【ベトナム ダナン 五行山】孫悟空ゆかりのパワースポット 

当記事では、ベトナムのダナンの中でも一番のパワースポットと言われている五行山(ごぎょうさん/トゥイーソン/マーブルマウンテン)をご紹介します。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
2020年2月20日に行った時の記事です。
目次

ベトナム ダナン 五行山体験レポート

五行山でパワーチャージしよう

ベトナム中部にあるダナンは、今最も注目を浴びているアジアンリゾート。

ダナンと言えばビーチリゾートや格安スパが有名ですが、「ダナンにしかない観光地」にも是非行ってみたいですよね?

画像

そんな方にオススメなのが、ダナン一のパワースポット・五行山です。

当記事では、五行山体験レポートを詳しくご紹介します。

ダナン市街を車で出発

私たち夫婦は午後発のダナン観光ツアーで五行山に行きました。

12:20にホテルのロビーでガイドさんと待ち合わせをして、マイクロバスに乗り込みます。

ツアーの参加者は、私たち以外には日本人女性3人のグループ1組だけでした。

画像

バスが出発すると、その名もバク・ダン通りという一度聞いたら忘れない海岸沿いの道を走りながら、日本語ペラペラのベトナム人ガイドのお兄さんの説明が始まります。


まず私たち一行が向かうのは、ダナン一のパワースポット・五行山。

ガイドさんの説明を聞きながら、自分でもネットで五行山について調べてみました。

五行山《Ngu Hanh Son》

ベトナム中部の都市ダナンの市街南郊にある山。

大理石でできた”火・水・木・金・土”の五つの連山からなり、最高点は標高108メートル。

チャンパー王国時代よりダナンの象徴として知られる。

五山の中でも最も大きく、散歩道も整備されている水山(トウイーソン)が参拝や観光の中心。

山腹には仏像が安置された洞窟があり、多くの参拝客が訪れる。

頂上からダナン市街を一望できる。

マーブルマウンテンとも呼ばれる。

Sayulistのアイコン画像Sayulist

いわゆる”陰陽五行”の五行ですね。

日本人にもおなじみ「西遊記」で孫悟空が500年間下敷きにされていた山だという伝説も残る不思議なスポットです。

五行山入口~展望広場

ホテルを出発して15分後、五行山到着。

画像

駐車場横の土産物屋の間を抜けると、五行山の入口が見えてきます。

私たちは第2ゲート出発です。

ここでガイドさんが開口一番、

「みなさん、ここから山を登るのとエレベーターに乗るの、どっちがいいですか?エレベーター料金もツアー代に入っています。」

と質問。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
私たちは迷いもせず、

「エレベーター!!」

と勢いよく答えました。

※もう一組のお姉さま方も同意見で良かった・・・。

画像

エレベーターを昇ると、いきなり見晴らしのいい展望広場に出てきました。

ガイドさんが一つ一つ山を指さしながら「あれは〇山、隣が〇山(ここに金とか土とか入る)」と教えてくれたけど、もう忘れちゃった。(汗)

サーロイ・タワー

画像

進路の先を見ると、いかにも中国のお寺っぽいサーロイタワ―が見えてテンションが上がります。

画像

サーロイタワ―は六角形の七重の塔で、ところどころに龍の装飾があしらわれてました。

う~ん、なんだかめでたい感じ。

リン・ウン寺院

画像

リン・ウン寺院は、緑色をベースに青やピンク・赤などの鮮やかな装飾が施された中国寺院です。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
私的には竜宮城のイメージ。

画像

内部は、日本のお寺にはないカラフルさ。

一瞬、スペインのカトリック教会の中みたいって思っちゃいました。

画像

東南アジアのお寺ってネオンが眩しくて本当に派手ですよね。

タン・チョン洞窟

タン・チョンは、山で2番目に大きい洞窟です。

画像

リン・ウン寺院の裏の道を進み、巨岩のトンネルを抜けます。

画像

この祠の中にも入れます。

画像

岩から切り出された大理石の大仏は迫力があります。

ヴァン・トン洞窟

タン・チョン洞窟を出て徒歩5分のヴァン・トン洞窟にも入ってみましょう。

もちろん仏像も安置されているのですが、だんだんみんな一緒に見えてきたので(ごめんなさい)、ここからは特徴のあるものだけ取り上げていくようにします。

画像

仙人と一緒に碁を打った記念写真☆(モデルは夫)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
観光地とはいえお寺なので「ここは写真撮っていいのかな?」ってドキドキしますが、

ベトナム人のガイドさんがどこまでならOKか教えてくれるので安心ですね。

釈迦の説法に人や動物が集まる図

洞窟を出て外を歩いていると、手塚治虫の『ブツダ』で見たことのある風景が・・・。

画像

仏陀がはじめに法を説いた時、人間だけでなく、夜叉や動物たちまでもが教えを
聞きに集まったとされています。

その様子を描いた絵を「初転法輪図」と言うそうな。

ホア・ギエム洞窟

画像

歴史を感じる小さな石門をくぐると、岩を削って作られた観音像が見えてきます。(写真撮らなかったけど)

ホア・ギェム洞窟の奥を進むと、五行山観光の中心であるフィエン・コン洞窟に繋がっています。

【ハイライト】フィエン・コン洞窟

遂に、一番の目玉であるフィエン・コン洞窟に入りました!!

画像

階段からして映画のセットみたいで素敵じゃないですか?

画像

ガイドブックに出てくる憧れの光景!!(私の写真ブレちゃってますが・・・)

画像

天井の穴から差し込む光が幻想的で美しく、感動しました。

実はこの穴、ベトナム戦争時の米軍空爆で出来たものだそう。

画像

向かって右側にある祠。

「この祠の左側後ろの岩壁の穴が孫悟空の顔だよ。」ってガイドさんに言われたけど、よくわかりませんでした。(汗)

画像

向かって左側にある祠。

画像

左の祠前にあるキャンドルが可愛い。

これだけ見るとヨーロッパっぽいですよね。

タム・タイ寺院

朱色の瓦の屋根と水色の壁のコントラストが美しい極彩色の中国寺院。

画像

この屋根の色を見た瞬間、沖縄の首里城を思い出しました。

どちらも中国の影響を色濃く残していますよね。

画像

内部は相変わらず彩色が派手でした。

タム・トン寺院

草花に彩られた庭に面した中国寺院。

画像

タム・タイ寺院を見た後だと、地味に感じてしまいました。

沖縄のコテージにありそうな感じ。

【展望台】ハイウエスト・ピーク

ハイ・ウエストピークは、トゥイ―ソンに3つある展望ポイントの中でも最も高い位置にあります。

(※初めに見た展望広場と景色は似てますが、こっちの方が断然高いです)

画像

ここからは、市街地、山、海、と180度色んな風景を楽しめます。

相変わらずガイドさんは、「あれは〇山、隣は〇山・・・。」と熱心に説明してくれましたが、私たちも相変わらず覚えずじまいでした。

ガイドさん、ごめんなさい。

五行山 概要

所在地:81 Huyền Trân Công Chúa, Hoà Hải, Ngũ Hành Sơn, Đà Nẵng 550000,VIETNAM
電話番号:+84 236 3961 114
営業時間:7:00~17:30
休業日:無休

五行山へは、ツアー参加で行くのがオススメ

私たちは今回のベトナム旅行について、まずHISの初夢フェアで羽田⇔ダナンの往復航空券とホテルのみのツアーを申し込みました。

ダナン市内観光ぐらいは自力で行こうとも考えましたが、

Sayulistのアイコン画像Sayulist
五行山へ行くのにバスを乗り間違えたり、タクシーでぼったくられるのはイヤ!!

・・・ということで、お金をケチらずに現地のオプショナルツアーを申し込むことにしました。

※結局、ダナンのタクシーを使ってぼったくられることはなかったですが。

初めはHISのオプショナルツアーを見ていたのですが、情報が少ないし予約確定に日数がかかる・・・ということで他社でも探してみることにしました。

すると、「ベルトラ」という海外のオプショナルツアー専門サイトに目が留まりました。

ベルトラ 5つの良い点

1.企画内容の種類が多く自分の希望にあったツアーを選べる。

例)朝ダナン発→ミーソン遺跡観光後、昼・夜両方ホイアンに滞在できるプランなど(他社は夜のみホイアンが多い)

2.タイムスケジュールや写真などツアー内容が詳しく載っていてイメージしやすい

3.良い点も悪い点も正直に書かれている口コミがたくさん載っていて信用できる

4.「体験談を書けば2人目無料」などお得な割引がある

5.ネット予約の翌日には予約確定のメールが届き安心

Sayulistのアイコン画像Sayulist
ベルトラのページは見ればみるほど魅力的だったので、最終的に3日連続でオプショナルツアーを申し込んじゃいました☆

なんかベルトラの回し者みたいになっていますが、実際に利用してみて満足だったので読者の皆さんにもお薦めしている次第です。

ベトナムに限らず、海外のオプショナルツアーを考えている人は、是非ベルトラのサイトを覗いてみてください。

ベルトラのサイトへはこちらから。↓

終わりに

ダナンのガイドブックを見て「一番行きたい!!」と思ったのがこの五行山でしたが、実際行ってみると期待以上の観光地でした。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
美しい中国式寺院、神秘的な洞窟、迫力ある大仏、冒険気分が味わえるハイキング・・・これはもう行くっきゃないでしょう☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる