【ベトナム フエ トゥドゥック帝廟】「謙」に込められた皇帝の思い

今回は、ベトナムの古都フエの史跡巡りより「トゥドゥック帝廟」をご紹介します。

目次

ベトナム古都フエ トゥドゥック帝廟 体験レポ

ベトナム古都フエとは

ベトナム中部の古都フエは、1802~1945 年にかけてベトナム最後の王朝であるグエン朝の都が置かれた街で宮廷都市として繁栄しました。

グエン朝時代の王宮や歴代皇帝の帝陵からなる「フエの建造物群」は、1993年、ベトナム初の世界遺産に登録されました。

フエ中心部に建つ王宮は有名ですが、郊外にも個性豊かな歴代の帝廟やお寺などが点在しています。

ベトナムは犬をよく見かけましたが、フエの犬も可愛かったです。

フエはベトナム中部の中心都市ダナンから約100km(車で約2時間半)の距離に位置し、ダナン滞在の観光客の日帰り人気スポットとなっています。

ベルトラの世界遺産フエ+史跡巡り+リバークルーズツアーを利用

ダナンからフエまで列車が走っているとは言うものの見るべき観光地は点在しているようで、ベトナム初心者が自力で回るのは困難なので、ツアーを利用して効率よく回ることにしました。

画像

今回のベトナム旅行では、3日間ともベルトラを愛用したのですが、フエの日帰りツアーは、

「ダナン発着 世界遺産フエ+郊外史跡巡り+リバークルーズ ベテランガイド・チュンさん確約プラン(ランチ:フエ名物料理)」

を選びました。

ベテランガイド・チュンさんはこんな人

チュンさんは確約プランが着くだけあって、日本語はネイティブ並みにペラペラ、人柄も爽やか好青年、観光地の説明も細部に渡っており、100点満点のガイドさんでした。

画像

チュンさんの紹介URL:https://colorier.veltra.com/ja/coloriers/vo_van_trung/

フエをしっかり観光したい人は、ベルトラのチュンさん確約プランをオススメします。

トゥドゥック帝廟体験レポ

フランスの影響受けまくりの豪華なカイディン帝廟を見た後、次は同じグエン朝でも渋めな雰囲気だと言われるトゥドゥック帝廟に向かいました。

関連記事:【ベトナム フエ カイディン帝廟】グエン朝で一番豪華絢爛な帝廟【ベトナム フエ カイディン帝廟】グエン朝で一番豪華絢爛な帝廟

グエン朝第4代皇帝トゥドゥック帝(在位1847~83)の陵墓は、フエ市街から5km離れた広大な松林の中にあります。

皇帝は生前ここを離宮として利用しており、没後に墓所として改築され現在に至ります。

まずは「務謙門」から入場します。

チュンさんによると、トゥドゥック帝はとても謙虚で、この帝廟の全ての門やあらゆる所に「謙」の字が使われているそうです。

入場して初めに目を引くのは、とても大きな蓮池「ルー・キエム」です。

この池を中心に陵墓と寝殿が配置されています。

このようにベトナム戦争の惨禍が生々しく残ったままのところもあります。

塀の上の龍の模様がいかにも中国っぽくて、ベトナムではなく中国に行った気分になります。(中国に行ったことないけど)

この帝廟はもともと別荘、保養所として建てられたので廟としての役割はあまりなく、他の帝廟らと比較して比較的小さいそうです。

「鳴謙堂」では、ここでは皇帝たちが芸術を鑑賞しました。

ドゥドゥック帝やその妻たちが祀られている本殿は、和御殿と言われる形式で建てられているので、どこか日本らしい雰囲気が感じられます。

内部には伝統的な民族衣装を着て記念撮影できるコーナーがあり、観光客に人気なんだとか。

兵馬俑には象さんもいました。

昔は戦車代わりに戦士は象に乗ったそうですよ!!

