【麒麟がくる第37回】信長がだんだん調子に乗り始めてる回

2020年12月20日、NHK大河の「麒麟がくる」第37回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第37回「信長公と蘭奢待(らんじゃたい)」あらすじ&感想

あらすじ

上洛間近の武田信玄(石橋 凌)の進軍が、突然止まった。

義昭(滝藤賢一)は信玄や朝倉の援軍を得られず孤立、藤吉郎(佐々木蔵之介)率いる織田軍に捕らえられる。
二条城にいた幕臣・三淵(谷原章介)も捕らえられ、早々に信長(染谷将太)方についた弟・藤孝(眞島秀和)と苦しい再会を果たす。

菊丸(岡村隆史)より武田信玄が秘密裏に死んだと、光秀(長谷川博己)は知らされた。その報告を受けた信長は、後ろ盾を失った朝倉・浅井に対して兵を挙げ、一気に攻め滅ぼす。

ついに権力の頂点に立った信長は、「蘭奢待の所望」という突拍子もない願いを朝廷に突きつけ、切り取りを果たした。

菊丸、久々の登場!!

菊丸さんしばらく見ないと思ってたら、久しぶりの登場!!

光秀に武田信玄死亡の報せを伝えたりと、スパイ活動もバッチリ。(この人のボスは家康だけど)

こんなシリアスな表情をしてるかと思ったら・・・

東庵先生に会いに行った時の、この人の好さそうな笑顔!!(まだ駒に片想いを続けてそう)

そんな菊丸の二面性ありまくりなところ、気になっちゃいますよね。

どうしてもルックスが秀吉っぽいので、なかとの絡みは親子共演に見えてしまいました。(笑)

改元はいつの時代もワクワク☆

数年前、私たちは平成から新元号に変わる過程をワクワクしながら見守りましたよね?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
私だったら、「英弘」か「久化」かな。

「麒麟がくる」の時代でも、

あれ、同じような決め方してるの!?(笑)

この信長が「天正」の紙を掲げるシーン、「平成」や「令和」の新元号発表の瞬間を彷彿とさせました!!

Sayulistのアイコン画像Sayulist
さすがに「勝訴」は違うかな。(笑)


光秀の一言であっさり「天正」に決定しちゃうあたり、光秀への信頼感の強さがよくわかりますね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
単に光秀のことが大好きなだけ!?

将軍でもなく、一大名に過ぎない信長が改元する様子に、光秀はひいてたようですが・・・。

蘭奢待にまつわるアレコレ

今回のタイトルが「信長公と蘭奢待」ということで蘭奢待について注目する人も多く、ネットでも大いに盛り上がってました。

【蘭奢待】(らんじゃたい)

東大寺正倉院に収蔵されている香木で、天下第一の名香といわれている。

正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅称。

権力や権威の象徴として天下人に熱望され、足利義満に、足利義教、足利義政、織田信長、明治天皇が切り取ったとわかる付箋が付けられている。

それにしても、なぜ正親町天皇は蘭奢待の一部を献上された時怪訝な顔をし、信長と敵対する毛利に下賜してしまったのでしょうか?

こちらのツイートでわかりやすく解説されてます。

この信長の行動は(皇室の宝物を再献上することで)「自分も天皇と同格」アピールをしたかったわけではなく、「天皇にも香を楽しんでほしい」という純粋な気持ちから来ていると、私は思っています。

「天皇は臣下に与える存在であって、その逆はあってはならない」・・・信長にはそういった感覚が欠如しているみたい。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
この蘭奢待のレプリカ、再現度がすごく高いことでも話題になってますね。

ドラマで使われたレプリカは、2021年2月14日まで京都亀岡大河ドラマ館(https://kyoto-doramakan.jp/)で観ることができます!!

「レプリカじゃなくて、実物が見たい!!」という人は、2021年3月21日までパナソニック汐留美術館(https://panasonic.co.jp/ls/museum/)に蘭奢待の一部が展示されているそうです。

蘭奢待、今も昔も人々の関心を惹き付けてやまない魅惑の香木のようですね。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第37回のあらすじ&感想でした。

蘭奢待に改元と、どんどん権力を手に入れていく信長。

そんな信長に付いていけないのか、光秀の心は離れていきます。

ラブラブ(!?)だった二人、これからどうなっていくのでしょうか!?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆

~おまけ~

「わ~い、帰蝶からバレンタインチョコ貰ったぞ♥」(違う)

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる