【麒麟がくる第26回】阿君丸が可哀想すぎるのと近衛前久に萌える回

2020年10月5日、NHK大河の「麒麟がくる」第26回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、ネタバレや感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第26回「三淵の姦計(かんけい)」ネタバレ 感想

前回のおさらい

義昭を奉じ、信長と共に上洛を決めた義景だったが、その気まぐれな言動から、光秀や三淵らはその真意に次第に不安を感じるようになる。
家臣や一族も決して一枚岩ではない様子を見るにつけ、このままでは上洛をしても三好勢と十分に戦えないと判断した光秀は、信長を訪ね、単独で上洛をするように訴える。

出演者

史実に出てくる人物

明智光秀:長谷川博己
煕子:木村文乃
牧:石川さゆり
明智秀満:間宮祥太朗
藤田伝吾:徳重聡

朝倉義景:ユースケ・サンタマリア
朝倉景鏡:手塚とおる
山崎吉家:榎木孝明

足利義昭:滝藤賢一
三淵藤英:谷原章介
細川藤孝:眞島秀和
一色藤長:上杉柊平

近衛前久:本郷奏多
二条晴良:小藪千豊

足利義栄:一ノ瀬颯

織田信長:染谷将太
稲葉良通:村田雄浩

オリジナルの人物

望月東庵:堺正章
駒:門脇麦
伊呂波太夫:尾野真千子

画像

ネタバレあらすじ

近衛前久VS二条晴良

足利義輝亡き後、14代将軍の座に就いたのは、四国の足利義栄だった。

しかし義栄は、重い病のため動けなくなり、摂津の国に留まったままで、京では、三好一族・三好長逸、三好宗渭、岩成友通らが牛耳っていた。

 

その頃、近衛前久は、義昭の元服の儀を取り次いだ二条晴良らに、摂津に留まっている義栄について、困った質問を投げかけられていた。

それは、足利義栄が京に上ってこないのは病ではなく、三好一族の操り人形にされる事を嫌がっているのではないか?という話だった。

三好一族の評判も悪いうえ、担ぎ上げた将軍は京に来ない。

二条晴良は、前久がこの不始末を招いたと言い、関白の座に留まって良いものなのか?と問いかけてきた。

同じ公家の立場である二条家は、近衛家を敵対していたので、この状況を機に近衛前久を責めたのだった。

 

前久は、この状況を伊呂波太夫に相談した。

二条晴良の取り付ぎにより、義昭が元服の儀を行いたいと朝廷に願い出ると、帝はそれを許した。

すると帝から、越前に行って、義昭に帝の意思を伝えよと命じられた。

これも二条晴良の嫌がらせだと前久は言った。

そして、自分の代わりに行って欲しいと前久は伊呂波太夫に頼んだ。

足利義昭、元服

永禄11年、朝倉義景が烏帽子親、そして二条晴良が見届け役となり、足利義昭の元服の儀式が行われた。

 

武士となった義昭を上洛させる為、光秀は、各大名たちの現状を明智秀満に調べさせた。

・越後の上杉輝虎は、自国の戦により上洛どころではない。

・近江の六角は、美濃から逃げた斎藤龍興を囲っており、最近は三好の者が出入りしている。

・越後の朝倉義景と美濃・尾張の織田信長が一番頼りになりそうだ。

光秀らが考え込んでいるところへ、朝倉家の家老・山崎吉家がやって来た。

それは、明後日に義昭の元服祝いの宴を開くので、光秀にも出席して欲しいという話だった。

一度は断った光秀だったが、伊呂波太夫も会いたがっていると言われた。

それに朝倉一族全員が、義昭の上洛を望んでいる訳ではない。

余計な戦に巻き込まれるのは嫌だと、思っている人間も多いという事も念頭に入れ、光秀にはぜひ宴に参加して欲しいと山崎は言った。

そうして結局、光秀も出席する事となった。

不穏な宴

宴には、足利義昭の側近達、三淵藤英、細川藤孝、朝倉の家臣ら、そして伊呂波太夫がいた。

その宴の途中、義景のいとこ・朝倉景鏡が、足利義昭の上洛について、突然、異を唱えた。

景鏡は、義昭が元服した事については、祝いの言葉を述べたが、上洛については、

「上洛するという事は、三好一族と戦になり、それに勝つ必要がある。上洛は簡単ではない。」

と抗議した。

その言葉に対し義景は、

「上杉、六角、織田、松永がともに上洛すれば、三好など京から追い出せる。」

と豪語する。

景鏡は、

「上杉は戦の最中、六角は三好と繋がっているではないか。」

と言い、近隣国を最近よく調べていると聞く光秀に、意見を求めた。

光秀は返事に困ったが、義景に今日は無礼講と言われたので、自分の意見を述べた。

事前に大名たちの現状を調べていた事もあり、光秀は景鏡の意見に同意し、こう言った。

これから戦に向かおうとする国は、武将や兵が物を買い漁る為、市場から物が無くなってしまいます。

しかし、この一乗谷には物があふれ、全くその気配がありません。

義景様がそのおつもりでも、皆が動かなければ戦にはなりませぬし、上洛して戦をするなど論外です。

それを聞いた義景は、

「いざとなれば朝倉だけでも上洛してみせる。」

と言い、伊呂波太夫に舞を命じた。

伊呂波太夫の舞が、不穏になった空気をなんとか変えてくれた。

伊風波太夫の進言

その後、廊下に出た光秀の前に、伊呂波太夫が来てこう言った。

 

「義景様には、幕府や将軍家を支えられるだけのご器量はございません。

今日お出でのお方の中で上洛を首尾よく進めておゆきになれるのは、明智様なのではありませぬか。」

そして、光秀の背中を押した。

「そろそろ越前から船出の潮時なのではありませぬか。」

光秀は残念そうに言った。

「あいにく、船出の船が見つかりませぬ。」

そんな光秀に伊呂波太夫はこう助言した。

その船の名は、すでにおわかりのはず・・・織田信長。

帰蝶様が仰せでしたよ。

『光秀殿が考え、信長様が動けば敵うものはなし。』と。

お二人で上洛されればいいのです。

上杉様、朝倉様、不要ではありませぬか?

光秀、信長と対面

後日、光秀は岐阜城へ向かった。

信長に会った光秀は、義昭を連れて上洛して欲しいと申し出た。

「近江の六角については、美濃と尾張の軍勢を集めれば何とかなります。

それに京の方は三好軍が松永久秀と戦をしている最中なので、守りは手薄。今が好機です。」

迷う信長に光秀は助言した。

「マムシが言う、大きな国を作るのか・・・。

足利義昭様を、この美濃にお連れせよ」

信長は力強く言った。

 

光秀は、義昭に事の次第を伝えに行った。

「美濃へ行けば、せっかく共に上洛すると言った朝倉義景の面目を潰す事になる・・・。」

何れにせよ、朝倉を取るか織田を取るか・・そういう事か?。」

三淵藤英が言うと、光秀はこう助言した。

「織田様は、腹をくくれば動きが早いお方。朝倉様は、まだ一族をまとめきれていない様子なので、共に動くには無理があるかと。」

そんな光秀の言葉を聞いた義昭は

「私は美濃へ行く。そなたを信じよう。」

と言った。

煕子との相談

越前の自宅に戻った光秀は、上洛に関しての決めたことを煕子に報告した。

「おそらく、朝倉様はお怒りになると思う。

下手をすれば罰せられるやもしれぬ。

いずれにせよ、越前はそなたたちにも居心地が悪くなろう。」

そう言って、美濃に戻る手筈を整えていることを伝えた。

そして、自分は信長と共に京へ行くと言った。

「この子たちにも、ふるさとを見せてあげることができまする。」と煕子は喜んだ。

朝倉義景の怒り

2日後。

足利義昭直筆の文が、細川藤孝の手により朝倉義景へと届いた。

「越前を出て、美濃へ行く」という内容を知った義景は激怒した。

後日、三淵らが挨拶に来ると山崎吉家から聞いた義景は、怒り心頭に達した。

何の挨拶だ!私を笑い者にする挨拶か!

国境を兵で固め、誰一人外へ出してはならぬ。

上洛出来るかどうか思い知らせてやる・・・。

この文はもののけが書いたゆえ、打ち捨ててくだされと頭を下げるまで許さぬ。

義昭様とはいえ、金輪際会わぬと申し伝えよ!

義景は、山崎吉家に文を破り捨てながら言い放った。

三淵藤英と朝倉景鏡の密談

その夜、三淵藤英が朝倉景鏡の元を訪ねた。

その場には山崎吉家もいた。

三淵は景鏡に、義景の上洛は難しかったが、今後、朝倉一族との関係を上手くしていきたいと言い、それには協力が必要だと願い出た。

上洛に反対していた景鏡も三淵の意見に賛成し、それを見た三淵は、何かを企む様な表情を浮かべていた。

朝倉家の悲劇

朝、朝倉義景の館で、嫡男の阿君丸(くまぎりまる)の食事の毒見役が倒れた。

側で毒を入れた侍女が、毒見役が倒れた事を周りに知られない様にしたため、食事は阿君丸の元へ届けられた。

毒が入った食事を食べた阿君丸は亡くなってしまい、義景は深い悲しみに打ちひしがれた。

深い悲しみに陥った義景は、心身ともに抜け殻になってしまった。

 