トゥドゥック帝の功績を称える石碑を収めた建物です。

この石碑も漢文で書かれていますが、「謙」の字がたくさんありました。

トウドゥック帝の墳墓。

ちなみにトゥドゥック帝は、こちらの墓に埋葬されておらず、陵に眠っているそうです。

陵には沢山の金品、装飾品と共に埋葬されているとされていますが、未だにその場所は謎だそうです。

しかも墓荒らしを恐れ、トゥドゥック帝を埋葬した200人の召使いは皆処刑されたとか・・・。(恐)

お墓を見た後は、中心部の池の方に戻りました。

釣りや、涼しさを味わうために建てられた、スンキエム殿。

当時皇帝はここで日向ぼっこをしたり、ボートに乗って釣りに興じていたと言われています。

私たちもスンキエム殿に入って、皇帝の気分を味わってみました。

池の中にはティンキエムという小島があり、皇帝らはそこで狩をしていたようです。

ここから池のボートに降りていくための階段もありました。(写真撮り忘れました)

スンキエム殿から本殿方向を眺めた図。

いい眺めで、ずっとここでボーッとしていたくなります。

スンキエム内部はこんな感じです。

最後、入場とは別の門から出てきました。

名前をチェックし忘れましたが、きっとここにも「謙」の字は付いているのでしょう。

トゥドゥック帝はどんな皇帝だった?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
まず、トゥドゥック帝の治世がどんな時代だったのか説明します。

在位期間35年という歴代最長のトゥドゥック帝ですが、政治面では重要転換期を迎えました。

1787年、グエン朝初代皇帝がフランスと佛安条約を締結して以来フランスとの関係は良好でしたが、2代目の治世となると段々と民衆のフランスへの関心は無くなっていきました。

4代目のトゥドゥック帝が即位する頃には、キリスト教寺院の損壊など民衆の反フランス運動が起こり、それに対しフランスは宣教師の保護と港の割譲などの要求をしてきました。

トゥドゥック帝はそれを拒否したため、1858年フランス・スペイン連合軍はベトナムへの侵攻を開始、劣勢となったグエン朝は1862年には講和条約を受け入れ、多額の賠償金やベトナム南部の割譲等を負うこととなってしまいました。

1883年にトゥドゥック帝は亡くなり、翌年グエン朝は完全にフランスの保護国となりました。

中央に書かれたマークが中華料理店っぽくて、つい写真を撮ってしまいました。(笑)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
チュンさんの話によると、トゥドゥック帝は悲しい皇帝だったそうです。

「謙」という字を使ったのは、在位中の1858年にフランスの植民地化のきっかけとなる侵攻を許してしまったことを恥じて用いられたと言われています。

トゥドゥック帝には109人の正室・側室がいましたが、自身が幼い頃天然痘にかかった影響で実子ができず、それを非常に負い目に感じていたそうです。

正室を大切にし、位牌は正室よりも皇帝の方が小さかったのが印象的でした。

ちなみにトゥドゥック帝の死後は、養子に迎えた甥が即位しました。

トゥドゥック帝廟 概要

所在地:17/69 Lê Ngô Cát, Thủy Xuân, Thành phố Huế, Thừa Thiên Huế, VIETNAM
営業時間:7:00~17:30(雨季は~17:00)
休業日:無休

初フエ観光はベルトラのオプショナルツアーがオススメ

私たちは今回のベトナム旅行について、まずHISの初夢フェアで羽田⇔ダナンの往復航空券とホテルのみのツアーを申し込みました。

ダナン⇔フエ日帰り観光をするのに初めはHISのオプショナルツアーを見ていたのですが、情報が少ないし予約確定に日数がかかる・・・ということで他社でも探してみることにしました。

すると、「ベルトラ」という海外のオプショナルツアー専門サイトに目が留まりました。

ベルトラ 5つの良い点

1.企画内容の種類が多く自分の希望にあったツアーを選べる。

例)朝ダナン発→ミーソン遺跡観光後、昼・夜両方ホイアンに滞在できるプランなど(他社は夜のみホイアンが多い)

2.タイムスケジュールや写真などツアー内容が詳しく載っていてイメージしやすい

3.良い点も悪い点も正直に書かれている口コミがたくさん載っていて信用できる

4.「体験談を書けば2人目無料」などお得な割引がある

5.ネット予約の翌日には予約確定のメールが届き安心

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ベルトラのページは見ればみるほど魅力的だったので、最終的に3日連続でオプショナルツアーを申し込んじゃいました☆

なんかベルトラの回し者みたいになっていますが、実際に利用してみて満足だったので読者の皆さんにもお薦めしている次第です。

ベトナムに限らず、海外のオプショナルツアーを考えている人は、是非ベルトラのサイトを覗いてみてください。

ベルトラのサイトへはこちらから。↓
https://www.veltra.com/jp/

終わりに

以上、トゥドゥック帝廟の体験レポでした。

派手なカイディン帝廟に行った後だったので、それぞれの皇帝の性格が霊廟のセンスに現れていて興味深かったです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
フエに来たら最低二つ以上は帝廟を回って比較してみるのもいいですね。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる