【麒麟がくる第36回】義昭と信長の間で板挟みの光秀に同情する回

2020年12月13日、NHK大河の「麒麟がくる」第36回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第36回「訣別(けつべつ)」あらすじ&感想

あらすじ

三条西実澄(石橋蓮司)の助力で、光秀(長谷川博己)は帝(坂東玉三郎)と言葉を交わす。
一方、義昭(滝藤賢一)ら幕府は信長(染谷将太)を前面に押し出し、大和の松永(吉田鋼太郎)を鎮圧しようとしていた。
義昭は兄の義輝が松永久秀に殺られたと思い込んでいたて、筒井側につおて松永を討つことを決めたのだ。

藤吉郎(佐々木蔵之介)は、いま本当に戦うべきは松永ではなく、朝倉と浅井であると信長の曖昧な立場を批判。
大和に気を取られて美濃が手薄になったところで、義昭は朝倉たちに美濃を攻めさせるつもりだ、と声を荒げる。
そんな中、武田信玄が攻撃を始め、徳川軍と織田の援軍は武田軍に大敗したという報せが信長と光秀の元に入った。

変わってゆく義昭と光秀の関係

今回の一番の見どころは、タイトルの「訣別」にある通り、義昭と光秀の心が離れていくさまではないでしょうか!?

僧侶マインドが抜けきらず、将軍になっても平和主義一辺倒で通してきた義昭。

しかし「武家の棟梁」の自覚を持ち始めたのか、剣術の稽古を始めたもよう。

あろうことか、光秀に剣の相手を命じます。

光秀は手加減することなく義昭を打ち負かしてしまいます。

滝藤さんは思いっきり無様な義昭を演じていて、カッコよすぎる光秀との対比が痛い。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
もし駒ちゃんがこの場面を見ていたら、「やっぱり光秀の方がいい♥」と思い直していたかもしれません。(汗)

 

その後、光秀は信長に命じられ、二条城の義昭に鵠(くぐい)を届けに行きます。

しかし義昭は、「信長と戦うことを決めたら、この鵠を受け取るわけにはいかない。」と断ります。

同室にいた三淵藤英からも「信長から離れ、自分たちと共に戦に馳せ参じていただきたい。」と言われ、取り乱した光秀は涙ながらに訴えます。

「公方様、今一度・・・。今一度お考え直しを!!」

義昭も涙を浮かべ、絞り出すような声で答えました。

「決めたのじゃ。わしは信玄と戦う。

信長から離れろ。わしのため。そうしてくれ。」

「公方様。それはできませぬ。・・・御免!!」

そう言い残し、光秀は義昭の元を去りました。

「麒麟がくる」では、ここで光秀が幕臣を辞めて正式に信長の家臣に移ったということになっています。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
今まで誠心誠意仕え、義昭と信長の仲介に心を砕いてきた光秀・・・。
この時の心中はいかばかりだったのでしょう。

信長と信玄は同盟を結んでいた

「麒麟がくる」に武田信玄登場!!

Sayulistのアイコン画像Sayulist
石橋凌さん演じる武田信玄は、肖像画や今までのドラマで見かけるようなイカツイ感じがしっかり出てていいですね。

さて、この信玄と信長ですが、過去には同盟を結んでいた時期もありました。

信長は信玄の強さを知っていたため、徹底して戦いを避けてきたと言われています。

永禄8年(1565年)信長の姪を養女として武田勝頼に嫁がせることで友好的関係を結び、続いて永禄10年(1567年)には信長の嫡男である織田信忠と信玄の娘である松姫の婚約が成立させています。(信忠・松姫の婚約は、元亀3年(1572年)同盟関係が破綻したため解消された。)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
この他にも、信長は様々な贈り物を送ったりして、信玄のご機嫌を取っていたとか。

元亀3年12月22日(1573年1月25日)に起こった三方ヶ原の戦いでは、信玄率いる武田軍を徳川・織田の連合軍が迎え撃ちましたが敗退。

家康僅かな供回りと共に命からがら浜松城へ敗走し、この時は死を覚悟したと言われています。

こうして信長と家康をギリギリまで追い詰めた信玄でしたが、元亀4年/天正元年(1574年)4月12日、胃癌によりあえなく病死しました。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第36回のあらすじ&感想でした。

信長と義昭の仲がどんどん険悪になって、二人の間に立ち続けた光秀はさぞや大変だったでしょうね・・・。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆



U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる