【麒麟がくる最終回】歴女も大満足のドラマで、続編が待望される回 

2021年2月7日、NHK大河の「麒麟がくる」最終回(第44回)が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第44回「本能寺の変」(第44回)あらすじ&感想

あらすじ

宿敵・武田家を打ち滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀(長谷川博己)は信長(染谷将太)から理不尽な叱責を受け、饗応役の任を解かれる。
追い打ちをかけるように信長は、光秀と縁深い四国の長宗我部征伐に相談もなしに乗り出すと告げる。

戸惑う光秀に信長はさらに、「備後の鞆(とも)へ向かえ」と告げると、鞆にいる将軍・義昭(滝藤賢一)を「殺せ」と究極の命令を突きつける。
将軍を討てば「戦が終わる」と考える信長に光秀は「殿は戦の度に変わってしまった」と、その行き過ぎた態度をいさめるが、信長は「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ」と冷たく言い放つ。

 

やがて光秀は伝吾(徳重聡)、左馬助(間宮祥太朗)、斎藤利三(須賀貴匡)の3人の重臣に「我が敵は本能寺にある。その名は織田信長と申す」と謀反の決意を伝える。
信長を討ち、心ある者と手を携え、世を平らかにすることが自分の役目であると考える光秀であった。

 

天正10(1582年)6月2日未明、光秀が率いた軍は本能寺を急襲する。

信長は「そうか十兵衛か。であれば、是非もなし」と何かを悟ると、自ら槍や弓、刀を手に明智の軍勢に応戦。

しかし、傷を負ってしまい、近習の蘭丸(板垣瑞生)に火を付けることを指示すると、「わしはここで死ぬ。わしの首は誰にも渡さぬ、わしを焼き尽くせ」との言葉を残し、自ら命を絶った。

 

6月13日。
西国から思わぬ速さで戻った。羽柴秀吉が立ち塞がったのである。
光秀は敗れた。世の動きは一気に早まった。

3年後、実は光秀は「丹波の山奥に潜み、今も生きている」という噂があり、駒(門脇麦)は人混みで“光秀らしき男”を目にする。
駒はその人影を見失うも、「十兵衛様」とつぶやく・・・。

信長、光秀を愛しすぎている件

信長は光秀に「足利義昭を討て。」と命令し、こう語ります。

「そなたと二人で延々と戦をしてきた。将軍を討てば、それが終わる。」

Sayulistのアイコン画像Sayulist
その後のセリフに注目!!

信長・・・そんなに光秀のこと、好きだったんだ♥

「二人で茶でも飲んで暮らさないか」には、「どう見てもプロポーズですよね。」とTwitterで盛り上がりまくり!!

確かに、今までの信長の言動を見てたら、思い当たる節はたくさんありました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
信長さん演じる染谷さんも、「基本的に十兵衛LOVE♥」とインタビューで名言してるみたいだし。

本能寺急襲の首謀者が光秀だと知った時・・・そして戦う時でさえなんか嬉しそうでした。

【信長役・染谷将太さんのコメント】

本能寺のシーンでは、攻めてきたのが光秀であったことへの喜び、悲しさ、切なさが入り交じった複雑な感情が巻き起こりました。 やっと、自分が自分から解放される。『織田信長』という亡霊から解放されるという安堵(あんど)があった。

だったらもう、最後の戦を思いっきり楽しもう、と。最期のときは、相手が光秀という歓喜と興奮に包まれていたように思います。

そして安堵に満ちた死に顔・・・。

信長は、権力への高みを目指すあまり狂ってゆく自分を抑えきれず、苦しんでいたんでしょう。

それを最愛の光秀が止めてくれた。

だからすごく嬉しかったし、「やっと終われる。」と安心したんではないでしょうか。

今までのドラマなら信長と光秀が憎み合っておしまいなんですが、こんなに両者が想い合い、愛に満ちた本能寺の変ってすごく斬新な発想だと思います。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ここで、「麒麟がくる」の脚本を書かれた池端先生からのコメントをどうぞ。

【脚本家・池端俊策先生のコメント】

光秀は信長を殺したくて殺すわけでもなく、憎らしいから殺すわけでもありません。

やむを得ず、自分の親友を殺したんです。

ここまで一緒に歩いてきて、一緒に夢を語った相手を殺すのはつらいですから、本能寺で信長を殺しても『やった!』という快感ではなく、悲しさがありますし、大きな夢を持った人間は、やはり大きな犠牲を払わなければならない。

その心の痛みを描きました。

池端先生の想いしっかり通じて、視聴者の感想もいいものばかりでした。

1クールをこんなに夢中になって見た大河ドラマって久しぶりです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
信長ファンも納得の大河ドラマでした。

本能寺の変 陰謀論・黒幕説てんこもり!!

「本能寺の変」といえば、昔からまことしやかに囁かれる様々な陰謀論や黒幕説・・・。

家康、朝廷、足利義昭黒幕説などは前からありますが、ここでは新たに「帰蝶黒幕説まで」!!

こちらのKEI-COさんの表、すごくわかりやすくていいですよね。

それから本能寺の変の動機の一つとして、光秀は気苦労が絶えずストレスすごそうだから、正常な判断能力ができないくらい追い詰められてたんだろうなぁ。

でも、「麒麟がくる」では、信長が光秀の手により死ぬことができて本望と思ってるからいいんです。

光秀もどこかで幸せに生きてるみたいだし、本能寺の変で終わるのに珍しくハッピーエンドなお話ですね。

「明智光秀→天海」の続編はあるか!?

「麒麟がくる」では山崎の合戦後も、光秀生存説の可能性を残した終わり方になっています。

「麒麟がくる」では家康との相性が良さそうだったし、最終回放送後「光秀は生き延びて、江戸幕府に仕えた天海になったのではないか?」という話がたくさん見られました。

【天海】(てんかい)

天文5年(1536年)? – 寛永20年10月2日(1643年11月13日)
安土桃山時代から江戸時代初期にかけての天台宗の僧、大僧正。
尊号は南光坊(なんこうぼう)、院号は智楽院(ちらくいん)、諡号は慈眼大師(じげんだいし)。
徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与した。

高名な僧であるにもかかわらず前半生は謎に包まれているため様々な説が唱えられ、その一つに明智光秀が天海となったという説がある。

こんな考証もあって、なかなかロマンがありますね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
池端先生が「光秀=天海説」を取ったかどうかは別として、主演の長谷川さんからはこんな提案も出ていたそうです。

長谷川さん、「麒麟がくる」の明智光秀の役をすごく気に入ってたんですね。

視聴者の「スピンオフが見たい」というリクエストもたくさん目にしました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
個人的には・・・

本郷奏多くん演じる近衛前久様が主役のドラマが見たいです♥

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」最終回のあらすじ&感想でした。

キャスト、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
たくさんの感動をありがとう!!

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる