【ベトナム フエ カイディン帝廟】グエン朝で一番豪華絢爛な帝廟

今回は、ベトナムの古都フエの史跡巡りより「カイディン帝廟」をご紹介します。

目次

ベトナム古都フエ カイディン帝廟 体験レポ

ベトナム古都フエとは

ベトナム中部の古都フエは、1802~1945 年にかけてベトナム最後の王朝であるグエン朝の都が置かれた街で宮廷都市として繁栄しました。

グエン朝時代の王宮や歴代皇帝の帝陵からなる「フエの建造物群」は、1993年、ベトナム初の世界遺産に登録されました。

フエ中心部に建つ王宮は有名ですが、郊外にも個性豊かな歴代の帝廟やお寺などが点在しています。

ベトナムは犬をよく見かけましたが、フエの犬も可愛かったです。

フエはベトナム中部の中心都市ダナンから約100km(車で約2時間半)の距離に位置し、ダナン滞在の観光客の日帰り人気スポットとなっています。

ベルトラの世界遺産フエ+史跡巡り+リバークルーズツアーを利用

ダナンからフエまで列車が走っているとは言うものの見るべき観光地は点在しているようで、ベトナム初心者が自力で回るのは困難なので、ツアーを利用して効率よく回ることにしました。

画像

今回のベトナム旅行では、3日間ともベルトラを愛用したのですが、フエの日帰りツアーは、

「ダナン発着 世界遺産フエ+郊外史跡巡り+リバークルーズ ベテランガイド・チュンさん確約プラン(ランチ:フエ名物料理)」

を選びました。

ベテランガイド・チュンさんはこんな人

チュンさんは確約プランが着くだけあって、日本語はネイティブ並みにペラペラ、人柄も爽やか好青年、観光地の説明も細部に渡っており、100点満点のガイドさんでした。

画像

チュンさんの紹介URL:https://colorier.veltra.com/ja/coloriers/vo_van_trung/

フエをしっかり観光したい人は、ベルトラのチュンさん確約プランをオススメします。

豪華!!カイディン帝廟体験レポ

7:30にドライバーがホテルに迎えに来てダナンを出発、一路フエへ向かいました。

今回のツアー参加は私たち2人だけで、車の中では半分以上寝ていました。

フエに着くとガイドのチュンさんが合流しました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
その日本語の流暢さに、昨日のガイドさんより日本語上手いな、さすがだな~と感心しました。

一番初めに訪れたのは、フエ市街から10km離れた場所に建つ第12代皇帝カイディン帝廟。

歴代のグエン朝は中国に倣っていましたが、最後から2番目の皇帝・カイディン帝廟は西洋風なのが特徴です。

フランス植民地時代に即位したカイディン帝は元々フランス寄りでしたが、1922年開催のマルセイユ殖民博覧会に出席してからはさらにその傾向が強くなり、自身の廟をバロック様式で建設するよう命じました。

そうして1920年からカイディン帝の死後6年が経過した1931年まで、11年という歳月をかけて造られたのでした。

画像

入口の門の柵の模様が西洋風なのが分かりますね。

フランスから輸入した高価な鉄筋コンクリート製ですが、手すりの部分は龍があしらわれていて、西洋風と中国風が混じっています。

チュンさん曰く、3つの門があるのは、中心は王様用、右は文官用、左は武官用の入口と決まっているからだそうです。

現在真ん中の門は閉ざされていて、観光客がは右から入場、左から退場という風になっていました。

画像

入口を入ると広場になっていて、さらに次の石段が待っています。

画像

第二の石段を登りきると、カイディン皇帝の業績を称えた石碑を納める石堂が現れました。

画像

1945年までベトナムの公文書は漢文でした。

カイディン皇帝の時代はフランスに支配されていてたので、彼は傀儡に過ぎなかったのですが、どんなことが刻まれていたのか・・・。

画像

石堂の前には、皇帝の魂を守る文官や武官、馬や象が並び、2つの塔がそびえています。

柱には中国文化の王の象徴である龍が力強くあしらわれています。

画像

石堂の奥に第三の石段があり、これを登るとこの帝廟のメインである啓成殿が見えてきます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
実は私、ガイドブックでカイディン帝廟の内部の写真を見て一目惚れしていたので、

ここに来るのをすごく楽しみにしていました。

ドキドキワクワクしながら啓成殿に入場。(中では脱帽とのこと)

画像

この和洋折衷というかなんというか、色んな文化がごっちゃまぜになった独特のデザイン、めちゃくちゃ気に入りました。

建築物は、バロック様式だけでなく、キリスト教寺院、仏教寺院、ヒンドゥー教寺院などの特色が見られます。

画像

壁の装飾は、外国から集めた磁器やガラスを割った破片を貼り付けて作ったそう。

画像

木の幹や枝の部分は日本のビール瓶が使われており、サクラビールの「SAKURA」の文字が見えるのなんて、日本人観光客の関心を誘います。

画像

天井は一面に龍が描かれていて、日本のお寺を彷彿とさせますね。

画像

チュンさんに確認すると、祭壇の写真もOKとのことなので撮影しました。

正面の写真がカイディン帝です。

置かれている物が、日本の仏壇の具足と似ている気がしますね。

「やっぱり中国をお手本としているところは日本と一緒なんだな~。」と親近感が沸くことが、日本人にとってベトナムの魅力の一つだと思いました。

祭壇の奥に部屋があるとのことで入ってみました。

画像

まぁこの奥の部屋が「贅の限りを尽くした」という言葉がピッタリの空間でした。

躍動的な龍の絵と、豪華絢爛な天蓋が天井を彩り、壁面は色とりどりのガラスと陶器の破片で埋め尽くされています。

装飾は龍や鳥など様々な動植物がモチーフとなっていて、見ていて飽きません。

中央には金箔が貼られたカイディン帝の銅像が置かれ、像の約9m下に皇帝の遺体が安置されているとのことです。

カイディン帝は、死後もこんなきらびやかな世界に居続けたかったのでしょうか・・・。

ちなみに、皇帝の遺体が納められている廟はここだけで、他の廟には遺体がなく、どこに埋葬されているのかは不明なのだそうです。

画像

帰り道、廟から入口方面を見下ろした風景。

左に見える塔はイスラム寺院のミナレットなんですが、森の中に様々な文化の建築物が林立していて、自分がどこにいるのか忘れてしまいそうなカオスぶりが気に入りました。

カイディン帝は、どんな皇帝だった?

画像

出口付近の部屋に、カイディン帝の写真がいくつか飾られていました。

カイディン帝のファッションからも、西洋の文化が大好きだったのがよくわかります。(化粧もしています)

チュンさんが教えてくれた情報では、カイディン帝は同性愛者で周りにはお気に入りの家臣たちを置いたそうです。

ただ、皇帝ということで後継ぎは必要なため男子はなんとか一人残しました。

このカイディン帝廟建設のために税金が20%も上げられ、フランス統治に不満を持っていた国民にとって、カイディン帝は「フランスの保護下で贅沢な暮らしをしている傀儡王」として嫌われていました。

今でも国民の評判は歴代皇帝の中で最下位とのことですが、観光スポットとしてのカイディン帝陵はフエでもトップクラスの人気なので、皮肉なものですね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
観光客が落とす金で、フエの人々の生活が豊かになることを祈ります。

~グエン朝は中国をお手本にした~

グエン朝は中国に朝貢を行って形式上従属しましたが、国内や周辺の諸民族・諸国に対しては皇帝を称し、独自の年号を使用していていました。

先述した通り公文書は漢文ですし、科挙制度もあったと聞くと本当に中国の王朝みたいだな~と思いますよね。

ただ、中国と違う点は、グエン朝では宦官を置かなかったそうです。

 カイディン帝廟 概要

所在地:Khải Định, Thủy Bằng, Hương Thủy, Thừa Thiên Huế 530000,Vietnam
営業時間:7:00~17:30(雨季は~17:00)

初フエ観光はベルトラのオプショナルツアーがオススメ

私たちは今回のベトナム旅行について、まずHISの初夢フェアで羽田⇔ダナンの往復航空券とホテルのみのツアーを申し込みました。

ダナン⇔フエ日帰り観光をするのに初めはHISのオプショナルツアーを見ていたのですが、情報が少ないし予約確定に日数がかかる・・・ということで他社でも探してみることにしました。

すると、「ベルトラ」という海外のオプショナルツアー専門サイトに目が留まりました。

ベルトラ 5つの良い点

1.企画内容の種類が多く自分の希望にあったツアーを選べる。

例)朝ダナン発→ミーソン遺跡観光後、昼・夜両方ホイアンに滞在できるプランなど(他社は夜のみホイアンが多い)

2.タイムスケジュールや写真などツアー内容が詳しく載っていてイメージしやすい

3.良い点も悪い点も正直に書かれている口コミがたくさん載っていて信用できる

4.「体験談を書けば2人目無料」などお得な割引がある

5.ネット予約の翌日には予約確定のメールが届き安心

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ベルトラのページは見ればみるほど魅力的だったので、最終的に3日連続でオプショナルツアーを申し込んじゃいました☆

なんかベルトラの回し者みたいになっていますが、実際に利用してみて満足だったので読者の皆さんにもお薦めしている次第です。

ベトナムに限らず、海外のオプショナルツアーを考えている人は、是非ベルトラのサイトを覗いてみてください。

ベルトラのサイトへはこちらから。↓
https://www.veltra.com/jp/

終わりに

以上、フエのカイディン帝廟の体験レポでした。

ガイドブックで一目惚れしたところに行けて本当に嬉しかったです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
カイディン帝廟は、「フエに来たら必ず行ってほしいオススメスポット・No.1」です。

次回は、トゥドゥック帝廟を訪れます。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる