【YOSHIKI】コロナ対策の発言・活動・寄付まとめ その理由

2020年、世界中を恐怖に陥れている新型コロナウィルス感染症(COVID-19)。(※以下、”コロナ”と略称で記述)

そんな中、現在ロサンゼルス在住のX JAPANのリーダー・YOSHIKIが、日本の人々に向けてコロナの恐ろしさ、外出を自粛するよう必死に訴えています。

また、慈善活動の一環として、様々な機関に多額の寄付も行っています。

普段X JAPANの音楽を聴かない人、YOSHIKIをそんなに知らない人も、最近彼のニュースを目にする機会は多いのではないでしょうか?

この度のコロナ問題において、今までYOSHIKIがどんな発言や行動をしてきたのか、どうしてそこまで積極的に活動をするのか、その優しさの理由は・・・などについて、X JAPANファン歴20年以上の筆者がまとめてみました。

目次

【YOSHIKI コロナ対策】発言・活動・寄付などのまとめ

筆者とYOSHIKIとの関わり

Sayulistのアイコン画像Sayulist
初めに少しだけ、筆者のX JAPANのファン歴、YOSHIKIをどれくらい愛しているかについての紹介をさせてください。

私は1979年生まれのアラフォー女性ですが、中学生の時にX JAPANファンになってから、ずっと応援しています。

1994年の「白い夜」からライブは大体参加していますし、hideファンなので葬儀の献花式、お墓参り実家訪問、L.A.の自宅も見に行ったりしました。

現在は、LINEオープンチャット・X JAPANのファンコミュ「運命共同体」の副管理人を務めています。

TwitterでXJAPANへの愛を発信し続けた結果、2020年2月、YOSHIKIご本人にフォローされるという奇跡を体験しました。

私はそれくらいX JAPANの大ファンで、YOSHIKI個人も応援しています。

当記事を書こうと思ったきっかけ

2020年、コロナ流行のニュースが流れだすと、L.A.在住のYOSHIKIが、日本の人々に注意喚起を呼びかけるようになりました。

その発言は毎回ニュースでも取り上げられるようになり、私たちファンだけでなく、一般の人々にも注目されるようになっています。

YOSHIKIは日本にいるファンのことを心配しすぎて、食事も喉を通らず体重が7kgも減ったそうです。

法律的にロックダウンが不可能な日本国民よりも、現在外出禁止令中のL.A.に住むYOSHIKIの方が、コロナへの危機感を切実に感じているのは間違いありません。

だからこそ、まだ平和ボケ状態から抜け切れていない私たちに、警鐘を鳴らし続けているのではないでしょうか?

YOSHIKIのそのような動きを追い続けているうちに、私は「X JAPANファンとして、ささやかながらもYOSHIKIの想いを伝えるお手伝いはできないか?」と思うようになってきました。

そして、「『YOSHIKIのコロナに関する発言や寄付などの活動をまとめた記事』を書こう」と思い立ちました。

この記事を読んだ方が、コロナの恐ろしさ、外出自粛の大切さ・・・そして”YOSHIKIの日本の人々を心配する気持ち”を知って、今後の自分の行動について考えていただくきっかけになればと思います。

当記事は、2020年3月29日~4月25日までのYOSHIKI公式Twitterでの発言を追い、項目別に時系列で紹介したものです。

ライブ等イベント自粛を呼びかける発言

まず一番初めに、YOSHIKIがコロナに関する発言で注目を集めたのは、「2/29・3/1に東京事変が予定通りライブを決行した」ことに対しての、コメントではないでしょうか?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
実は私も2/29の東京事変のライブに行っていた人間なので、この言葉を見て複雑な気持ちになりました・・・。

コロナ流行が本格化し日本のアーティストがライブを続々と中止を発表する中、2/29・3/1のライブを決行した東京事変はバッシングを受けました。

その報道を見たからかどうかはわかりませんが、YOSHIKIは数日後にこんな発言をしています。

「戦っているのは、対人じゃ無くて、対ウイルス。」

・・・この言葉に、YOSHIKIの人を思いやる気持ちや、「どんな状況でも正しい言葉で説明できる冷静さ」を感じて、すごいなと思いました。

 

Sayulistのアイコン画像Sayulist
YOSHIKIは自身もコンサートを興行するアーティストとして、こんな発言もしています。

↑無観客だとしても、イベントをやること自体、アーティストやスタッフを感染の危険に晒すことになりかねないですよね・・・。

 

下記の発言は、「 業界を敵に回してしまう可能性があるのでやめたほうがいい」とマネージメントに止められたそうですが、それを覚悟した上で公表したそうです。

↑「コンサート中止による音楽業界の経済落ち込み」の問題対策として、YOSHIKIは音楽関係者支援として多額の寄付を行っています。(※詳細は「寄付」の項目で後述)

 

Sayulistのアイコン画像Sayulist
3月25日のこの言葉、かなり重く胸に響きました・・・。

YOSHIKIのこの言葉を聞いて、「今はライブは我慢する時期だ。生きてさえいれば、ライブはいつでも行ける。」と強く思いました。

ノーベル賞受賞の山中教授と対談

3/11、自身の”YOSHIKIチャンネル”にて山中伸弥 教授(ノーベル生理学・医学賞受賞)と、コロナについての対談を放送しました。

TVを付けるとたくさんの医師や専門家と名乗る方がコロナについて発言していますが、ノーベル生理学・医学賞受賞者である山中教授の説明はとても説得力がありますよね。
(※教授ご本人は「僕は、感染症や公衆衛生の専門家ではありませんが、一人の医学者として」と前置きされていますが・・・)

早めのタイミングで山中教授との対談を企画したこと、また彼を招聘できるYOSHIKIの人脈はすごいなと思いました。

当チャンネルは通常は有料放送ですが、今回は重要情報のため全編無料で放送され、現在もyoutubeでどなたも閲覧できることができます。(英訳字幕付き)

このことからも、「少しでも多くの人にこの対談を見てほしい」という、YOSHIKIの強い思いが伝わってきますね。

 

Sayulistのアイコン画像Sayulist
動画全編(50:09)は以下にありますので、是非ご覧ください。

2人が親交を持つようになったのは、「8年ぐらい前(2012年)、京都の蕎麦屋さんで共通の知人を交えて会ったのがきっかけ」だそうです。

※この対談は、2020年3月11日配信のものです。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する最新の情報は、厚生労働省ホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/index.html

 

また、YOSHIKIは自身のTwitterで山中教授のホームページを紹介しています。

より詳しく山中教授の見解を知りたい方は、こちらを参考にしてください。

YOSHIKIがコロナ対策で取った行動

3月16日、ロサンゼルス市長による行政命令を、日本人のために和訳したものをTwitter上で教えてくれています。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
YOSHIKIは多忙な人なのに、在留邦人のために翻訳までしてくれるなんて、とても親切ですよね。

 

3/20にアメリカで渡航禁止令、またカルファルニア州で外出禁止令が出たことにより、YOSHIKIは全ての仕事をキャンセルしたことを表明。

 

「医療機関にいる友人から避難を勧められたが、人々に迷惑をかけないようにL.A.を留まることにした」と発表。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
こんな状況下でも自分のことより他人を思いやれる、YOSHIKIの正義感の強さが伝わってきます。

 

U2のボノ、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム、ジェニファー・ハドソンとのコラボ曲「#SING4LIFE」に、ピアニストとして参加しました。

「#SING4LIFE」

ボノが書いた楽曲をベースに、四者のネットを介したやりとりで作り上げられたという作品で、ボノ、ウィル、ジェニファーが歌唱、YOSHIKIがピアノを担当している。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止措置のため外出できないイタリア人たちが歌い合う姿に感銘を受けてこの曲を書いたというボノは、Instagramに自身の歌唱映像をアップし、その後、ウィルにコラボレーションを提案。
彼の思いに共感したウィルが旧知の仲で共通の友人でもあるYOSHIKIに声をかけ、そこにジェニファーも加わり、夢のコラボレーションが実現することとなった。

 

世界中でもその行動が注目されているYOSHIKIはイギリスのBBC TVにも取り上げられ、自宅から中継という形で生出演しました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
私は、このYOSHIKIの心からの「日本ファンのことが心配」という発言に心を動かされ、泣いてしまいました。

 

ファンがオシャレ感覚を持明るい気持ちでマスクをしてもらえるよう、自身のブランド「YOSHIKIMONO」でマスクのデザインを考案中だそうです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
発売前から、ファンの評判は上々のようですね。

 

今までTwitterやインスタグラムはしてもブログはやったことのなかったYOSHIKIが、「現在、日本にいて困っている外国の方、また、海外にいて困っている日本人の方々の役に立てば」という思いから、amebaブログで「YOSHIKIの英会話レッスン」を始めました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「自宅にいてもやることがない」という人も、YOSHIKIの英会話レッスンなら、チャレンジする気になるのではないでしょうか?

YOSHIKIがコロナ対策で行った寄付活動

YOSHIKIは以前からチャリティー活動に熱心で、この2020年3月以降だけでもコロナ対策として関係各所に多額の寄付を行っています。

また、「『善行を隠すことが美徳』という日本の考え方だと、寄付をする人が増えない」という思いから、売名行為というバッシングをもろともせず、YOSHIKIは自身の寄付活動を毎回公表しています。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
彼自身の発言や行動を見れば、それが売名行為でないことは明らかです。

当項目では、Twitter上で公表されたYOSHIKIの寄付活動をまとめたいと思います。

 

アメリカの食料購入費に2万4000ドル寄付

YOSHIKIは日本だけではなく、現在自分が住んでいるアメリカへの慈善活動もしっかり行っています。

YOSHIKIのこの行動は、我々日本人の誇りです。

 

音楽関係者支援へ10万ドル寄付

ライブを中止にすろと多額の負債を抱えることは、アーティストであるYOSHIKI本人が一番よくわかっているはずです。

彼は、コロナによって経済的打撃を受けている音楽関係者のために10万ドルの寄付を行いました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
日本政府も、いつかはこういった支援をしてくれるのでしょうか・・・。

 

“COVID-19救済基金”に1000万円寄付

”COVID-19基金”は、世界保健機関(WHO)によるもので、この基金についての賛同者は多く、4/11現在10億円にまで広がっているそうです。

【WHOの”COVID-19連帯対応基金”とは】

当基金は、各国がCOVID-19のパンデミックの予防、発見、対応を行うことができるよう支援するための世界的な取り組みを直接的に支援するものです。


基金は、最前線の医療従事者が必要不可欠な物資を入手できるようにすること、国がウイルス流行の追跡や実態解明をできるようにすること、患者が必要とする治療を受けられるようにすること、感染を予防し、最新の科学に基づく感染予防情報にアクセスできるようにすること、救命ワクチン、診断および処置を加速させることなど、WHOの当面の世界的な取り組みの支援として活用されます。

 

国立医療研究センターに1000万円寄付

医療機関への寄付もすごく大事ですよね。

YOSHIKIの寄付で、一人でも多くの方の命を救えますように・・・。

「YOSHIKIに賛同した歌手の浜崎あゆみさんも、国立国際医療研究センターに1000万円の寄付をした。」というニュースを見ました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
このように有名人が寄付を表明することで周りが影響を受け、支援の輪が増えていくのはとてもいいことだと思いました。

YOSHIKIがみんなに伝えたい想い

YOSHIKIは自身が10歳の時にお父さんを、1998年にhide、2011年にはTAIJIという2人のXのメンバーを亡くす・・・という経験をしています。

大事な人を突然の死で失う・・・そんな悲しみを何度も経験したYOSHIKIは、命の大切さと儚さ、周囲の人への優しさを人一倍知っている人です。

↑,YOSHIKIの数奇な生涯を描いたドキュメンタリー映画「WE ARE X」は必見です。

 

YOSHIKIは「ファンのみんなに生かされている」「ファンは家族だ」と何度も発言しています。

だから、スタッフなどが止める中、自身がバッシングされるのも厭わず、私たちにコロナへの注意喚起を呼びかけ続けているのでしょう。

最近では「コロナ疲れ」などという言葉も出てきて、生活や健康の不安など、いつ終息するかわからないコロナに対して、みなさんにかなりのストレスがかかっていることと思います。

「気晴らしに出かけたい」「娯楽を求めたい」「友達と会いたい」・・・そんな気持ちが出てくるのは、わからないでもありません。

しかし、今が踏ん張り時です。

YOSHIKIが言っているこの言葉を胸に、”STAY HOME”で、ネットなどを上手く使って気分転換しませんか?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
私も初めはG.W.に旅行に行くつもりでしたが、YOSHIKIの発言を重く受け止め、”STAY HOME”することにしました。

YOSHIKIはこんな言葉を残しています。

明けない夜はない

止まない雨はない

みなさんもYOSHIKIの想いを理解し、外出自粛を徹底して、コロナが終息するのを静かに待ちましょう。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
最後までありがとうございました。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる