【麒麟がくる第27回】今井宗久より光秀と信長の関係性が気になる回

2020年10月11日、NHK大河の「麒麟がくる」第27回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第27回「宗久の約束」感想

あらすじ

足利義昭は美濃で盛大な歓迎を受けるが戦にまるで興味のない様子。その様子を見た信長は不安に思う。

一方、光秀は上洛にあたり、三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため、京へと向かった。
三好は今井宗久をはじめとする堺の豪商と強固なつながりがあり、その財力が強さになっているという。
京で駒に会った十兵衛は、伊呂波太夫に会わせてもらい、伊呂波太夫から、三好の武器調達をしている今井宗久の名を聞く。

駒はかつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けてきた商人のことを思い出し、光秀を連れ宗久のもとへ向かう。

光秀は宗久に面会すると、三好と手を切る事を頼んだ。

宗久は要求を呑む代わりに、織田方に「京の町に火をかけぬ事」「堺を守る事」という二つの条件を提示した。
またそれを実行する証として、「上洛の際には鎧兜をつけないで欲しい。」とも付け加えた。

織田家でこの話が出ると家臣団は猛反発したが、信長は「この儀は公方様にお伺いして決めよう。」と言い、戦を嫌う義昭の一存で、鎧兜をつけずに京へ入る事が決定した。

義昭の元から離れた後、信長は光秀に問うた。

「そなたは義昭様のお側に仕えるのか?それともわしの家臣となるか?今、それを決めよ。」

光秀はこう返答した。

「私の心は決まっております。将軍のお側に参ります。」

永禄11年9月、織田軍が上洛を阻む近江の六角を攻めると、六角と三好の軍勢はたちまち散り散りとなり、織田軍が勝利した。

こうして、鎧兜をつけない織田軍が足利義昭と共に京へ入った。

今井宗久ってどんな人?

今井宗久は、千利休・津田宗及と共に「天下三宗匠(てんかさんそうしょう)」と呼ばれたすごい茶人だそうな。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
千利休があまりにも有名すぎて、今井宗久をよく知らなかった私・・・。

2020年に堺を観光したけど、地元では千利休と与謝野晶子しか推してなかったし!!(←与謝野晶子は茶人ではありません)

信長に重用され、信長の死後には秀吉にも仕え、御咄衆を務めたそうです。

信長、光秀にフラれる

Sayulistのアイコン画像Sayulist
このシーン、ちょっと信長が可哀想でしたけど痛快でしたね。

義昭様の側に仕えるのか?わしの家臣になるのか?今、それを決めよ。と問いかけた信長。

義昭より自分を選ぶだろう!と自信満々だったのに、

迷うことなく「将軍のお側に参ります。」ときっぱり言い切られちゃいました。

「え・・・。」(心の声)

予想外の返事を聞いて、信長の表情に困惑の色が見えます。

光秀にフラれたショックを表すまいと、一生懸命気持ちを整理する信長さん。

まるで、調子に乗った不良の男子が優等生の女子にフラれてショックを受ける図のように見えてきました。(笑)

のちに光秀は信長の家臣として仕えることになるのですが、何かにつけて虐められるのも、一度フラれたことを根に持たれていたから!?なんて勘ぐってしまったり・・・。(笑)

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第27回の感想でした。

今回クローズアップされた今井宗久より、光秀と信長の関係性が気になってしまう歴女・Sayulistでした!!

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに♥



U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる