【麒麟がくる第35回】滝藤さん演じる義昭が良すぎて泣きそうになる回

2020年12月6日、NHK大河の「麒麟がくる」第35回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第35回「義昭、まよいの中で」あらすじ&感想

あらすじ

藤吉郎(佐々木蔵之介)から、信長(染谷将太)は将軍や幕府はもはやどうでもよく、帝や朝廷との関係ばかりを強化しようとしていることを聞き、不安に駆られる光秀(長谷川博己)。

その一方で、摂津(片岡鶴太郎)率いる幕府内では、信長の力を削ぐべくその重臣である光秀を暗殺する計画が持ち上がる。

数日後、将軍主催の茶会に招かれた光秀に、刺客たちの刃が襲いかかった。
光秀は足を怪我しながらも将軍・義昭(滝藤賢一)の元へかけより、「そろそろ摂津をはじめ、幕府内の古き者を捨て去る区切りではないか。」と説得した。

義昭は、止む終えまい。そなたに任せる。摂津が従わない場合は捕らえたうえ、政所の役を免ずる!」と叫んだ。

こうして摂津と家臣は、三淵と藤孝の家臣らによって取り押さえられた。

なかのお喋りの功罪

東庵先生の診療所でバッタリ出会った、駒、煕子、そして秀吉の母・なか。

すっかりここの常連客となったなかは、いかにもお喋り好きなおばちゃんといった感じで、自分の息子の自慢話をベラベラと話し始めます。

でもそのお喋りのおかげで、「光秀が幕府に睨まれ妻子を人質として京に残すよう言われている」ことや、「信長を嫌っている義昭が光秀にも意地悪している」という情報を、駒と煕子は知ることができました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
そういう話の運びを見ていると、脚本家の池端先生は上手く考えてるな~と感心してしまいます。

「麒麟がくる」版・足利義昭の魅力

私にとって足利義昭は、「信長のお陰で将軍になれたのに、権力を握れないことに腹を立てて信長を裏切った将軍」という悪いイメージしかありませんでした。

しかし「麒麟がくる」の義昭は、貧しい人々に施しを与える僧侶・覚慶時代から描かれ、

将軍になってからも民衆を救いたいという気持ちは変わらず、立派な信念の持ち主です。

また、恩人・信長と旧臣・摂津の板挟みに合い悩む姿も毎回同情を誘います。

今回の、駒に悩みを打ち明けるシーンも胸を打ちました。

自分の首に紐を巻き、

「何が大事で、何が大事じゃないか迷う。いっその事、絞め殺してくれ」

と、涙ながらに訴えるシーンは圧巻でした。

兄が暗殺されたために僧侶から将軍に担ぎ出され、将軍となった後も政争に振り回される義昭・・・。

滝藤さんは複雑な境遇を丁寧に演じていて、ずっと見ていたいと思わせる俳優です。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第35回のあらすじ&感想でした。

諸悪の根源・摂津晴門が追放されたのは良かったけど、まだまだ問題は山積みですよね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆



U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる