【椎名林檎】初のベストアルバム『ニュートンの林檎』Disc2の曲

前回記事では、2019年11月13日発売の椎名林檎初のベストアルバム『ニュートンの林檎』Disc1の曲を解説しました。

当記事では、その続きとして同アルバムDisc2の既出曲解説をしていきます。

さゆりさん

椎名林檎は、私が小学生時代にハマッた工藤静香以来、夢中になった女性アーティストです。

目次

椎名林檎初ベストアルバム『ニュートンの林檎』

椎名林檎プロフィール

椎名林檎(シイナ リンゴ) アーティスト。1978年11月25日生まれ、福岡県出身。1998年にシングル「幸福論」でデビュー。翌年、シングル「ここでキスして。」のヒットをきっかけに、1stアルバム『無罪モラトリアム』でブレイクを果たす。ソロ活動と並行して、2004年からはバンド・東京事変での活動を開始。他の追随を許さない唯一無比の世界を表現する音楽家として活躍中。


↑東京事変名義では、ベストアルバムが出ています。

画像

2016年のリオデジャネイロオリンピック/パラリンピックにおいて、フラッグハンドオーバーセレモニーのクリエイティブスーパーバイザーと音楽監督を務める。翌2017年12月、東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームに就任。

さゆりさん

同学年なので、勝手に親近感が沸いちゃいます☆

アルバムリリース情報

椎名林檎 初のオールタイムベストアルバム『ニュートンの林檎』 2019年11月13日発売

初回生産限定盤:¥3,300(+tax)

※初回生産限定盤の出荷終了次第、通常盤へ切り替わります。

新曲2タイトル・スペシャル収録!全編アップデートミックス!

初回生産限定盤特典

・ボーナストラック2曲収録!(「丸ノ内サディスティック」「ジユーダム」リミックス楽曲をCD初収録!)
・特製!重力半減ケース
・AR(拡張現実)対応ブックレット

『ニュートンの林檎』収録曲

[Disc1]

1.浪漫と算盤 (LDN ver.)
2.幸福論
3.すべりだい
4.正しい街
5.歌舞伎町の女王
6.丸ノ内サディスティック
7.ここでキスして。
8.ギブス
9.罪と罰
10.本能
11.真夜中は純潔
12.迷彩
13.茎(STEM) ~大名遊ビ編~
14.りんごのうた
+ 初回盤ボーナス・トラック
15.丸ノ内サディスティック neetskills remix

[Disc2]

1.公然の秘密
2.この世の限り
3.流行
4.旬
5.自由へ道連れ
6.カーネーション
7.NIPPON
8.ありあまる富
9.青春の瞬き
10.人生は夢だらけ
11.おいしい季節
12.獣ゆく細道
13.長く短い祭
14.目抜き通り
+ 初回盤ボーナス・トラック
15.「ジユーダム」 ヒャダインのリリリリ☆リミックス

【Disc2】曲解説

Disc2内の、既出曲の動画と曲解説をお送りします。(Disc1の曲解説は、こちらをご覧ください。)

Disc2の曲は、男性ボーカルとのデュエット曲とセルフカバー曲が多いことが特徴で、Disc1にはなかった椎名林檎の新境地を感じることができます。

また、Disc2収録曲のほとんどのMVを林檎嬢の夫(事実婚?)・児玉裕一氏が担当しています。

さゆりさん

どれも素敵な映像で、とても才能のある方というのが伝わってきますね。

公然の秘密

「公然の秘密」はテレビ朝日系ドラマ「時効警察」のために書き下ろされた楽曲です。

曲調的には、過去にリリースされた「真夜中は純潔」を連想させますね。(今回はスカパラの演奏ではありませんが)

Sayulistのアイコン画像Sayulist
昔からのファンからすると、1:04の「ギタ~♪」のかけ声に「おぉ☆」となっちゃいます。

両サイドの女性ダンサーがキレッキレで気になって、そういった細かいこだわりも林檎嬢ならでは。

林檎嬢自身も指の動きがしなやかで美しく、さすが昔バレリーナを目指していただけのことはあるな~と思ったり。

この世の限り

「この世の限り」は、アレンジャー兼指揮者の斎藤ネコ、デュエットの相手として椎名の実兄で歌手の椎名純平との共同名義「椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平」としての作品です。

デュエットの相手に椎名純平を選んだ理由として、「慣れ合いの仲で新たに相手の魅力をみつける感受性をもち続けることは難しいが、それもひとつの幸せの追求の仕方であり、それを曲にしようとした時、デュエット相手は兄以外考えられなかった。」と椎名林檎は語っています。

お兄さん全然似てませんが、椎名家の兄妹の共通点は歌が上手いという点ですね。(当たり前か)

個人的には、お兄さんとのデュエットなら「Where Is The Love」が好きです。昔、カラオケ好きの彼氏に勧められて一緒に歌った思い出の曲。

「この世の限り」は、斉藤ネコとのコラボアルバム『平成風俗』収録。

椎名林檎が音楽監督を務める映画『さくらん』のエンディングテーマとして使用されました。

流行

4thアルバム『三文ゴシップ』収録。アルバムの1曲目を華々しく飾っていました。(3thアルバムでちょっと付いていけなさそうになったけど、これで戻ってこれた私)

「流行」という名前にピッタリな、シャレオツ感漂う一曲。カラオケで歌いたいけど、アルバム曲でマイナーなので知っている男性が少ないのが残念。

「私の名ならば女 それ以上でも以下でもない」「女の私に・・・個性はいらない」など意味深な歌詞が並びます。

東京事変の元メンバーでありPE’Zのヒイズミマサユ機が椎名と共同で編曲を担当し、ウーリッツァーピアノで演奏にも参加、またRHYMESTERのMummy-D(坂間大介、Mr.Drunk)と竹内朋康がそれぞれラップとギターで参加しています。

坂間と竹内も出演したミュージック・ビデオが製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されています。

4thアルバム『三文ゴシップ』のリード曲。シングルカットこそないものの、2009年6月1日に着うた、着うたフルで先行配信されました。SOIL&”PIMP”SESSIONS内のユニットJ.A.Mが編曲を担当。

当時の”アラサーである当時の林檎嬢が旬”という意味ではなく、「生きているうちはずっと旬だと」歌っています。

ピアノの音が優しい穏やかな曲。林檎嬢の伸びやかな声に癒されますね。

いや~こんなにサービスしちゃっていいのでしょうか?「あなたの指で私を奏でて」って男の妄想そのもんじゃないですか!!女の私が見てもエロいです。(照)

MVは『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されています。

4thアルバム『三文ゴシップ』には、「流行」「旬」が収録されています。

自由へ道連れ

2012年5月16日に配信限定で発売されたデジタル・ダウンロードシングルで、2年後に発売された5thアルバム『日出処(ひいづるところ)』にも収録。東京事変の解散後初となる椎名のソロ名義での作品。

演奏には椎名と同い年であるPOLYSICSのハヤシ(G)、GOING UNDER GROUNDの石原聡(B)、Dragon Ashの桜井誠(Dr)が参加しています。

TBS系テレビドラマ『ATARU』の主題歌。

疾走感溢れるギターサウンドが気持ちいいですね。バンド色を前面に出しているところが東京事変っぽくもあり。

「今だけは男にも女にもならない」「生きている証は執着そのものだろうけど」という歌詞が好きです。

個人的にはアルバム内で一番好きな曲なので、ベストに選ばれて嬉しいです。

MVは林檎嬢本人は出ておらず、女優でモデルの小松菜奈が出演しています。

NIPPON

14thシングルで、5thアルバム『日出処』にも収録。

本楽曲はNHKの2014年度サッカー放送のテーマ音楽として起用後、2016年年内まで使用されました。

NHKの歌詞チェックも受けたはずが、音楽評論家からは、「サッカー日本代表のチームカラーを”混じり気無い青”と表現した歌詞が『純血性』を強調している」「(死をイメージさせる歌詞が)特攻隊を思わせる」などの批評があり、ファンの間でも賛否両論ありました。

これらの批判に対して椎名林檎は、「最前線で戦う方だけにわかる、『ここを逃したら死ぬしかない、死んでもいいから突破したい』っていう気持ちはどんな分野にでもある。その瞬間だけを苦しむんじゃなくて、楽しもうという気分を切り出せば成功するだろうと思い、頑張って取り組んだ」とゲスト出演したラジオ番組で反論しています。

私の意見としては、「表現の自由だからいいんじゃない?」「”死にもの狂い”とか”必死”とか普段から”死”を使った表現もあるし、そんなに”死”という言葉に過剰に反応しなくても」と思います。

強いて言うなら、歌詞中に一切英語を使ってほしくなかったな~というくらい。(英語苦手なんで)

ありあまる富

10thシングルで、5thアルバム『日出処』にも収録。

編曲、補作曲、ギターとしてBARBEE BOYSのいまみちともたかが参加していますが、椎名の楽曲で他者が補作するのは初めてのことで、いまみちの作曲した箇所は大サビの部分だそうです。

TBS系ドラマ『スマイル』のために書き下ろされた曲です。(ソロでのテレビドラマのタイアップは自身初。)

「君の喜ぶものはありあまるほどにある すべて君のもの 笑顔を見せて」・・・ことわざでいう「笑う門には福来る」といったことでしょうか。毎日スマイルでいきましょう☆

ちなみにMVには一切林檎嬢は出てこなくて残念ですが、惹き付けられるものがあります。

5thアルバム『日出処』には、「自由へ道連れ」「NIPPON」「ありあまる富」が収録されています。「JL005便で」もカッコ良くて好きです。

青春の瞬き

椎名林檎が楽曲提供した栗山千明の5thシングル「月夜の肖像」のカップリング曲。

椎名林檎が他アーティストへ提供した曲達をセルフカバーしたアルバム『逆輸入 ~港湾局~』に収録されています。

椎名林檎が2016年の紅白歌合戦で「青春の瞬き」を歌ったことと、出場はソロ名義でしたが東京事変のメンバーが再集結し演奏していたことが、ファンの間で大きな話題になりました。

・「東京事変」の解散ライブでアンコール曲としても披露された特別な曲。(”解散”を感じさせる歌詞)

・紅白の2週間前に出演した「SMAP×SMAP」でも「青春の瞬き」を歌い、曲の前には「椎名林檎の節目の曲」と紹介されていた。

上記のことを踏まえて考察すると、2016年の紅白歌合戦で椎名林檎が「青春の瞬き」を歌った理由は、「東京事変は2012年に解散したけど4年後の紅白で再集結し、今日で解散するSMAPもいつかこうやってまた集まれるよ」というSMAPへのメッセージと受け取れます。

人生は夢だらけ

この曲は、2016年に高畑充希が出演したかんぽ生命のCM「人生は、夢だらけ。」のために椎名林檎作詞作曲提供した作品で、椎名林檎2枚目のセルフカバーアルバム『逆輸入 ~港空局~』に収録されています。

この曲制作について、椎名林檎は「CM制作側から、予め提示されていたコピーを散りばめて、映像を説明する目的でお作りしました。本来の私のマナーというかメソッドからは逸脱して生まれた曲です。」と語っています。

”人生”というキーワードがピッタリな、展開がドラマチックでミュージカルのような曲です。

『逆輸入 ~航空局~』収録曲のうち唯一MVが作られた曲で、MVで林檎嬢が着用している緑色のコートはお母さんから譲り受けたもの、ネックレスは、椎名さんの当時4歳の長女お手製。エエ話やないですか・・・。(なぜか関西弁)

おいしい季節

椎名林檎が楽曲提供した栗山千明の4thシングル。

椎名林檎も自身のライブやアルバム『逆輸入 〜航空局〜』でセルフカバーを披露しており、その音源が明治「meiji THE Chocolate」のCMソングにも起用されました。

「恋する女の子の気持ちを歌ったバラード」とのことで、この頃の林檎ちゃんにしては可愛らしい曲だな~と思っていたら、そんな経緯があったのですね。

2枚目のセルフカバーアルバム『逆輸入~航空局~』に「人生は夢だらけ」「おいしい季節」が収録。SMAP提供の「華麗なる逆襲」も必聴。

獣ゆく細道

エレファントカシマシのボーカル宮本浩次とのデュエット曲。2018年10月2日デジタル・ダウンロードシングルとして配信限定で発売。6thアルバム『三毒史』収録。
2018年10月1日からリニューアルされた日本テレビ系列の「news zero」のテーマソングとして椎名林檎が書き下ろした楽曲。依頼を受け、番組視聴者に残される後味や現実社会で戦う彼らの迎える夜明けを想像しながら書き下ろしたとのこと。

とにかく、曲もMVもカッコイイ!! 2人の才能が見事にぶつかり合っています!!

2:19~「本物(モノホン)か贋物(テンプラ)かなんて無意味(ナンセンス)」のメロディに懐かしさを感じたのですが、「月に負け犬」の「好きな人やものが多過ぎて」に似ていませんか?(気のせい?)

長く短い祭

椎名林檎による16枚目のシングル。iTunes週間ソングチャートで1位獲得曲。「コカ・コーラ」の2015年サマーキャンペーンCMソングです。6thアルバム『三毒史』収録。

元東京事変のギタリストであった浮雲とのデュエット曲で、オートチューンのかかったふたりの歌声が管楽器と鍵盤と絡み合う、ブラジル音楽の要素を取り入れたダンスチューンになっています。

こちらもシャレオツソングなので、しっかり覚えてデュエットして盛り上がろう!!

※ただのMVと思っていたら、観終わった後ビックリしますよ!!

目抜き通り

ウルフルズのボーカル・トータス松本とのデュエット曲。2017年4月20日にダウンロード・シングルとして配信限定で発売。

2017年4月20日に銀座にオープンした大型商業施設「GINZA SIX」のテーマ曲として椎名林檎が書き下ろした楽曲。制作するにあたり、椎名はかねてより共演の機会を求めていたトータス松本にデュエットをオファーし快諾を受け、林檎嬢は銀座と二人の声をモチーフにこの曲を書いたそうです。

もともとはコマーシャルソングとして制作が始められましたが、トータス松本との共演に勢いづいた椎名林檎はフルサイズも制作し、その完成度の高さに急遽リリースする運びとなったとのこと。

私はアルバム『三毒史』で初めて聴いたのですが、初め全然トータス松本と気付かなくて、90年代のウルフルズしか知らなかった者としては「トータスってこんな色気のある歌声出せるんだ」と驚きました。

そして、林檎ちゃんとの歌声も、曲との相性も最高です☆

スペシャルムービー
銀座中央通りで撮影され、椎名と松本のほか、オーケストラの指揮者兼編曲家の斎藤ネコ、SOIL&”PIMP”SESSIONSのみどりん、村田陽一、西村浩二らも登場しています。

ミュージックビデオ
配信から約2年後のアルバム『三毒史』の発売に合わせてMVが撮り下ろされ、2019年6月11日に公開。

6thアルバム『三毒史』には、「獣ゆく細道」「長く短い祭」「目抜き通り」が収録。他にも度肝を抜く曲だらけで是非聴いて欲しいアルバムです。

さゆりさん

色んなアーティストとの化学反応によって新たな魅力が引き出されてますね☆

終わりに

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

椎名林檎ベストアルバム『ニュートンの林檎』、収録曲紹介・後編はいかがでしたでしょうか?(Disc1の解説はこちら

元々ファンの方は「あ~○○とコラボしたこの曲やっぱりいいね!!」と思い出していただき、これからこのアルバムを聴いて椎名林檎を知ろうと思っている方には参考になれば嬉しいです。

さゆりさん

是非、初のベストアルバムを買って林檎嬢の音楽を堪能しましょう☆

U-NEXT

麒麟が来るを見逃した方は↓

Sayulistおすすめグッズ

ステイホーム&テレワーク関連で今売れているグッズ ○スイッチ ○あつまれ動物の森 ○ウェブカメラ ○扇風機 ○エコバック ○プロジェクター ○除湿機 〇コロナ対策グッズ

この記事を書いた人

1979年生まれ。
兵庫県出身、現在は東京で夫と2人暮らし。
執筆家。

音楽、旅行、歴史、東京での生活をこよなく愛す。
特技は、合気道二段と仏語検定準2級。
宅建合格者だが宝の持ち腐れ。
趣味は、ライブとカラオケ。
極度の寒がりのため、冬だけ南国に住むのが夢。

ライター実績:旅行サイト「トリップパートナー」、松本市行政サイト「はぐまつ」。

恋愛小説「フランス恋物語」がお薦めなnoteも、是非ご覧ください。
(下の家マークボタンから入れます)

Twitterのフォロー&リプはお気軽にどうぞ。

目次
閉じる