一ヶ月後。

三淵藤英が美濃へ向かう挨拶の為、朝倉義景のもとへ来た。

義景は三淵に、阿君丸の弔いの儀に義昭がやって来た事については礼を述べた。

しかし、「織田信長ごときが足利義昭様を連れ、上洛出来るか見ものよのぅ。」と嫌味も言った。

光秀、美濃へ発つ

翌日、十兵衛は美濃へ向かう準備をしていた。

迎えに来た細川藤孝に、「朝倉義景に挨拶に行こうと思っていたが、山崎吉家に今はやめておけ。そのままそっと去るように言われた。」と伝えた。

そして永禄11年7月、足利義昭一行は、美濃の織田信長のもとへ向かった。

次回予告

美濃で盛大な歓迎を受ける義昭。しかし信長(染谷将太)は、戦にまるで興味のない様子の義昭を不安に思う。
一方、光秀は上洛にあたり、三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため、京へと向かった。
駒を頼り、事情をよく知る伊呂波太夫のもとへ。
三好は今井宗久をはじめとする堺の豪商と強固な繋がりがあり、その財力が強さになっているという。
宗久の名前を聞いた駒は、かつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けてきた商人のことを思い出し、光秀を連れ宗久のもとへと向かう。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
前回急に登場した今井宗久ですが、今後重要な人物となりそうな予感ですね。

感想・気付いた点

朝倉義景の側室と嫡男

「阿君丸が可哀想すぎる!!」・・・今回一番に思ったことは、この一言に尽きるのではないでしょうか?

朝倉義景を腑抜けにするというだけの理由で殺されるなんて、阿君丸が不憫すぎます。

この阿君丸毒殺事件ですが、ドラマのための創作ではなく、史実でも毒殺されたという説があります。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
阿君丸のプロフィールはこちら

永禄5年(1562年)、義景と鞍谷嗣知の娘・小宰相(鞍谷氏)との間に長男として出生。
義景にとっては初めての男子で嫡男として大事に育てられたが、永禄11年(1568年)6月25日に7歳で死去した。
『朝倉始末記』巻4などの軍記物によると、御サシという女性が世継の乳母になることで出世しようと授乳担当の乳母を毒殺し、その影響で阿君丸も毒が原因で死亡したのではないかという説があるが、年齢的に授乳期が過ぎているため、直接の影響があったかどうかは不明である。
阿君丸の死は朝倉氏の同族争いがあったのではないかともされ、義景が死去したら一族の誰が後継者となるかで席次争いなどもあったとされる。
義景は失意に陥り、政務を放棄して鬱屈した生活を送ったとされている。

ちなみに、阿君丸の母・小宰相も出産後に病で亡くなっています。

愛する側室と息子に先立たれ塞ぎがちだった義景の元に迎え入れられたのが、若くて美女と評判の小少将でした。

言葉も巧みな小少将に義景は励され、次第に活力を取り戻してきました。

小少将にのめり込んだ義昭は彼女のために豪華な「諏訪館」を建設したり、昼も夜も宴三昧の酒池肉林な生活を送り、政務はないがしろだったといいます。

1570(元亀元)年8月、小少将は遂に待望の男児・愛王丸(あいおうまる)を出産しました。

義景は跡継ぎを生んだ小少将をますます寵愛するようになり、同年に起こった姉川の戦いに出陣せず一乗谷に引き籠っていたのも、これが理由ではないかといわれています。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
戦国武将たるもの、生き残るにはオンとオフの区別をしっかり付けなきゃいけないですよね・・・。

本郷奏多くん演じる近衛前久が素敵すぎる♥

本郷くんが演じる関白・近衛前久。

もう何度も登場していて「綺麗な顔の、雅な公達役にピッタリの男性だなぁ」とは思っていましたが、この第26回から急にドハマリしてしまいました♥

その理由は、ズバリギャップ萌え。(笑)

 

Sayulistのアイコン画像Sayulist
イイ男研究科の視点から、そのギャップについて解説してみましょう。

 

 

まず、小藪千豊さん演じる二条晴良にネチネチ嫌味を言われながらも、澄まし顔で渡り合う近衛前久。

扇子を口元にあてる仕草が堂に入っていて、いかにも貴族っぽくて素敵♥

それまでは「太夫~。助けて~!!」とドラえもんに泣きつくのび太のような情けないキャラクターのイメージが強かったため、「この人、ただのボンボンじゃなくて、やる時はやる男なんだ。」という新たな発見に筆者は萌えてしまったのでした。

二条の嫌味に怒りを抑えながらも澄まし顔で乗り切り、最後までお高くとまってる感じが好き。

 

・・・かと、思いきや、今回もしっかり伊呂波太夫に甘えるシーンがあり、それはそれで筆者の大好物なのです。

「太夫、『覚慶に元服を許す』という帝のご意思を、私の代わりに名代で越前に行ってくれぬか?」と頼んだ後、「じゃあお金をください。」と言われて、途方に暮れた顔がイイ♥

美しい男性の困った顔が好きなので、ニヤニヤしてしまいました。

願わくば、私も本郷奏多くんのような弟キャラを悩ませてみたいものです。(笑)

終わりに

以上、「麒麟がくる」第26回のネタバレ、感想レポートでした。

次回、陣内さん演じる今井宗久がどんな役回りをするのか楽しみです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる