2019年5月18日「旅する都民のときめきブログ」を改題
スポンサーリンク

夢の島熱帯植物園 都内でジャングルトリップ体験 

ぐるっとパス

今回は、ぐるっとパスで無料で見学できる夢の島熱帯植物園についてリポートします。2018年5月22日(火)に行った時の記事です。

 

夢の島熱帯植物園

東京湾の埋め立て地・夢の島に建つ3つの大きなドーム型温室が、夢の島熱帯植物園です。中には1000種の熱帯・亜熱帯植物が栽培されています。東京にいながらにしてジャングル探検ができます。

 

外も南国っぽい植物があって、外国にいるみたいでした。

 

総評

感動レベル☆☆☆☆☆ 私はジャングルが大好きなんです。だから☆満点!!

リーズナブル度☆☆☆☆ ぐるっとパスだと無料。なくても250円なので安いです。

空いてる度☆☆☆☆ 社会見学の団体に当たらなければ空いてます

撮影自由度☆☆☆☆☆ 撮影自由なので、写真好きにとっても楽園です。

子連れも楽しめる度☆☆☆☆ 日本にはないジャングルぶりに、お子様のテンションが上がること間違いなし。

 

体験記

夢の島熱帯植物園を選んだ理由

友達とどこかお散歩しようということで、私が行ったことなかった夢の島熱帯植物園を選びました。ジャングル大好きだし、ぐるっとパスで無料で行ける施設ということで即決でした。

 

楽園への行き方

私は新木場駅で下車、友達はバスで来るというので夢の島のバス停で待ち合わせしました。友達と合流して500m歩くと、夢の島植物園に到着しました。

 

 

楽園入場

受付の人にぶらっとパスを提示すると無料で入場します。

通路を少し歩いて、いよいよ楽園の扉を開きます。

 

憧れのジャングルが出現!! ちゃんと池もあるよ~。

 

ブーゲンビリアが美しい・・・。

 

 

夢の島というだけあってジャングル好きにとってはまさに夢の世界

 

園内のカフェもオススメ!!

園内には、ジャングルを眺めながらお茶ができるカフェがあります。ジャングル散策後は是非このカフェで休憩してください。

 

南国っぽいジュースを飲めばさらに気分が上がります↑↑

 

庭のお花も綺麗

植物園を出ると、周りにも花壇があるのでそちらもじっくり見ると、綺麗な花がたくさん咲いていて、こちらも目を楽しませてくれました。

 

 

 

 

概要

住所:東京都江東区夢の島2-12
TEL:03-3522-0281
開館時間:9:30~17:00(入館は16:00まで)
休 館 日:月曜日(祝休日・都民の日の場合は開館し、翌日休館) 年末年始(12/29~1/3)

URL: http://www.yumenoshima.jp/

 

終わりに

植物園内はジャングル気分で楽しめるし、外も綺麗な花があってとても癒されました。私が今まで見た温室の中でもジャングル度がダントツだったので、お気に入りの場所になりました。

私は寒がりなので、次は是非冬に行って常夏気分を味わいたいと思います。(駅から植物園までの間が寒くて辛いけど・・・)

 

次回は、ちひろ美術館をご紹介します。