【岡山城】一番感動したのはどんぶらこな桃ボートだった

今回は、岡山城の紹介です。

私が2019年GWに行った岡山城、そして6月に友人が提供してくれた写真を元に桃ボートをご紹介します。

さゆりさん

タイトルの”桃ボート”気になりますよね~。

 

目次

岡山城

岡山城=別名:烏城(うじょう)

岡山城は、1597年に宇喜多秀家が築城しました。三層六階の堂々たる天守閣は、全国的にも珍しい不等辺五角形の天守台をしており、黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう)」と呼ばれています。(松本城が烏城(からすじょう)と呼ばれているので、岡山城は”うじょう”と呼ばれているとのこと。)

戦前、国宝であった天守閣は戦災で焼失、昭和41年に再建されています。城跡は烏城公園として整備され、復元天守の内部は博物館となっています。

確かに黒い・・・。白鷺城のある元・姫路市民のつぶやき。

旅行記

岡山駅でラーメンランチ

2019年GW、3泊4日の岡山旅行最終日。

倉敷のホテルを出て、JR倉敷駅からJR岡山駅に電車で移動します。(所要時間約17分)

 

岡山駅前。やっぱり桃太郎は外せない存在ですね~倉敷の桃太郎のからくり博物館といい、サブリミナル効果でどんどん愛着が沸いてきます。(笑)

岡山駅に隣接する”さんすて”という商業ビル2Fの「麺屋匠」でラーメン・デミカツ丼・餃子を夫とシェア。どれも美味しかったし、駅の隣とアクセスもいいしお薦めです。

麺屋匠【食べログ】: https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33009984/

岡山駅~バス~県庁前下車

岡山駅から岡山城までは約2km

行き方は徒歩、レンタサイクル、路面電車、バスとありますが、徒歩距離が一番短いバスを選びました。

岡山駅から宇野バスというバスに乗って約12分、県庁前下車です。運賃は100円。

県庁前のバス停から岡山城までは徒歩6分。

 

内下馬橋(うちげばばし)を渡り、お城に向かいます。

当然のように「烏城」って書いてますが、この呼称そんなに浸透しているんでしょうか?

高石垣が立派。敷地が広いので、車もいっぱい停められそうですね。

 

不明門(あかずのもん)を見上げた図。怪談っぽい名前ですが、昔、普段は閉ざされていたことからこの名前が付いたそう。

 

地下に下りる階段がありましたが、下りずに上から写真を撮ることに。(笑)

 

石垣は角度70度にも尖っています。中の段を拡張する際に埋められていたものが発掘調査で見付かったそうです。

 

不明門は明治の廃城後取り壊されたそうですが、昭和41年鉄筋コンクリートで再建されました。

 

そんな不明門を潜ります。

 

土塀の穴は鉄砲や弓を撃つ為というのは知っていましたが、なんで色んな形があるのか調べてみました。

 

ちょっとカワイイあの小窓は、城へ攻めてくる敵を壁の内側から狙い撃ちするために開けられた、「狭間(さま)」というれっきとした軍事設備なのです。狭間は、2種類に大別されます。縦に長い長方形のものは矢を放つための「矢狭間」、このほかのものは鉄砲用の「鉄砲狭間」となります。さらに鉄砲狭間には円形の「丸狭間」、三角形の「鎬狭間(しのぎさま)」、正方形の「箱狭間」の3種類があります。

 

歴史で「桶狭間の戦い」って覚えたから”はざま”と呼びたくなるけど、この場合は”さま”と呼ぶんですね。

 

天守閣の礎石。遺構フェチにはたまりません。(笑)

 

天守閣が見えてきました。鯉のぼりを見て「もうすぐ端午の節句か~」と思い出す。

 

天守閣入城

天守閣に入場しました。GWなので観光客でいっぱい。外国人も多かったです。

天守閣あるあるで、中は博物館になっています。天守閣は第二次世界大戦で焼失し、昭和41年に再建されました。なので2日前に行った備中高松城に比べれば感慨はあまりないです・・・。

 

内部は撮影禁止なので、撮影できたのは窓から城下を眺めた図だけです。

 

今まで見たことのない桃のボートを発見して感動。屋根の金桃との2ショット撮影に成功!!

 

最上階に上がっても気になるのは桃ボートのことばかり!!今度はシャチホコとの撮影に成功。この金ピカシャチホコは、平成8年に築城400年を記念して鯱に金箔を施したそう。

 

最上階からの表の広場側の眺めも撮影しました。奥の茶色い建物が県庁です。

 

内部の展示より桃ボートのことで頭がいっぱいになりながら、天守閣を出ました。

 

見にくいですが、手前の石碑には歴代藩主の家紋が描かれています。

 

お城の東側は防御が弱いので、宇喜多秀家は旭川の流れを変えて本丸の北面~東面を巡らせ、堀の役割を持たせたそうです。月見橋を渡り、次に観光する後楽園を目指します。

 

やっと桃ボートを近くで撮影することに成功。本当は乗りたかったのですが、この後後楽園と夢二郷土美術館に行く予定がるので泣く泣く断念したのでした・・・。(涙)

 

桃ボート特集

そんな桃ボートに未練タラタラな私に朗報が!!

6月に岡山旅行に行く友達に桃ボートを薦めたら、本当に行ってきて撮った写真をくれるというではありませんか!!写真は自由に使っていいとのことで、感謝しかありません。

(ページ冒頭の写真のみ、Twitterのフォロワーさんが提供してくださった写真です。ありがとうございます。)

 

ボート乗り場。スワンに比べて桃は少ないので競争率高そうですね。友人は営業時間前に着いたので余裕だったそうですが、休日のピーク時には1時間待ちになることもあるそうです。

 

「Cafe&Restaurant&Boating 碧水園(へきすいえん)」でチケットを購入します。少々お高めだけど、ここでしかできないどんぶらこ体験はプライスレスだもんね!!

 

桃ボートを後ろから見た図。お尻がドナルドダックみたいで可愛い。

 

出発進行!!背景には岡山城も入ってバッチリです。

 

スワンボートと同じく足で漕ぐタイプ。裸足で痛くなかったのかしら?

 

ピンクとブルーのコントラストがいいですね~。

 

友人が、「金髪カップルがボートに乗ってて映画のワンシーンみたい」と言ってた写真。ここが岡山だとは思えませんね。

 

最後に、友人に桃ボートの感想を聞いてみると、

岡山一番の思い出っす!

と返ってきました!!

みなさんも桃ボートに乗って、忘れられない思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

碧水園HP: https://www.hekisuien.jp/

関連記事

岡山から電車で17分で行ける倉敷も観光にお薦め。時間があれば足を伸ばしてみてくださいね。

【倉敷】必ず行くべき!!絶対外せない観光スポット5選

【倉敷】美観地区ライトアップ 夜の散歩はデートにオススメ

【倉敷】オススメグルメ5選 みそかつ 桃コロッケ ラーメン etc

【クオーレ倉敷】1泊3800円~ 格安なのにオシャレなオススメホテル

終わりに

いかがでしたでしょうか?

岡山城に行ったら、是非旭川の桃ボートに乗ってどんぶらこしてきてくださいね。

さゆりさん

私も次回岡山に行くことがあれば、絶対乗りたいと思います。

次回は、「【岡山後楽園】日本三大庭園の一つ GWはサツキと花菖蒲が見頃」をお送りします。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる