【宮崎】高千穂 天岩戸神社 天照大御神がまぶしすぎて・・・

2019 12/05

東京からはるばる”天孫降臨の地・高千穂”へやって来た私たち夫婦。

当記事では、次に向かった「天岩戸神社(あまのいわと)神社」をご紹介します。

さゆりさん

2019年10月26日に行った時の記事です。

目次

高千穂  天岩戸(あまのいわと)神社

『るるぶ宮崎高千穂’20』に「5大パワースポット」として紹介されていたのが、高千穂神社槵触神社荒立神社、天岩戸神社、天安河原。

既に初めの3つの神社は行ったので、残るは天岩戸神社と天安河原のみ。

しかもこの2つのパワースポットは近くにあるというので、まとめて行ってきました。

↑今回の旅で大活躍した『るるぶ宮崎高千穂’20』

歴史

『古事記』『日本書紀』に記されている「天岩戸伝説」を伝える神社。

天照大御神が隠れたとされる洞窟「天岩戸」を御神体とする西本宮、そこから徒歩15分の場所にある天照大御神を祀る東本宮があり、いずれも神秘的な雰囲気に包まれています。

さゆりさん

東本宮に行くの忘れてた!

これはまた高千穂に行けってことですね・・・。(汗)

「天岩戸伝説」を簡単に説明

私は、自分が七五三の時に神社でもらった日本神話の絵本で「天の岩戸伝説」を知りました。

一方、一緒に来た夫は日本の神話についてまったく知りませんでした。

さゆりさん

・・・それだと高千穂に来ても楽しめないよね。(汗)

 

高千穂に着いた日、高千穂牛レストラン和(なごみ)でランチを食べた後、

画像

隣にあった土産屋でたまたま日本神話の絵本を見つけたので、天岩戸伝説のページを夫に見せながら「今日はここの舞台となった場所に行くんだよ」と説明しました。

↑絵本イメージ。

という訳で、夫にも話した簡単な「天岩戸伝説」の説明を、ここにも書いてみたいと思います。

①ヤンチャな弟・素盞嗚尊(スサノオノミコト)の乱暴が過ぎたので、お姉さんの天照大御神は怒って洞窟(=天岩戸)に隠れてしまいました。

②太陽の神様である天照大御神が隠れてしまったので世の中は真っ暗になりました。すると、食べ物が育たなくなったり病気になったりと大変なことが次々と起こり、みんなとても困りました。

③八百万の神々は「このままではいけない。」と天安河原で話し合いを行いました。

画像

④そこで、天照大神の隠れる天岩戸の前でドンチャン騒ぎをして、天照大御神を誘い出すことにしました。

画像

天鈿女命(アメノウズメノミコト)がストリップダンスをしたら(←これ絶対話題になるので言う)、神々がドッと盛り上がりました。

それを聞いた天照大御神が気になって天岩戸から少し覗くと、岩戸の陰で待ち構えていた手力雄命(タヂカラオノミコト)が岩戸に手をかけ渾身の力を込めて開け放ち、天照大神を完全に岩屋から出しました。

画像

⑤天照大御神が表に出てきたことで、再び世の中が明るくなり、平和な時代に戻ったそうです

めでたしめでたし。

体験記

槵触神社から車を走らせること約20分。

ナビのお蔭で難なく天岩戸神社の駐車場に着きました。

天岩戸神社の駐車場は広々としているので安心ですね。

ここも高千穂を代表する駐車場のようで、観光バスもたくさん停まってます。

画像

駐車場に立つ手力雄命像

ふと前を見ると、天岩戸を開けて放り投げた手力雄命像がお出迎え。いかついですね~。

 

鳥居の手前に休憩所があるのですが、天岩戸案内ツアーの貼り紙がしてあり、集合場所がここだそうです。

画像

「天岩戸」案内ツアー時刻表

画像

「天岩戸」案内の注意文

ツアーは大体30分ごと開催されているようで、時計を見ると14:45。

15時の集合時間まであと15分あったので、それまでに参拝していくことにしました。

画像

鳥居を潜ると・・・

画像

観光客でごったがえしているのかとおもいきや、参道は意外と静かでした。

画像

厳かな気持ちで西本宮の入口に入ります。

画像

西本宮拝殿には、お参りの人が絶えません。

私はここでも日本と皇室の安寧と発展をお祈りしてきました。

 

時間が来たので集合場所に戻り、天岩戸参拝ツアーに参加しました。

優しそうな神主さんの案内でツアーが始まります。

さきほど参拝した拝殿に行き右側の扉のに案内されましたが、ここから中は撮影禁止です。

拝殿の裏側に回ると、川の向こうに洞窟らしき岸壁が見え「あの辺りが天照大御神がお隠れになった天岩戸です。」と説明を受けました。

せっかく来たので天岩戸方面もお参りしました。

そのまま拝殿裏をぐるっと回り、最後は神楽殿前に出てきました。

画像

神主さんに「案内料はいただきませんが、お気持ちがありましたら神楽殿前のお気持ち箱前にお入れください」と言われたので、解散後に僅かですが入れさせていただきました。

 

最後にすごく気になったのがこれ!!

画像

さゆりさん

天岩戸神社の絵馬を気に入りすぎて、買って帰ろうかどうか迷うほどでした。

天照大御神と神功皇后とジャンヌダルクが大好きな私・・・。

うぅ!!アマテラス!!

この後、天安河原と「あまてらすの隠れCafe」にも行ったのですが、それについては次回記事に書くとして、旅館に戻る道中の面白かった話をご紹介します。

天岩戸神社の駐車場を出たのは16:30頃。

↑地図をご覧いただければわかると思いますが、私たちの車は西に向かって走っていました。

画像
夕方ということで、西日がフロントガラスをまぶしく照らした瞬間、

車を運転している夫が思わず、

画像

「うぅ!!アマテラス!!」

と叫びながらサンバイザーを降ろしたのです。

今日の昼まで天照御大神の存在さえ知らなかったくせに、「アマテラス(=太陽)がまぶしい」と日常会話に取り入れている点がツボにはまり、私は爆笑しました。

さゆりさん

天岩戸神社参拝の影響力はすごいですね!!

概要

所在地:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸
電話番号: 0982-74-8239
アクセス:高千穂バスセンターから「天岩戸行き」に乗り約20分

終わりに

「天岩戸神社」の紹介や体験談、いかがでしたでしょうか?

日本神話の初心者でも天照大御神の偉大さを体感できる神社のようなので、是非お越しください。

サユリストおすすめグッズ

○寒い冬の暖房グッズ ○今から準備しておきたいバレンタインおすすめグッズ

関連記事

目次