【麒麟がくる第34回】光秀のコミュ力の高さに感心させられる回

2020年11月29日、NHK大河の「麒麟がくる」第34回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第34回「焼き討ちの代償」あらすじ&感想

あらすじ

残虐極まりない比叡山の焼き討ちを目の当たりにした摂津晴門(片岡鶴太郎)は、将軍・義昭(滝藤賢一)にもう信長(染谷将太)と手を切るべきだと進言。
大和の松永(吉田鋼太郎)と筒井順慶(駿河太郎)の内戦に加わり、筒井側につくことで、信長の後ろ盾のある松永と対立しその立場を表明すべしと迫るのだった。

光秀(長谷川博己)は、娘の治療で訪れた東庵(堺 正章)の診療所で、駒(門脇 麦)から、義昭は筒井に味方し信長から離れることを決めたと聞かされる。
光秀は恐ろしい代理戦争の計画を回避すべく、じかに松永と筒井を引き合わせる和平工作を画策した。

光秀に甘い信長

歴史にそんな興味のない人でも知っているであろう、「信長の比叡山の焼き討ち」。

実行部隊は光秀でしたが、彼は信長の「比叡山にいる者は皆殺しにせよ。」という命令に従わず、女と子供は逃しました。

焼き討ちが終わった後、信長は上機嫌で光秀の功を労いました。

光秀が「私の一存で女子供は見逃しました。お許しくださいませ。」と謝罪すると、

信長は不気味な笑みを浮かべながらこう答えました。

「それは聞かんことにしておこう。他の者なら、その首をはねておるところじゃ。」

このセリフを聞いた時、「あぁ信長は光秀がお気に入りだから特別扱いしたのだなぁ。」と思う反面、「次はないぞ。」という脅しも感じられてゾッとしました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
染谷くん演じる信長の優しさと狂気が入り混じった演技、大好きです。

この度の武功で、光秀は近江国の滋賀郡(志賀郡:約5万石)を与えられました。

「滋賀郡を与えられたのを機に、幕臣から織田家の家臣に編入されたとみる」という歴史家の見方もあるそう。

光秀と久秀の強い信頼関係

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「麒麟がくる」の松永久秀は、本当に光秀のことが好きですね。(笑)

史実にはない話ですが、久秀は初回に堺で光秀と出会い「お前を気に入った!」とベタ褒めしています。

久秀の光秀への気に入りようは終始変わらず、光秀にだけは本心を打ち明け、時には助言もし、いい兄貴分といった感じですね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
破天荒な松永と、真面目な好青年の光秀。
タイプは真逆ですが、だからこそ気が合ったのかもしれません。

今回は、「筒井順啓様との戦を辞めていただきたい。」と光秀が頼むシーンが出てきます。

大和の地にこだわり筒井順慶と戦うことも辞さない久秀に対して、

「大和じゃなければなりませぬか?近江はいかが?

私が信長様から頂いた二万石の領地、志賀をお譲りします。」

と提案します。

松永はその心意気に感心し、筒井順慶との和議が成立したのでした。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
調べてみると、史実では久秀は光秀より佐久間信盛の方が親しかったみたいですね。

元亀2年10月25日、順慶は明智光秀の斡旋をもって信長に臣従し、久秀も佐久間信盛を通じて信長に臣従したので、同年11月1日に光秀・信盛の仲介で順慶と久秀は和睦した。

光秀の嫡男・十五郎

光秀は娘がいるイメージが強かったですが、遂に男の子も誕生しましたね。

十五郎くんのシーンは、今回一番癒されました。

十五郎は光秀の嫡男として生まれ、元服すると明智光慶(みつよし)と名乗りました。

本能寺の変前後どうなったかは2説あり亀山城で変の一報を聞き、父の無道を嘆いてその場で悶死(病死)したとする説と、山崎の戦いで父が敗走中に討たれると、光慶がいる坂本城は攻められ、落城の際に一族と共に自害したとする説。

ただ、光慶が生存して出家し僧になったのではないかとする説もあるそうです。

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第34回のあらすじ&感想でした。

光秀と久秀のやりとりが好きなので、ずっとこれを見られないのは寂しいな・・・と思ってしまいます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆



U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる