【麒麟がくる第42回】信長と家康の確執が噂される回

2021年1月24日、NHK大河の「麒麟がくる」第42回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第42回「離れゆく心」あらすじ&感想

あらすじ

毛利攻めの副将である荒木村重までもが信長(染谷将太)に反旗を翻した。

必死に説得をする中で、この終わりの見えない全ての戦が、武士の棟梁る将軍の復権につながっていると悟った光秀(長谷川博己)は、義昭(滝藤賢一)が追放された鞆の浦(とものうら)へ足を運ぶ。
そこで見たのは、釣りざおを垂らす暮らしをしているかつての将軍・義昭の姿だった。
一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。

一方、織田軍は有岡城を力攻めにしたが、荒木側も粘り強く応戦し、一年にも及ぶ持久戦となった。

 

ある夜、菊丸に呼ばれた光秀は、摂津に向かう船の中で家康と会った。

家康は、信長から「嫡男・信康と、妻の築山殿を殺せ」と命じられた話をした。

それは、二人が武田勝頼に通じて三河を乗っ取る企みがあるという理由だからだった。

「今後、あまりに理不尽な事を申された時は、己を貫くしかありません。」

家康は神妙な面持ちで言った。

京の二条の館にいる信長に光秀は謁見し、家康の妻子を殺す件について諫めた。
信長は耳を貸さそうとしなかった。
それよりも、「帝の元へは何の用で行ったのか?わしのことは何と仰せになった?」と問うた。
光秀は「御所での会話は外に漏らしてはいけない。それはどうか、ご容赦を。」と答えなかった。

信長は逆上し、「申せ!申せ!」と、信長は扇子で光秀の顔を何度も叩いた。

額から血を流す光秀を見つめながら、信長は思い立ったように言った。

「そうだ帝を変えよう。譲位して頂こう。それが良い。」
そして光秀に、「明日から一年以内に丹波を平定せよ。」と命令した。

館に戻った光秀は、薬を作りに来ていた駒に、義昭から文が届いたと聞かされた。

そして「最後にこう書かれていた。」と駒は言った。

「誰も見た事のない生き物の麒麟・・・。それを光秀となら呼んでくる事が出来るかもしれない。」

有岡城の戦いなのに、黒田官兵衛はスルー!?

有岡城の戦いといえば・・・。

秀吉の参謀の黒田官兵衛が荒木村重を説得しに登城すると捕らえられ、戦が終わるまでの1年間幽閉された事件はあまりにも有名ですよね!?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
なんてったって彼は、2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の主役なんだから!!(私見てなかったけど)

大河ファンなら「有岡城の戦いかぁ。官兵衛どうなるんだろう?」と心配してたと思うんですが・・・。

その件については一切触れずじまい!!

Sayulistのアイコン画像Sayulist
コロナの影響なのか、元々脚本になかったのか、どっちなんでしょう!?

信長と家康の微妙な関係

「家康に妻子を殺す命令を下すなんて、信長はなんてひどい奴だ!!」と思う方も多いかと思いますが・・・。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
こういういきさつになった大きな原因である、家康の嫡男・信康に嫁いだ信長の娘・徳姫(五徳)の話が「麒麟がくる」ではスルーされてますね。

新婚当初の信康と徳姫の仲は良く二人の女児が産まれましたが、男児には恵まれませんでした。

それを心配した築山殿は信康に側室を迎えさせ、信康・徳姫の関係は悪くなりました。

(そもそも、今川の親族である築山殿と、信長の娘・徳姫が上手くいくはずないですよね。どちらも気位が高そうだし・・・。)

徳姫は信長に、築山殿と信康の罪状(武田との密通など)を訴える十二ヶ条の訴状を書き送り、この訴状を読んだ信長は、安土城に滞在していた家康の使者・酒井忠次を通して信康の殺害を命じました。

これにより築山殿は殺害され、信康は切腹したと言われています。

ただ、信康切腹事件に関しては不可解な点が多く、「信長の十二ヶ条」は後に加筆・修正されたとか、近年では家康と信康の対立が原因とする説も出ています。

信康の家臣団が、「信康を担ぎ家康に叛意を抱く者」「信康に添っているが家康に対しても忠実である者」「信康の器量を危ぶみ反感を抱く者」などに分かれて混乱に陥ったため、家康が粛清したとする説も。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「それだったら、信長悪くないじゃん!」なんて信長贔屓は思ってしまいます。

 

信長生前時、同盟者とはいえ対等な関係ではなく、信長の言いなりだった家康。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
何も語らなかった家康ですが、信長に対して色々と思うところがありそう。

足利義昭陰謀説の真偽

今回、鞆の浦で光秀は義昭に「一緒に京に戻りましょう。」と説得しますが、義昭は、

なんてワガママを言って、光秀を困らせます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ただ、これだけだと、本能寺の変「足利義悪黒幕説」には繋がらないですね。(苦笑)

~本能寺の変の「足利義昭黒幕説」は、以下の理由により否定されている。~

・本能寺の変の1週間後、明智光秀が細川藤孝・忠興父子に宛てた覚書に義昭の存在が全く見えないこと。

・打倒信長を目指して行動を続けていた義昭のもとに、信長を自害させたという密書が届けられた形跡がない。

・吉川広家の覚書(案文)には毛利氏は秀吉撤退の日の翌日に本能寺の変報を入手しており、秀吉との和議が成ったことを理由に織田軍の追撃をしなかった。仮に義昭が光秀と通じていたのであれば、光秀が京都を押さえた段階で、一気に秀吉への攻撃をかけなければいけないはずである。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
・・・とはいえ、義昭と信長の板挟みで光秀が苦労したのは間違いないですが。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第42回のあらすじ&感想でした。

本能寺の変に向けて、少しづつ歯車が動き出しましたね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる