【X JAPAN・YOSHIKI 紅白歌合戦】歴代の出場回まとめ

Sayulistのアイコン画像Sayulist
早いもので、2019年12月31日になりました。

「大晦日といえば、NHK紅白歌合戦」ということで、Xファンらしく「X JAPAN・YOSHIKIの歴代出場まとめ」を書いてみたいと思います。

目次

X JAPAN・YOSHIKI 紅白歌合戦 歴代の紅白出場まとめ

2019年はYOSHIKIがKISSと共演!!

2019年11月14日の第一弾の紅白出場歌手発表では、X JAPANの名もYOSHIKIの名もなく、「あぁ、遂に今年は紅白出ないのか・・・。」と落胆していましたが、のちに特別枠としてYOSHIKIとKISSのコラボ”によるYOSHIKISS”の出演が発表されました。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
YOSHIKIが子供の頃KISSを聴いてロックに目覚めたというくらいだから、共演は嬉しいだろうなぁ…。

YOSHIKIは、2019年12月11日KISSの東京ドーム公演、12月17日の京セラドーム大阪公演にサプライズゲストとして出演し、YOSHIKIのとても嬉しそうな笑顔が印象的でした。

— Yoshiki (@YoshikiOfficial) December 13, 2019

「父が死んだ時クラシックPIANOしか知らなかった KISSに出会い自分は救われた」というツイート文を読むと、泣きそうになりますね。

そんな2019年の紅白も素敵な話題を提供してくれたYOSHIKIですが・・・

X JAPANとして、またYOSHIKIとして、今まで何度紅白に出場したのか気になったのでまとめ記事を書くことにしました。

紅白歌合戦 1991年~2019年 XJAPAN・YOSHIKIの歴代出場データ

X JAPAN(初・2回目はX名義)での出場

Sayulistのアイコン画像Sayulist
私がXファンになったのはXJAPAN改名後の1992年。

初回はともかくとして、もうX JAPANと出会ってるはずの2回目もまさか紅白に出ているとは知らずリアルタイムで見てなかったことが非常に悔やまれます。

3回目以降はしっかりとテレビの前にへばりついて見ていましたとも!!

出場回数 曲名
初回 1991年(平成3年) Silent Jealousy
2回目 1992年(平成4年)
3回目 1993年(平成5年) Tears
4回目 1994年(平成6年) Rusty Nail
5回目 1997年(平成9年) Forever Love
6回目 2015年(平成27年) 紅白スペシャルメドレー 〜 We are X ! 〜 (Forever Love / BORN TO BE FREE)
7回目 2016年(平成28年)
8回目 2017年(平成29年) ENDLESS RAIN 2017 紅白スペシャル (ENDLESS RAIN / 紅)

YOSHIKIソロでの出場

2018年はソロで、HYDEとサラ・ブライトマンというそうそうたるボーカリストを迎え、「前代未聞の紅組・白組両方出場」という離れ技をやってのけました!!

Sayulistのアイコン画像Sayulist
YOSHIKIの高い作曲能力はもちろんのこと、自ら歌わないからこそ、実現できたことかもしれませんね。
出場回数 歌手名 曲名
初回 2018年(平成30年) YOSHIKI feat. HYDE Red Swan
初回 2018年(平成30年) YOSHIKI feat. サラ・ブライトマン Miracle
2回目 2019年(令和元年) YOSHIKI feat. KISS <YOSHIKISS> Rock And Roll All Nite-YOSHIKISS version.-

※この他にも、2016年(平成28年)松田聖子への提供曲「薔薇のように咲いて桜のように散って」で、YOSHIKIはピアノ演奏で出演しています。

X JAPANの紅白出場を振り返る

1991年「Silent Jealousy」

記念すべき紅白初出場回。

「Silent Jealousy」はファン人気も高く、もちろん私も大好きな曲です。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
そして何よりも、TAIJIがいるだけで泣きそう。

ファンとしては、間奏が少しカットされてるのが残念だけど仕方ないか。

今も、NHKのX JAPANやYOSHIKIの特番で運が良ければ見ることができる神回!!

YOSHIKI:「紅白に出ることでやっと親に認められた」、HIDE:「祖父母が喜ぶから出る」なんていう嬉しいエピソードが聞けるのも紅白ならでは。(きっと他のメンバーもそうでしょう)

見た目は怖いロッカーですが、実は家族思いの好青年ぶりがよく伝わってきますね。

1992年「紅」

youtubeの動画が見付からなかったので、Twitterから拝借。

白組としての出場なのに、曲名が”紅”とはこれ如何に!?(気にしない気にしない)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
それにしても、HEATH加入後の初めてのTV出演が紅白ってすごすぎですね!!

ちなみにこの年紅白のテーマソングとしてYOSHIKIが「Tears~大地を濡らして~」を作曲し、出場歌手全員により歌われました。

1993年「Tears」

もう紅白の動画見付からないので、断念してライブバージョン載せてます。(苦笑)

先述した通りYOSHIKIが紅白のテーマソング用に作った「Tears~大地を濡らして~」を、X JAPAN用に書き直してリリースしたものです。

私はこの年からしっかりリアルタイムで見ていて、紅白に出ているX JAPANを誇らしく思ったことを覚えています。

1994年「Rusty Nail」

またまたライブ動画です。

1994年12月31日、X JAPANは東京ドームライブ「白い夜」(←私が初めて行ったXのライブ)終演後、そのままNHKホールに向かい紅白出場というスケジュールをこなしています。

私の記憶では、2番のAメロの時余裕のあるHIDEが髪をなびかせてクルクル回る姿をよくTVで見かけて見とれていました。(多分紅白でもやったんじゃないかな~)

1997年「Forever Love」

2年間を空けて紅白出場と思ったら・・・、解散ライブ「LAST LIVE」後のX JAPAN最後のTV出演という切ない回です。(涙)

この日私はLAST LIVEに参戦してたので、実家に帰ってから録画した映像を見ました。

司会のSMAPの中居くんが曲紹介の前に「僕らの周りにはX JAPANに憧れてバンドを始める友達もたくさんいました・・・。」みたいな、一時代を築いたXへの敬意や解散に対して残念な気持ちを滲ませるコメントが印象的でした。

2015年「紅白スペシャルメドレー」

紅白公式Twitterの動画を拝借するなんて、時代の流れを感じますね・・・。

1997年から18年の間に悲しいこともありましたが、それを乗り越えて紅白に復活というのは、20年以上応援してきたファンとしては感慨深いものがありました。

またNHKの粋な計らいとして、1997年に曲紹介をしたSMAPの中居くんが今回の曲披露の前にインタビュー役で出てきて、「今回帰って来てくれました。こちらの舞台の方に。今の心境はいかがでしょうか?」と嬉しそうな顔でYOSHIKIに聞いてくれてグッときちゃいますね。
(翌年のSMAP解散時はこのやりとりを思い出し、「大丈夫。また一緒に歌える時が来るよ。」と、心の中でエールを送りました)

2016年「紅」

ファンとしては、新曲の「JADE」や「HERO」を聴きたいところですが、NHKとしては世間に認知されていて、なおかつこの年のヒット映画「ゴジラ」を倒せそうな激しい曲「紅」を演らせたかったのでしょう。

当初YOSHIKIはこの「ゴジラと対戦」というムリヤリな構図はイヤだったと思いますが、後にマツコ・デラックスの番組でマツコに「ちゃんと紅白を盛り上げるためのパフォーマンスをして、自分たちも全然傷付かず、揺るがなくX JAPANでいられるっていう姿を見て、これは凄いと思った」と絶賛され、YOSHIKIが「ゴジラ倒して良かった☆」と言ってたのが可愛いかったです。

2017年「ENDLESS RAIN / 紅」

だから、昔の曲じゃなくて「JADE」や「HERO」を・・・。(以下略)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
この年の動画はないので諦めました。

2017年にX JAPANが紅白に出演した経緯は、YOSHIKIの半生を描いたドキュメンタリー映画「WE ARE X」のプロモーションも兼ねたNHKの番組「SONGS」出演が大きかったんじゃないかな~と思います。

↑「WE ARE X」はファンじゃなくても感動する映画なので、騙されたと思って是非見てください。

YOSHIKIの紅白出場を振り返る

2018年 YOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」

まさかまさか、この2人がタッグを組むとは!!

両方のファンとしては、YOSHIKIとHYDEさんが「お互いをアーティストとして尊敬し合った結果、この曲が生まれた」という事実が嬉しくて仕方ないです。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
2018年11月に行われたYOSHIKI CLASSICALで、この2人の生演奏を見ることができてとても幸せでした☆

2018年 YOSHIKI feat. サラ・ブライトマン「Miracle」

この「Miracle」はクラシック出身のYOSHIKIが初めて発表した合唱曲です。

クラシックっぽさを求めた結果、英語ではなくイタリア詞になったそうで、これも初の試み。(それがまた良い)

また近年のX JAPANのライブのオープニング曲としてもピッタリな、ファンにはおなじみのナンバーです。

大学時代聖歌隊にいた私はこの曲が大好きで、この曲を演奏する合唱団がいたら是非入って歌いたいと思うほどのお気に入りの曲です。

この「Miracle」をサラが歌うことになった経緯は、2018年リリースの新作アルバム『HYMN』の楽曲提供にYOSHIKIがオファーを受け、初めは書き下ろしを検討したが、考えれば考えるほど”この「Miracle」こそサラに書きたかった曲なのでは?”と思うようになったからなのだそう。

一方サラは「Miracle」について、「歌い手にとってはとてもチャレンジングな楽曲。彼が書いた声のパートは力強さと繊細さの両方が必要とされるの。それで時間をかけて入念にレコーディング作業を行なったわ。その結果、”Miracle”が起きた!」と語っています。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
「天才同士の邂逅(かいこう)」って、こういうことを言うんですね!!

終わりに

以上、「X JAPAN・YOSHIKI 紅白出演 歴代の紅白出場まとめ」はいかがでしたでしょうか?

紅白ひとつにとっても、X JAPANやYOSHIKIって色んなドラマがありますよね~。

Sayulistのアイコン画像Sayulist
これからも、家族やファンのために紅白で輝き続けてくださいね。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる