【麒麟がくる第43回】本能寺の変に新説!?「帰蝶黒幕説」誕生の回

2021年1月24日、NHK大河の「麒麟がくる」第42回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第43回「闇に光る樹」あらすじ&感想

あらすじ

天正7年、夏。

丹波の八上城と黒井城がようやく落城し、光秀(長谷川博己)は丹波全域を平定する事に成功した。
同年11月、信長の意向により東宮は二条の新しい御所へ移った。
信長(染谷将太)は、もはや己の言いなりにならない正親町天皇(坂東玉三郎)の譲位を強引に進めようとする。
その責任者を命じられた光秀は、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。

天正8年、本願寺は大坂の地を信長に明け渡した。

それと同時に信長は、本願寺攻めの総大将だった佐久間信盛(金子ノブアキ)を追放した。


ある日光秀が東庵(堺正章)のもとを訪れると、帰蝶(川口春奈)が「まなせ」という医者に目を診てもらうために京に来ていると聞いた。

光秀は駒(門脇麦)の部屋に行き、悪夢の話を打ち明けた。

「月に行こうとしているのは、信長様のように見える。
自分は木を切っているのだけれど、その木を切ると信長様の命はない。
そのことを解っていて、木を切り続けている。
このまま同じ夢を見続ければ、わしは信長様を・・・。
嫌な夢じゃ。」


京にいる帰蝶に光秀は面会し、信長のことについて
相談した。
「斎藤道三様(本木雅弘)ならどうなされましょう?」

すると、帰蝶の口から意外な答えが返ってきた。
「毒を盛る、信長様に。
父上なら迷わずそうなさるであろう。」

まだ迷いのある光秀はこう言った。
「道三様は、私に『信長様と共に新たな世を作れ。』と仰せになられました。
信長様あっての私でございます。
そのお人に毒を盛るのは、己に毒を盛るのと同じに存じます。」

帰蝶は思いつめた表情で、道三の考えを代弁した。
「今の信長様を作ったのは、父上であり、そなたなのじゃ。
その信長様が独り歩きを始められ、思わぬ仕儀となった。
やむを得まい。
よろず、作った者がその始末をなす他あるまい。これが父上の答えじゃ。」

 

天正10年、信長・家康連合軍は甲斐を攻め、武田勝頼を討ち取った。

信濃・諏訪の館で家康と光秀が二人で語り合っていると、信長の側近・森蘭丸が遠目で見ていた。

信長は、家康を招いて戦勝祝いをする計画を立てていたところ、蘭丸から「家康の家老から、『その饗応役は光秀に頼みたい』と言っている。」と、信長に伝えた。

「なぜ光秀に?」と信長は不審がった。

「家康め・・信康に腹を斬らせた事を、まだ根に持っているのか・・」

 

天正十年 五月 近江の安土城で、家康を迎える日が訪れた。

饗応役を途中で代われと信長に命じられた光秀だったが、家康と最後まで務めるという約束をしたので、最後までやらせて欲しいと願い出た。

しかし、いざ宴が始まると信長は、膳の運びについて家康の前で光秀を、激しく叱りつけた。

信長に叱りつけられた光秀は、夢で見た天に登る木を切る自分の姿が浮かんでいた。

丹波平定、光秀の母磔事件もスルー!?

歴史好きなら誰もが知る、八上城の戦いにおいて光秀の母が磔にされた事件。

天正7年(1579年)6月、丹波八上城に自身の母親を人質として出して、本目の城(神尾山城か)に招いた八上城主の波多野秀治・秀尚兄弟や従者11人を生け捕りにして安土に移送したが、信長の刺客に襲われた秀治は殺害され、秀尚以下残った者は磔にされた。
これに激怒した八上城の家臣は光秀の母親を磔にして殺害してしまった。殺害された母親の死体は、首を切断され木に縛られていたと言われる。

1996年の大河ドラマ「秀吉」では、野際陽子さんが光秀の母親役を演じ、磔にされています。

このシーンがあれば怨恨説も一気に説得力が増しますが、「麒麟がくる」では全くのスルー。

後年の創作と言われているので取り入れなかったのか、石川さゆりさんを磔にできなかったのか、コロナの影響でカットされたのか、一体どれなんでしょう!?


Sayulistのアイコン画像Sayulist
創作だと言われながら、現地にお牧のお墓があるのが面白いですね。

新説・帰蝶まさかの黒幕説!?

様々な黒幕説が出てくる本能寺の変ですが、まさかここで帰蝶黒幕説も出てくるとは!!

Sayulistのアイコン画像Sayulist
このシーンを見て、かなりビックリしました!!

帰蝶のトンデモ発言にも、驚くことなく耳を傾ける光秀。

「マムシの娘」だけに、こういうことを期待していたのか・・・!?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
このシーンを見て、私はこう解釈しました。

光秀と帰蝶にとって、新しき国を作る理想のリーダーは斉藤道三。

信長をその後継者としてそれぞれの立場から育ててきたが、信長は道を誤ったようだ。

信長の暴走を止めるには、信長本人を殺すしかない。

所詮、信長は道三の代わりにはなれなかったということか・・・。

帰蝶演じる川口さんから、あのセリフを語った時の心境が述べられていますね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「信長様に毒を盛る。」という物騒なセリフも、マムシの娘っぽくてアリと思わせるのが、帰蝶のキャラならではですよね。(笑)

そういえば、第二話で父・道三に前夫・土岐頼純を毒殺されてますが、その後の帰蝶もケロッとしているように見えました・・・。

饗応の膳の内容は?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
光秀の饗応役の解任事件も、よく怨恨説の一つとして挙げられますよね。

明智光秀が徳川家康の饗応役を命じられながらも、その手際の悪さから突然解任されたとする話。
織田信長は検分するために光秀邸を訪れたが、一歩門を入ると魚肉の腐った臭いが鼻を付いたので、怒ってそのまま台所に向かって行き、「この様子では家康の御馳走は務まるまい」と言って光秀を解任し、饗応役を堀秀政に替えた。
赤恥をかいた光秀は腹立ちまぎれに肴や器を堀に投げ棄て、その悪臭が安土の町にふきちらされたという。

この典拠は『川角太閤記』で江戸・明治時代には史実と捉えられていたそうですが、『信長公記』には、光秀は饗応役を3日間務めたと違う話が書かれていて解任の話は見られません。

この話も後世の創作と見たほうがよさそうです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
さて、そんな話題の膳ですが、メニューはどんなものだったのでしょう?

安土の信長の館で、サンプル展示が見られるそう。

もう終わっていますが、期間限定で「光秀の饗応膳」を出すレストランもあったようです。(笑)


Sayulistのアイコン画像Sayulist
やはり歴女としては、一度は食べてみたいです。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第43回のあらすじ&感想でした。

いよいよ次回は最終回、一体どんな本能寺の変が見られるのでしょうか!?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる