【ベトナム フエ グエン朝王宮】グエン王朝の栄華の跡を歩く

今回は、ベトナムの古都フエの史跡巡りより「グエン王朝王宮」をご紹介します。

目次

ベトナム古都フエ グエン朝王宮 体験レポ

ベトナム古都フエとは

ベトナム中部の古都フエは、1802~1945 年にかけてベトナム最後の王朝であるグエン朝の都が置かれた街で宮廷都市として繁栄しました。

グエン朝時代の王宮や歴代皇帝の帝陵からなる「フエの建造物群」は、1993年、ベトナム初の世界遺産に登録されました。

フエ中心部に建つ王宮は有名ですが、郊外にも個性豊かな歴代の帝廟やお寺などが点在しています。

ベトナムは犬をよく見かけましたが、フエの犬も可愛かったです。

フエはベトナム中部の中心都市ダナンから約100km(車で約2時間半)の距離に位置し、ダナン滞在の観光客の日帰り人気スポットとなっています。

ベルトラの世界遺産フエ+史跡巡り+リバークルーズツアーを利用

ダナンからフエまで列車が走っているとは言うものの見るべき観光地は点在しているようで、ベトナム初心者が自力で回るのは困難なので、ツアーを利用して効率よく回ることにしました。

画像

今回のベトナム旅行では、3日間ともベルトラを愛用したのですが、フエの日帰りツアーは、

「ダナン発着 世界遺産フエ+郊外史跡巡り+リバークルーズ ベテランガイド・チュンさん確約プラン(ランチ:フエ名物料理)」

を選びました。

ベテランガイド・チュンさんはこんな人

チュンさんは確約プランが着くだけあって、日本語はネイティブ並みにペラペラ、人柄も爽やか好青年、観光地の説明も細部に渡っており、100点満点のガイドさんでした。

画像

チュンさんの紹介URL:https://colorier.veltra.com/ja/coloriers/vo_van_trung/

フエをしっかり観光したい人は、ベルトラのチュンさん確約プランをオススメします。

グエン朝王宮体験レポ

カイディン帝廟トゥドゥック帝廟、ランチの後は、グエン朝王宮へ行きます。

グエン朝王宮は、北京の紫禁城をモデルに作られ、3/4の大きさで、高さ約7m、周囲約2.5kmの城壁が取り囲んでいます。

その姿は、函館の五稜郭と同じフランス式の星型城郭・・・と言っても横で見ただけではわかりませんが。(汗)

王宮の向かいには、初代ザーロン皇帝が建てた「フラッグ・タワー」がデ~ンと構えています。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
夜はライトアップが綺麗らしいですよ。(見れてないけど)

では、入場する前にこちらの案内図を見て、王宮の建物の配置をイメージしてみてください。

一番下の入口からスタートします。

 

鳳凰をかたどった楼閣を設けた「午門」は王宮の南側に位置し、観光客は正門となる「午門」から入場します。

正午に太陽が真上に昇る南門を正面とするのは、中国の陰陽五行の考え方ですね。

グエン王朝時代、午門は男性専用で、皇后ですら他の門を利用しなければなりませんでした。

午門の2階のバルコニーは「五鳳凰樓」とよばれており、新年の挨拶と科挙の合格発表の時、皇帝が姿を表す場所でした。

皮肉なことに、1945年8月30日に最後の皇帝パオダイ帝が退位(王朝の終わり)を告げたのもここからでした。

 

午門をくぐり、正面に見えるのが太和殿で、皇帝の即位式などに使われた建物です。

ほら、あの屋根の下・・・「麒麟がくる」だよ!!

太和殿の前にありました。

太和殿は1805年に初代ザーロン帝によって建てられ、1833年に2代目ミンマン帝が改修しました。

ベトナム戦争中の1968年、テト攻勢で完全に破壊されてしまいました。その後、1970年に再建されました。

殿の前にある拝庭には官吏が地位の順にならび、その位置に役職(正一品など)がかかれた石碑が置かれています。

 

太和殿を抜けると、向かって左に右廡(武官の詰め所)、右に左廡(文官の詰め所)がありました。

現在の左廡はグエン王朝の展示スペースで、金印のレプリカがあったり。

宮廷の様子がわかる祭りの写真が展示されていました。

ちなみに右廡では、は皇帝の衣装を着て記念撮影ができるそうです。

 

右廡・左廡を過ぎると、皇帝が政務したり居住空間だった「紫禁城」と呼ばれるエリアが広がります。

紫禁城の広さは周囲約1km(東西342m南北308m)で、主要な建物が南北方向に一直線に並んでいましたが、その建物のほとんどは1947年フランス軍との戦争によって焼かれしまいました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
戦争で焼かれた話をした時のチュンさんの、なんとも悲しそうな表情が心に残りました・・・。

ただ、紫禁城エリアを囲んでいる赤い回廊は戦火を逃れ、グエン朝王宮の栄華を偲ばせてくれます。

 

皇帝の書斎棟「太平楼」は1844年に3代皇帝ティエウチー帝によって建てられ、12代皇帝カイディン帝が1919年~1921年に改築しました。

現在の建物は2010〜2015年に修復されたものです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
カイディン帝と聞いて、だから豪華だったんだと合点がいきました。

太平楼では皇帝が作詩、読書をしたので、庭からの眺めも風流なものにしたのかな。

この太鼓橋なんてすごく日本っぽいですよね。

・・・と思ったら中国風の庭もありました。

そういえば、ベトナムでは盆栽をよく見かけました。

 

「閲是堂」は、2代皇帝のミンマン帝の命により1826年に建設されたベトナム最古の劇場です。

皇帝や皇族たち、外国の大使が舞台芸術、特に宮廷雅楽を観賞しました。

ここではユネスコ文化世界無形遺産に指定された王宮舞踊音楽が鑑賞できるとのことですが、別料金と聞いてやめました・・・。

公演は40分間で、午前10時と午後3時の1日2回上演されるそうです。

 

さて、そろそろ王宮観光も終わりに近づいてきました。

この奥の建物は、「金庫だったところ」ってチュンさんが言ってた気がする・・・。

(すみません、だんだん疲れてきて記憶が曖昧になってきました)

でも、わざわざ写真を残しているくらいだから、金庫で合ってると思います!!

ここが華やかで気になったけど、近づく気力もなく遠くから写真を撮っただけ。(汗)

退場は顕仁門(東門)からで、華やかな装飾が目を惹きました。

グエン朝のよもやま話

143年続いたグエン朝でしたが、1945年日本敗戦後に革命が起こり、滅亡しました。

ベトナム戦争で王宮内の建物はほとんど破壊されてしまったので、現在も修復作業が進められています。

多くの戦禍をくぐり抜け、これからまた復興しようとするグエン朝王宮は、往時を偲ばせる懐かしさや美しさ、民衆の崇敬が感じられます。

チュンさんから聞いた印象に残っている話。

・昔皇帝はたくさん子どもを作ったので、王宮の周りには「グエン」姓の子孫たち(現在は一般人)がたくさん暮らしているそうです。

・料理を作るのは皇后の仕事だったので、グエン朝に毒見役はいなかったそうです。
(万が一毒が入っていたら犯人が特定されちゃいますよね。)
皇后なのに毎日料理作らなきゃいけないなんて大変!

・王宮前広場はフエ屈指の夜景スポットで、夜は地元のカップルのデートスポットになっているそうです。

グエン朝王宮 概要

所在地:Trung Tam Bao Ton Di Tich Co Do, Hue、VIETNAM
営業時間:7:00~17:30(雨季は~17:00)
定休日:無休

初フエ観光はベルトラのオプショナルツアーがオススメ

私たちは今回のベトナム旅行について、まずHISの初夢フェアで羽田⇔ダナンの往復航空券とホテルのみのツアーを申し込みました。

ダナン⇔フエ日帰り観光をするのに初めはHISのオプショナルツアーを見ていたのですが、情報が少ないし予約確定に日数がかかる・・・ということで他社でも探してみることにしました。

すると、「ベルトラ」という海外のオプショナルツアー専門サイトに目が留まりました。

ベルトラ 5つの良い点

1.企画内容の種類が多く自分の希望にあったツアーを選べる。

例)朝ダナン発→ミーソン遺跡観光後、昼・夜両方ホイアンに滞在できるプランなど(他社は夜のみホイアンが多い)

2.タイムスケジュールや写真などツアー内容が詳しく載っていてイメージしやすい

3.良い点も悪い点も正直に書かれている口コミがたくさん載っていて信用できる

4.「体験談を書けば2人目無料」などお得な割引がある

5.ネット予約の翌日には予約確定のメールが届き安心

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ベルトラのページは見ればみるほど魅力的だったので、最終的に3日連続でオプショナルツアーを申し込んじゃいました☆

なんかベルトラの回し者みたいになっていますが、実際に利用してみて満足だったので読者の皆さんにもお薦めしている次第です。

ベトナムに限らず、海外のオプショナルツアーを考えている人は、是非ベルトラのサイトを覗いてみてください。

ベルトラのサイトへはこちらから。↓
https://www.veltra.com/jp/

終わりに

以上、フエのグエン朝王宮の体験レポでした。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
中国の紫禁城は行ったことないけど、もし言ったらデジャヴを感じるんでしょうね。(笑)

これから少しづつ王宮の修復が進むことを祈ります。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる