は男を感じてしまったのです!!

でも、そこは気の強い帰蝶なので真っ向から反論し、初めて二人は喧嘩別れのような形になってしまうのですが・・・。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
それはそれで、「ここでやっと二人が対等な関係になれたのではないか」と、筆者は嬉しくなってしまいました。

2.義龍に皮肉を言ったシーン

稲葉山城で、義龍と光秀が二人きりで話すシーンで、義龍が「土岐源氏の血を引く者と吹聴するメリット」を語っていましたよね。

その後の、

光秀が「なるほど。賢いやり方だ。」と、ちょっと小馬鹿にしたような、皮肉を言ったシーン・・・。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
なぜか筆者は、ここでもときめいてしまいました。

その時の長谷川さんの表情が素敵だったというのもありますが、いつも義龍のいいなりだったのに、珍しくマウント取ってるところに「おぉっっ!!」と思ってしまったのかもしれません。

3.甲冑姿がかっこよかった

第16回の最後で、光秀が家臣に戦に臨むと宣言したシーン。

久しぶりの光秀の甲冑姿に萌えました☆

よく「スーツは男性を3割増しにかっこよく見せる」なんていいますが、やはりいつの時代も、戦う男の姿は逞しく見せるものなのでしょうか・・・。

この光秀を見た時、戦場に送り出す妻の心境になってしまったことは、言うまでもありません。

帰蝶、遂に信長にもドSぶりを発揮

今まで「信長と帰蝶のラブラブシーンが好きだ」と何度も言ってましたが、今回は2ショットはあっても帰蝶がご機嫌斜めゆえ、二人の仲睦まじい姿は見られませんでしたね。(涙)

でも今回は、ついに帰蝶が信長にもドSぶりを発揮するシーンがあり、別の意味で筆者はニヤニヤしてしまいました。

信長が「古今和歌集がわからん」と言うと、

「そんなこともわからないの?」という呆れた表情(※しかも、「使えない奴!」とか思ってそう)と、夫・信長を面罵しています。

反論できず、その場に立ちすくむ信長・・・。

私の予想では、

「さすが帰蝶、教養があるな。」

「怒った顔の帰蝶も美しいな。」

と、惚れ直しているのではないかと。(笑)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
さて、次にラブラブな二人が見られるのはいつなんでしょうか?

竹千代が少年になってる~!!

今まで、あの比類なき可愛さで、全視聴者を虜にしてきた、岩田琉聖くん演じる竹千代(のちの徳川家康)。

この籠から顔を出してるところなんて可愛すぎ!!

この第16回では、少年へと成長し、名前も松平元信と改め、俳優も池田優斗くんにさり気なくチェンジしていました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
えぇ、もうあの竹千代が見られないの?ショック・・・。

でも、時が経てば人は成長するもの。

池田くんに罪はありません。(※豆を頬張る姿が可愛い)

成人した徳川家康役で風間俊介さんが発表されてましたが、彼は童顔なのでいきなり少年役で出てくるかと思ったんですが、ちゃんと間に別の俳優さんを挟んだんですね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
この池田くん、あとどのくらい出番があるのでしょうか?

駒がモテすぎな件

元信は駒に出会った途端、一目惚れした様子です。

藤吉郎(のちの豊臣秀吉)といい、三英傑のうちの二人に気に入られるなんて、駒はモテモテですね。

駒といえば、菊丸にも好かれていますが、駒はその好意を利用するだけで、恋愛対象には見てなさそうです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
色んな男性から好かれている駒ですが、誰と結ばれるのかも気になるところですね。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第16回のネタバレ、感想レポートでした。

帰蝶は回を追うごとに発言力をまして、どんどん強くなってきてますね~。

モックン道三も、最後まで目が離せません。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる