2019年5月18日「旅する都民のときめきブログ」を改題
スポンサーリンク

トゥール クラス分け フランスで初めてできた友達(フランスワーホリ日記)

2009年1月

前回記事では、語学学校に初登校の様子をお話ししました。

前回記事:初登校・初雪・初ショッピング

今日は、クラス分け発表の日です。

2009/01/06 初授業

雪景色

昨日の初雪で、地面には雪が積もっています。

 

雪道に気を付けながら通学しました。

 

昨日の雪で学校もすっかり雪化粧です。

 

校舎の景色だけでも絵になる。

 

下から2番目のクラス

テストの結果、私のクラスは下から2番目の基礎レベルでした。

一応日本で1年半勉強してきて1番下のクラスじゃなければいいと思っていたので順当な結果だったと思います。

クラスの生徒数は10人で、日本人は私の他に1人、韓国人が3人、残り6人はアラブ系の人という構成でした。

この日は、これからの授業の説明、自己紹介文の作成だけで終わり、またもや肩透かしを食らいました。(苦笑)

 

初めて誰かと街散策

午後は何もないので、クラスメートの日本人の男の子・淳一くんと「日本人同士よろしく」ということで、ランチと買い物に出かけることになりました。彼は、キュイジニエ(料理人)の卵だそうです。

 

やっと写真を撮ってくれる人を見付けたので、何枚か撮ってもらいました。(笑)

 

校内にあるピアノ。

 

サン・マルタン聖堂の前にて。

 

図書館で淳一くんの友達という日本人の男の子にも偶然会って、その日は3人で行動しました。

 

雪道にも負けず、街中を歩き周りました。

 

トゥールには、ロワール川が流れています。

 

カフェでオーダーの仕方も教えてもらいました。

 

東京でレッスン受けてたフランス語の先生に「日本人同士つるむな」と忠告されてたけど、やはりいざという時頼りになるので、クラスメイトに日本人がいるのは有難かったです。

 

Merci!!(メルシー=ありがとう)

 

次回予告

次回は、語学学校の授業の様子についてお話しします。

お楽しみに!!