MENU

【岡山】備中高梁駅周辺 ご当地グルメ インディアン焼きそば

2019 10/27

前回記事では備中松山城をリポートしましたが、次は「この周辺では何を食べたらいいの?」という疑問が出てくると思います。

前回記事: 備中松山城 「真田丸」オープニングや猫城主で話題の山城

 

・・・という訳で、今回は高梁市のご当地グルメ「インディアン焼そば」を紹介します。2019年4月30日に行った時の記事です。

では早速、備中高梁駅周辺のインディアン焼きそばが食べられるお店に行ってみましょう。

 

お好み焼きハウス じゅうじゅう亭

備中高梁駅から徒歩5分以内の所に、お好み焼きハウスじゅうじゅう亭があります。

 

同じビルに入っている美容院「ソフィア」の文字が目印。

 

分かりやすい場所にあるので、初めての人も安心ですね。

 

店内の様子。いい匂いが立ち込めてます。

 

メニューは種類が多くて、迷っちゃいます!!

 

おすすめには、もちろんインディアン焼きそばの文字が。

 

関西風お好み焼きがあると思えば・・・

 

広島風お好み焼きもあり~の・・・。まぁ、岡山だから中間地点だもんね。

 

一品料理もいっぱいあって、どれも美味しそう!!

 

さぁ、この中から私達が選んだのは・・・!?

 

まずは、インディアン焼きそば玉子の黄色、トマトの赤、ネギの緑の3色が、見た目も鮮やかで食欲をそそります。

食べてみると、初めて食べるカレー風味の焼きそばが美味しいし、優しい玉子の味とトマトの酸味が絶妙にマッチしてクセになる♪

これはお薦めなので、是非食べてみてください!!

 

次に、関西風お好み焼きのとろろネギ卵かけ玉。この組み合わせ最高!!

 

チーズせんべいも美味しかった!!

 

牡蛎のバター焼きも大好物なので頼んじゃいました。

 

この他にも、ホルモン焼きうどんも美味しかったのでオススメです。

 

【じゅうじゅう亭】
住所:岡山県高梁市正宗町1967
電話:0866-23-1211
営業時間:
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:木曜
URL(食べログ): https://s.tabelog.com/okayama/A3303/A330301/33008403/

 

高梁ほっとカフェ

次に、「お茶をするならココ!!」という「高梁ほっとカフェ」をご紹介します。

 

備中高梁駅と直結した図書館の1階にあるので迷いません。

 

オシャレで落ち着く雰囲気で、ずっといたくなりますね。

 

アイスカフェオレ。隣の水の入ったグラスの形が可愛い♪

 

バナナチョコクレープ。高梁市宇治町の名産品・もち麦のクレープ生地や蒜山ジャージー生クリームなど、地産地消で地元にも自分の体にも嬉しい。チョコクリームも自家製で丁寧に作っています。

 

それから、写真撮り忘れましたが、夫がオーダーしたクラムチャウダーが超絶品だった!! 私も少し頂きましたが、今まで人生で飲んできたクラムチャウダーの中で一番といえるくらい美味しかったです。是非お試しください。

 

こちらのカフェはカレーやフォーなど食事メニューもあるらしいので、是非こちらもお試しください。

 

【高梁ほっとカフェ】
住所:岡山県高梁市旭町1306 高梁市図書館 1F

電話番号:080-9799-7006

営業時間 :
[日・月~火・木]11:00~17:00
[金~土]11:00~21:00

定休日:水曜日

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

備中松山城を観光の際には、是非最寄り駅の備中高梁駅周辺のグルメもお楽しみください。

そして、みなさんでインディアン焼きそばと、高梁ホットカフェの絶品クラムチャウダーの口コミを増やしていきましょう。

観光だけでなくグルメも良ければ、高梁に行くのがもっと楽しみになりますね♪

 

次回は、「備中松山城だけじゃない!!見どころ満載の城下町散策」をご紹介します。

 

※私は国内のホテル予約はいつもじゃらんを使っています。今回泊まった倉敷のホテルもじゃらんで予約してアタリでした☆ 是非参考にしてください。

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる