【麒麟がくる第38回】三淵ロスと、光秀と前久のコスプレに萌える回

2020年12月27日、NHK大河の「麒麟がくる」第38回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第38回「丹波攻略命令」あらすじ&感想

あらすじ

坂本城にいる三淵(谷原章介)に、ついに信長(染谷将太)より切腹の沙汰が言い渡される。
戦は依然として続き、光秀(長谷川博己)は三好の一党や一向一揆の連合軍との戦で戦果をあげる。


そんな折、美濃から斎藤利三(須賀貴匡)が主君・稲葉一鉄(村田雄浩)のもとを逃れ、家臣にしてほしいと光秀のもとへやってくる。

利三の扱いをめぐり信長に呼び出された光秀は、家臣一人の命も大事にしない主君では国は治まらないと説く。
すると利三の命の代わりに、依然として敵対勢力が多い丹波を平定するように言い渡されるのだった。

三淵さん、死んじゃヤダ。(涙)

信長から切腹を命じられ、今日で出番終了になってしまった三淵さん。

光秀の次女・たまに生け花を教える三淵さん。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
生け花の心得もあるなんて、素敵すぎる♥

うぅ、惜しい人を亡くしてしまった・・・。(涙)

実は私、第1回の登場時から、「上品で物腰が柔らかくて、でも時折見せる厳しい表情も素敵♥」と、お慕いしておりました。

たまに黒い部分も見え隠れするけど、それも含めて好きだった。(さすがに阿君丸の件はひいたけど)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
もともと、谷原章介さんの”余裕のある大人の男性”っていう雰囲気が大好きだったんです♥

~谷原さん自身も、インタビューでこのようにお話しされています~

池端(俊策)先生は、藤英の役を僕のイメージで当て書きしてくださっているそうです。

このキャラクターにはこの人が合っていると見抜かれていて、すごいなと思いますし、とてもうれしいです。

文武両道で政治にもさとくて、非の打ちどころのない三淵さん。

剣を向けられても平然としてて、カッコイイ。

三淵さんが登場する度に「また出てきた♥」と思いつつ、それが当たり前になってしまいありがたみを忘れてました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
三淵さん、今までありがとうございました。

南蛮コスプレの光秀にネット界はザワザワ。

光秀と信長は意見の相違で口論となり、光秀は部屋を出ていきます。

光秀を呼び戻した信長は機嫌を取ろう、南蛮人から貰った服をプレゼントします。(やっぱり光秀のこと好きなんだね~)

いざ、その服を着てみると・・・。

「第六天魔王」「美脚」「コスプレ」など、色々話題になってました。(笑)

ちなみに、右側は「女城主信虎」で信長役で出てた市川海老蔵さんです。

今海老蔵さんは「麒麟がくる」のナレーションをしてますが、こんなところで繋がるとは・・・。

信長が南蛮コスプレするのはよく見かけますが、光秀バージョンは今回が初めてですね。

近衛前久様、キタ~♥

女性に大人気の、麗しき近衛前久様❤️

今回出番があってすごく嬉しかったです!!

いつもは貴族の雅なお姿がお似合いの前久様ですが、

なんですか、この山伏コスプレは!?(でも美しい♥)

やっとお目通りが叶い重要な話をしているというのに、前久様のコスプレに目が行ってしまって頭に入ってこない。(汗)

前には旅芸人のコスプレもあったし、また何かやってくれるのではないかと期待してしまいます♥

近衛前久といえば鼓のイメージですが、和歌・連歌・書道の才能に優れ、有職故実にも詳しかったそうです。

さらに馬術や鷹狩りも得意で、そんな趣味が武将たちとの交流に役立ってたんでしょうね。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第38回のあらすじ&感想でした。

「麒麟がくる」って魅力的なキャラクターだらけで、歴女には垂涎もののドラマですね。(笑)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆



U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる