【麒麟がくる第41回】出世のために手段を選ばない秀吉が黒すぎる回

2021年1月17日、NHK大河の「麒麟がくる」第41回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第41回「月にのぼる者」あらすじ&感想

あらすじ

大坂本願寺、丹波と、終わりの見えない戦に追われる光秀(長谷川博己)。

追放された将軍・義昭(滝藤賢一)は、諸国の大名に向けて「信長(染谷将太)を倒し幕府を再興せよ」と御内書を送り続けており、事態は混迷を極めていた。

光秀は、訪ねてきた秀吉(佐々木蔵之介)に、自分に密偵をはべらせ、行方不明の名茶器「平蜘蛛(ひらぐも)」を隠し持っていることを信長に報告し、さも裏切ったかのように仕向けた調略について問いただす。

光秀は「知らないと返答した事をひどく後悔した。」と言いながら、平蜘蛛を信長に差し出した。

信長は光秀が黙っていたことについて咎めなかった。

 

光秀は、平蜘蛛になぞらえて信長を諫めた。

「この平蜘蛛を持つ者には、覚悟がいると聞き及びました。

いかなる折も、誇りを失わぬよう志高き、心美しき者であると。

殿にもそういった御覚悟を、お持ちいただければ幸いでございます。

そうすれば天下は穏やかにまとまり、大きな国となりましょう。

城を美しく飾るだけでは人はついて参りません。」

 

すると信長は、

「聞けば、なんとも厄介な平蜘蛛じゃな。

いずれ今井宗久にでも申し付け、金に変えさせる。その覚悟とやらは、一万貫ぐらいになる。」

と言い、光秀を絶句させた。

 

ある日の夜、光秀は正親町天皇に拝謁することができた。

帝は「桂男と月」の話をした後、光秀にこう命じた。

「この後、信長が道を間違えぬよう、しかと見届けよ。」

天正6年秋、たまは、細川忠興のもとへ嫁いで行った。

光秀と秀吉の対比

平蜘蛛の件で、光秀を陥れようとした秀吉でしたが、光秀に見破られてしまい、逆に厳しく非難されています。

この二人のやりとりを見ていると、「育ちがよく、常に正攻法の光秀」VS「出世のためなら他人を蹴落とすことも厭わない、成り上がり者の秀吉」という対比がくっきり浮き出てきますね。

光秀が好青年な分、どうしても秀吉が卑しく見えてしまいます。

身分が低かった秀吉は、ここまでやらないと出世はできなかったのでしょうが・・・。

今まで見た信長関連のドラマだと、信長が生きていた頃の秀吉はあまり黒い部分は見てこなかったので、こんな悪役なのは初めてな気もします。(信長死後の秀吉は、イヤなクソジジイというキャラが多いですけどね)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
光秀主役のドラマだからこそ、秀吉に対してこういう描き方もできるんだなぁと面白く感じました。

やっぱり公家姿の前久様が一番イイ♥

来ました、本郷・・・いや、近衛前久様♥

京を追われ、丹波では山伏の変装までしていましたが、

やっぱり前久様はお公家様の姿が一番似合います♥

しかも、この回で好きなところは、もはや怖い者なしの信長に対しても、チクリチクリと嫌味を言うところ。

「信長殿は人使いが荒い。」

「いつ来ても鼓を打って誤魔化される。」

「ふ~ん。今日は天守で誤魔化そうとの魂胆じゃな。」

「先の関白も、今や信長殿の操り人形じゃ。やむなしやむなし・・・。」

Sayulistのアイコン画像Sayulist
前久様の冷ややかな笑顔に萌えてしまい、何度も見直してしまいました♥

前久様が好きすぎて、前久様スピンオフのドラマが見たくなってきた。(笑)

正親町天皇と信長

光秀が正親町天皇に拝謁すると、

「この後、信長が道を間違えぬよう、しかと見届けよ。」と命じられます。

~中国の伝承の「桂男」とは?~

唐の時代に書かれた古書『西陽雑俎』によれば、元々は西河出身の呉剛という名の人間で、当時禁じられていた仙法を学んだ罪で、月にあるとされる大宮殿“月宮殿”で巨大な桂の木(高さ500丈)を刈る刑罰を受けたされている。

正親町天皇にとっては信長も、月に昇って二度と戻ってこれない桂男のように見えたのでしょう。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ところで、正親町天皇の譲位問題には二つの説があります。

①信長が譲位を要求したとする説
正親町天皇は天正元年(1573年)頃から信長にその存在を疎まれるようになる。そして、たびたび譲位を要求されるようになる。
同年12月8日の『孝親日記』にその事が記されている。

②信長が譲位に反対したとする説
正親町天皇が譲位を希望して信長がこれに反対していたという説もある。

『お湯殿の上の日記』によると、天正9年(1581年)、正親町天皇から退位の意向が信長に伝えられた。同年3月24日に譲位がいったん朝議で決定され、「めでたいめでたい」とまで記されている。
しかし『兼見卿記』4月1日の条に、一転中止になったと記されている。

それは、譲位に関する諸儀式や退位後の上皇の御所の造営費用がなかったからだとか、戦で忙しい信長がそれどころではなかったからとも言われている。
これが、信長は譲位に消極的だったのではないかという説である。

私はどちらかというと②の考え方で、朝廷黒幕説はあまり支持してません。

あの足利義昭だって生かしているし、信長もいいところのぼっちゃんだから、権威はないがしろにしない人だと思っているので。

ちなみに、本能寺の変後の正親町天皇の生涯はどんなものだったのでしょう?

皇孫に譲位し上皇となられた後も、長生きされたんですね。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第41回のあらすじ&感想でした。

つくづく平蜘蛛って因縁めいた茶器ですね・・・。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる