【麒麟がくる第40回】松永久秀の残した平蜘蛛に皆が振り回される回

2021年1月10日、NHK大河の「麒麟がくる」第40回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第40回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」あらすじ&感想

あらすじ

大坂本願寺攻めの最前線から、突如、松永久秀(吉田鋼太郎)が逃亡をはかり、織田方に衝撃を与える。
伊呂波太夫(尾野真千子)の導きで松永と会い、なぜいま離反するのか問いただす光秀(長谷川博己)。
筒井順慶(駿河太郎)に大和の守護の座を与える信長(染谷将太)の、家筋を重んじる態度が許せないという松永は、自分に大和を任せる本願寺側につくと明言する。

その年の秋、松永久秀は反信長勢力の戦に加わり、大和の信貴山城に立てこもった。

織田軍からの猛攻撃を受け、松永は城に火を放ち銘器の数々に囲まれながら自害したのだった。

 

坂本城の光秀の元に、伊呂波太夫が松永から預かった平蜘蛛(銘茶の茶釜)を携えてやってきた。

光秀は、信長に平蜘蛛の行方を問われたが言えなかったことを思い出した。

そして、「そうか、これは罠だ。松永久秀の罠だ」と狂ったように笑いながら言った。

伊呂波太夫は、「これほどの銘器を持つ者は、持つだけの覚悟がいる。」という松永からの伝言を光秀に伝えた。

松永久秀と平蜘蛛

第一回から気が合い仲良しだった光秀と久秀でしたが(どっちかっていうと、久秀が一方的に光秀を気に入ってる感じ!?)、

今回信長のせいで敵味方に分かれて戦うことになってしまいます。(涙)

松永久秀の最期というと、

信長が「これをくれたら助けてやる」と言うくらい欲しがっていた平蜘蛛を、叩き割ってから自害した説とか、

茶釜に火を点けて一緒に爆死した説とか超有名ですよね。

これらのエピソードは後年の創作によるものだそうですが、ドラマでどう再現されるのか気になっていた歴史ファンも多いはず。

果たして、「麒麟がくる」では・・・!?


なんと、炎に囲まれ、立ったままの切腹!!(こんなの今まで見たことない!!)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「壮絶」としかいいようがありません・・・。

そして因縁の茶器・平蜘蛛ですが、事前に伊呂波太夫に託されて松永久秀と運命を共にしませんでした。


平蜘蛛を光秀に託したせいで、光秀と信長との間に溝を作ってしまいます。


平蜘蛛現存説を聞いて、いつか浜松まで見に行こうと思っていたら、残念なお知らせが・・・。

「浜名湖舘山寺美術博物館 ラ・メール」は、浜名湖の湖岸に面して建てられた美術博物館で、「徳川家の名品」「十二ヶ月花鳥図屏風」「平蜘蛛の釜」などを中心に絵画、書、茶道具、工芸品などが展示されていましたが、平成30年11月15日をもって閉館となりました。
今現在(令和元年)建物はそのまま残っていますが、リニューアルや再活用の予定はありません。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
嗚呼、平蜘蛛の行方はどこへ・・・!?

帰蝶が信長に愛想を尽かした。(涙)

今回非常に残念だったのは、帰蝶が暴走する信長を止められず、ついに見限ってしまった点です。

花を嬉しそうにプレゼントする信長、超可愛い♥

Sayulistのアイコン画像Sayulist
新婚当時のラブラブっぷり、すごく好きだったのにな・・・。

 

帰蝶としては、父・斉藤道三の後継者だと信じて、信長をプロデュースしていたのでしょう。

でも、暴走し始めた信長を制御しきれなくなり、手に余ると思ったんでしょうね。

もし信長がいつまでも帰蝶の手の内で泳がされたままだったら、本能寺の変も起こらなかったのかも。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
そして、今回ゾクゾクしたのが、光秀とのこのやりとり。

「『登れ登れ』とけしかけた私も、殿と一緒に祟りを受けるやもしれぬ。」

「けしかけたのは、私も同様。共に祟りを受けなければなりませぬな。」

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「共に祟りを受ける」と言うセリフに、共犯めいたニュアンスが感じられて、なんだかドキドキしちゃいました♥

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第40回のあらすじ&感想でした。

帰蝶に見放された信長、これからどうなるか心配です。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる