【LINEオープンチャット】X JAPANファンコミュ運命共同体

LINEオープンチャット「X JAPANファンコミュ運命共同体」が発足しました!!

目次

LINEオープンチャット「X JAPANファンコミュ運命共同体」参加者募集

LINEオープンチャットとは?

LINEオープンチャットの中でもアーティストのファンコミュはどんどん誕生していますが、長年ファンから愛されるX JAPANファンコミュ運命共同体を紹介します。

LINEオープンチャットは身バレせずに自分のアイコンやハンドルネームも部屋毎に設定して使うことができます。

さゆりさん
X JAPAN愛を熱く語りたい、情報交換したいという方は是非ご参加ください。

X JAPANファンにオススメ

LINEオープンチャットのコミュニティ「X JAPANファンコミュ運命共同体」は、こんな方におすすめのチャットです。

1.X JAPANを愛している
2.X JAPANを盛り上げたい
3.X JAPAN仲間とつながりたい
4.X JAPANのイベント情報やライブ情報などを共有したい
5.オープンチャットを使ってみたい
6.XJAPANをオプチャで語りたい

画像

LINEオープンチャットで運命共同体の輪を広げていきましょう!!

参加方法

LINEオープンチャット「X JAPANファンコミュ 運命共同体」への参加方法です。
1.ルール(下記)をまずは読んでください
2.下に参加用の画像があるので、
・スマホで見てる人→「LINEで開く」ボタンをクリック
・PCで見てる人→QRコードをスマホで読み取る
3.参加したら、まずはご挨拶からお願いします。

LINEオープンチャットに参加できない時の対処法

1.LINEを最新バージョンに更新
2.右上にあるLINEオープンチャットボタンをクリック
3.「OPEN CHATを始める」を押す
4.「WEBからLINEオープンチャットをオンにする」をクリックする

参加ルール

LINEオープンチャット「X JAPANファンコミュ運命共同体」のルールです。
1.ビジネス勧誘禁止
2.人が嫌がる行為禁止
3.喧嘩禁止
4.マウント取るのも禁止
5.運命共同体の仲間同士仲良くしましょう!

さゆりさん
平和に盛り上げていきたいので、よろしくお願いします。

画像

LINEオープンチャットの基本的なシステム・特徴

最後に、LINEオープンチャットについての基本的な特徴について説明します。

LINEオープンチャットのシステム・特徴
1、管理人という立場がある(共同管理者も設定できる)
2、ハンドルネームを使える=身バレ防止可能
3、3種類ある
・オープン型=誰でも参加可能
・承認型=管理人が承認した人が参加できる
・コード型=コードを読み込むと参加できる
4、トークルーム毎にプロフィールやアイコンの設定可能
5、LINEで繋がっていない人も参加できる(オープンチャットでは個人間のやり取りはできません)
6、ひとグループ5,000人参加できる(500人くらいが限度だと思います)
7、mixiやFBのコミュニティに近い規模とスタイル
8、途中参加でも参加前のログが見られる
9、ルーム毎にパスワードで保護などできるので他者が改ざんできないようにできる
10、先行配信が2019年8月よりスタート

画像

関連記事

X JAPAN

中学生だった私がXと出会い、ファンになったエピソード

Xのお宝映像 元気が出るテレビ出演 伝説のやしろ食堂ライブ

田舎者JK X JAPANライブ初参戦 すったもんだ上京物語

hide

【hide聖地巡り2017 前編】三浦霊園 hideの実家

【hide聖地巡り2017 後編】横須賀 ドブ板通り

【原宿 レモネードショップ 】hide着用の衣装展示中 期間は?

【hideの母が語る7つのマル秘エピソード】hideの実家訪問編

終わりに

いかがでしたでしょうか? LINEオープンチャットに興味持っていただけましたか?

さゆりさん
「X JAPANファンコミュ 運命共同体」へのご参加、お待ちしております。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる