【麒麟がくる第32回】駒のめざましい出世ぶりを目の当たりにした回

2020年11月15日、NHK大河の「麒麟がくる」第32回が放送されました。

画像

Sayulistのアイコン画像Sayulist
当記事では、おおまかなあらすじと、歴女&イイ男研究家の視点で感想を書いていきます。
目次

麒麟がくる 第32回「反撃の二百挺挺(ちょう)」あらすじ&感想

あらすじ

命からがら京に戻った光秀(長谷川博己)。
美濃からやってきた熙子(木村文乃)や娘たちとつかの間のひとときを過ごす。
戦で失った鉄砲を調達すべく、木下藤吉郎(佐々木蔵之介)と訪れた堺で、光秀は丸薬の商いで成功した駒(門脇 麦)と出会う。
さらに松永久秀(吉田鋼太郎)と大和で争う筒井順慶(駿河太郎)と知り合い、駒の助けを得て大量の鉄砲の調達に成功する。
手に入れた鉄砲で再び戦に出る信長(染谷将太)だったが、摂津での戦いで一向宗徒や三好の残党勢力に苦戦。
さらに背後から朝倉・浅井の軍勢が迫り、再び四面楚歌に陥る。

駒がいつの間にか大物になっていた!!

初めは東庵の助手に過ぎない、一市民の駒でしたが・・・。

丸薬の成功で財を築き、将軍義昭の寵愛を受け、富も権力も一気に手に入れ、いつの間にやら只者ではない女性になってました。

茶会のメンバー表に駒の名前があってビックリ!!

光秀が筒井順慶に鉄砲二百挺を織田方に融通するよう頼んだ際にも・・・

「私からもお願いいたします。信長様の戦は、公方様の戦でもあります。」

将軍の使者さながら堂々と発言する姿にも、またまた驚きました。

結果的に筒井順慶は義昭会いたさにその要求を聞き入れ、そのことからも駒の大物ぶりが窺えます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
駒ちゃんは顔つきもしっかりしてきて、すっかり大人の女性になりましたね。

これから彼女がどのような運命を辿るのか気になります。

筒井順慶はどんな人物?

筒井順慶は「大和の戦国大名」というイメージしかなかったので、調べてみました。

順慶は、大和の国を巡って常に松永久秀と争っているイメージ。

お互い信長に臣従することで表面上仲良くしていた時期もありましたが、松永が信長に反旗を翻した時は信長の命令で信貴山城を攻め、久秀を滅ぼしました。

久秀自害後は、その遺骸を回収し達磨寺に手厚く葬ったとされていて、仇敵であってもちゃんと供養するのはやっぱりお坊さんだからなのかな?なんて思ってしまいました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「麒麟がくる」で順慶を演じたのは駿河太郎さんで、あの笑福亭鶴瓶さんの息子さんです。

2011年朝ドラ『カーネーション』でヒロイン・小原糸子(尾野真千子=伊呂波太夫だ!!)の夫役を演じて話題を呼びましたよね。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
すごくいい演技をされてたので、出番が楽しみです。

ブツダがブツダを背負ってる!!

今回一番インパクトがあったのは、信長が仏像を背負っているシーンです。

一瞬、赤ちゃんをおぶってるのかと思った。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
なんとシュールな絵でしょうか・・・。

ところで、信長演じる染谷くんが実写ドラマ「聖☆おにいさん」でブッダを演じていたことをご存じですか?

Sayulistのアイコン画像Sayulist
私も見たことありますが、まったりとした空気感がなんともいえないドラマでした。

このドラマをネタにして、

「ブッダがブッダを背負ってる(笑)」

「ブッダがブッダをおんぶしてるわけねwww」

「ブッダが仏像を背負うって狙ってるのかw」

「仏を背負う染谷信長がシュールやわ。だってブッダだから」

などと、SNSで盛り上がっていたそうです。

この仏像おんぶシーンを演じていた時、染谷くんの脳裏に「聖☆お兄さん」のことはよぎったのでしょうか!?(笑)

「麒麟がくる」を見逃した方は

「麒麟がくる」を見逃した!!という方に朗報です。

動画配信サービスのU-NEXTを試してみてはいかがでしょうか?

動画配信サービスとは、スマホやパソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

U-NEXTはウィルス感染の危険性がある違法サイトではなく、安心・安全に高画質で視聴できる動画配信サービスです。

31日間お試し無料で、今なら登録するだけで、600ポイントもらえます!!

新作のドラマや放映中の番組は課金が必要ですが、その料金をこの600ポイントで賄えます。

また上記の期間限定の600ポイントとは別に毎月1200ポイントのチャージもあるので、次月からの使用料1990円の中から毎月1200ポイントを差し引き、実質790円の支払いで契約を続けることができます。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
↑興味を持った方は、こちらのバナーから見てくださいね。

終わりに

以上、「麒麟がくる」第32回のあらすじ&感想でした。

お駒ちゃんなど、オリジナルメンバーと他の登場人物との絡みを見るのも、だんだん楽しくなってきました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
次回もお楽しみに☆



U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○エコバック ○プロジェクター 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

LINE公式アカウント▶https://lin.ee/opw3z4H note▶https://note.com/sayulist

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる